FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  沢木耕太郎さんの最新エッセイ集
  『銀河を渡る』を紹介するのですが
  その中に
  「キャラヴァンは進む」というエッセイがあって
  その書き出しにとても興味を持ちました。
  それはある時
  沢木耕太郎さんが年長の作家にこう訊ねられたところから
  始まります。

   もし家の本を処分しないといけない時、
   すでに読んだ本と
   いつか読もうと買ったままの本の
   どちらを残す?

  若い沢木耕太郎さんは「読んでいない本」を選んだそうですが
  年長の作家は
  「大事なのは読んだ本」と答えたそうです。
  そして、沢木耕太郎さんも齢をとるうちに
  こう思うようになったといいます。

   大事なのは読んだことのない本ではなく、読んだ本なのだ。

  このことはとても深く考えさせます。
  私ももうそう思える年齢なのかもしれません。
  自分にとっても「大事」を
  見つめないといけない。
  そんなことを
  沢木耕太郎さんのエッセイが教えてくれているような気がしました。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  やっぱり沢木耕太郎はカッコいい                   

 この本のどのエッセイから読み始めたとしても、実際私は「歩く」「見る」「書く」「暮らす」「別れる」という五部編成となっている最後の「別れる」の章「深い海の底から」から読み始めた、すぐさま沢木耕太郎の世界にはいっていることに気づく。
 そして、こう思うだろう。
 やっぱり沢木耕太郎ってカッコいいな。

 このエッセイ集は「全エッセイ」という紛らわしいサブタイトルがついているが、決して沢木のすべてのエッセイをまとめたものではない。
 沢木にはすでに『路上の視野』と『象が空を』という2冊のエッセイ集がある。今回のエッセイ集は2冊めとして刊行された『象が空を』のあと発表されたエッセイをまとめたもので、その期間が25年にもなるという。
 25年の間に沢木は『檀』や『無名』といったノンフィクションだけでなく、小説家としていくつかの作品を書き上げている。
 あるいはシドニーやアテネのオリンピック取材など、初期の頃のスポーツ関連のエッセイも数多く書いている。

 それでも沢木は颯爽と私たちの前に現れた『敗れざる者たち』の時のまま変わっていないようにも思える。
 それは何故か、このエッセイを読みながら随分考えたが、それは沢木の文体にあるのかもしれない。
 彼はいつも兄貴然としながら杯をあけ、時には弟風に落ち込んでみせもする。友人のような顔をしながら、先輩のように少し背伸びもしてくれる。
 いつも顔を突き合わせる、そんな文体を沢木は若いうちから手に入れ、それは今に至るまで変わらないということだろう。

 いつもながら、何とも心地よい、沢木耕太郎の世界だった。
  
(2018/12/19 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  先週から
  NHK朝の連続テレビ小説まんぷく」に関連して
  いくつかの本を
  読んでいますが
  今日紹介する
  鴨下信一さんの
  『誰も「戦後」を覚えていない〔昭和30年代篇〕』も
  安藤百福さんがチキンラーメンを作った
  時代がどんなものだったかを
  知りたくて
  読んだ一冊です。
  考えてみれば
  昭和30年というのは
  戦争が終わってから
  たった10年しか経っていなくて
  多くのおとなの人には
  戦争の記憶がまだまだ残っていた
  時代だったのですね。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  個人の時代への変換期                   

 安藤百福さんがチキンラーメンを発明したのは昭和33年8月25日。
 その苦労話はさまざまなところで語られたり記事になったりしています。最近ではNHKの朝ドラのモデルにまでなっています。
 安藤さんが「もっと手軽にラーメンを食べられないものだろうか」と考えたのには理由がありました。
 それは敗戦後の焼き跡で一杯のラーメンを求めて長い行列ができているのは見たからです。
 昭和30年代というのは、まだ戦争の記憶が濃厚に残っていたと同時に、色々なところでそんな記憶をバネにして新しいことが生まれていった時期でもあったのです。

 テレビ演出家の鴨下信一氏の『誰も「戦後」を覚えていない』はこの〔昭和30年代篇〕がシリーズ3作めとなります。
 つまり、終戦後まもない昭和20年前半と後半で2作となっていて、その次に刊行されたのが昭和30年代にスポットをあてた、この本となるわけです。
 もしかしたチキンラーメンのことが書かれているかと期待したのですが、残念ながらこの本では食については論じられていませんでした。
 では、何が書かれているかというと、文芸、映画、音楽、政治、犯罪といったことですが、なんといっても昭和30年代を席巻したのはテレビだったのはまちがいない。
 文芸にしても映画にして音楽にしても、それらがすべてテレビに取って代わられる寸前の時代だったといえます。

 本文で鴨下氏は、戦後史とは大家族から、家族、さらに小家族、そして核家族、ついには個人のレベルに至る経緯だったのではないかと分析しています。
 そう考えれば、チキンラーメンも家族の食事というより、個人の食べ物だったから昭和30年代に爆発的に売れたのかもしれません。
  
(2018/12/18 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 12月に入ってからも
 暖かい日が続いていましたが
 ここ何日前から
 急にどんと寒くなって
 今にも雪にでもなりそうな冷え方に
 なりました。

    初時雨これより心定まりぬ       高浜 虚子

 時雨は冬の季語。
 冬の通り雨のことですね。
 この頃になると
 なんだか風景も侘しく感じます。

  20181215_110519_convert_20181215162935.jpg

 畑の方も
 採れる野菜はそろそろ
 摂り収めです。
 先日の土曜日(12月15日)、
 今年初めて栽培した
 カリフラワーを収穫しました。

  20181215_105146_convert_20181215162604.jpg

 思った以上に大きく育って
 雪をかぶったように
 真っ白に出来上がりました。
 この日、ゆでで
 サラダでいただきましたが
 そのホクホク感はなんともいえない
 美味でした。

 キャベツも収穫です。

  20181215_105222_convert_20181215162643.jpg

 今年は
 うまく育たないかと
 心配していましたが
 なんとかうまくできました。
 キャベツ
 持った時のずっしり感がいいですね。

 そして
 ダイコン
 青首ダイコンは写真のように
 畝から長い首をのばして
 収穫を待ち望んでいました。

  20181215_104534_convert_20181215162501.jpg

 抜くと
 もっとりっぱ。

  20181215_105315_convert_20181215162852.jpg

 写真の左が青首ダイコン
 右側が亀戸ダイコン
 なんだか亀戸ダイコン
 うまく育っていませんね。
 こうして並べると
 「ドラえもん」に登場する
 ジャイアンとスネ夫みたいですね。
 青首ダイコンは測ると
 40㎝以上ありました。

 これで
 この冬の収穫はほぼ終わり。
 畝にダイコン一本残しましたが
 小さくても
 収穫の時期なんでしょうね。
 年内には
 ベランダで育てている
 ウスイエンドウを畑に
 移植しようと考えています。
 こんなに育ってきましたから。

  20181215_111941_convert_20181215163041.jpg

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介する絵本、
  『葉っぱのフレディ』(レオ・バスカーリア)は
  ちょうど20年前の1998年に出版され
  ベストセラーになりました。
  私もうんと以前に読んだことがあります。
  今回とっても久しぶりに読んでみました。
  この絵本でもそうですが
  絵本というのは
  とっても読みやすいですから
  人生の「玄冬」期こそ
  絵本に親しむことは
  素敵なことではないかと
  最近つくづく感じています。
  もっと年をとって
  動けなくなっても
  そばに絵本があれば
  なんとかやっていけるのではないか。
  そんなことを
  思ったりしています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  変化を楽しむ                   

 人生を四季に喩えて、「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」とよくいわれます。
 「白秋」で50代後半から60代後半、そして高齢者となるあたりが「玄冬」でしょうか。
 もちろん単に年齢ではなく、例えばプロスキーヤーの三浦雄一郎さんなどは80歳をまわっていますが「玄冬」にははまらない気がします。
 ちなみにここでいう「玄」は黒を指すといわれています。

 1998年に発行され、ベストセラーにもなったこの絵本は、フレディという名前の葉っぱの人生を四季とともに描いた作品です。
 最後、フレディは雪の上でその人生を終えますが、この絵本で描いているのは「いのち」の変化だといえます。
 フレディがまさにその象徴で、青々とした若い時期を経て、まさに生いっぱいに謳歌する夏を過ごし、秋には紅葉し、そして冬、枯れ葉となって人生を終える。
 そして、フレディは土に還って、また新しい「いのちの旅」を始める。

 そう考えると、人生とは一本の道ではなく、その都度変化していくことかもしれません。
 そして、生きるということはその変化を楽しむことが大切なのでしょう。

 この絵本の最初に田中和雄さんという編集者から読者にあてたメッセージがついています。
 その中で田中さんはこの絵本を「自分の力で「考える」ことをはじめた子どもたちと 子どもの心をもった大人たち」に贈るとあります。
 私たちが考えないといけない「生きる」という意味のヒントがこの絵本にはいっているような気がします。
  
(2018/12/16 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は昨日のつづき。
  というわけでもないが、
  今日もNHK朝の連続テレビ小説まんぷく」に
  誘われて
  手にとった一冊です。
  今回は青山誠さんの
  『安藤百福とその妻仁子』。
  副題は
  「インスタントラーメンを生んだ夫妻の物語」。
  何度も書きましたが
  朝ドラ「まんぷく」は
  チキンラーメンの生みの親
  安藤百福さんとその妻仁子さんを
  モデルにしています。
  これからいよいよラーメン作りにはいっていきますが
  もちろんそこには
  色々あるわけで。
  その前に本で予習するのも
  いいですよ。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  彼女は慈愛の人だった                   

 『チキンラーメンの女房 実録安藤仁子』は「安藤百福発明記念館」編となっているので、おそらく公式な評伝になるのだろうが、その中に安藤百福の台湾で生まれた長男宏寿のことがさりげなく書かれていて、ほとんどその存在が気づかないほどだ。
 この長男は妻仁子の産んだ子ではない。
 だから宏寿が晩年「仁子さんには感謝している。私にとても気を使ってくれたことへの深い恩義を感じている」と述べたと綴られている。
 ただ、そうあるだけで、詳しくはない。

 一方、青山誠氏のこの本には安藤百福の生い立ちを紹介しつつ、百福が仁子に求婚した時点ですでに台湾に妻子がいたと書かれている。
 だから当初仁子はその求婚をためらったという。
 ほかにも、百福が台湾人であったこともためらいの一つとあるが、先の『チキンラーメンの女房』では百福の出自についてはあまり詳しく語られていないのは、仁子がためらったようにあまり触れたくないことであったかもしれない。
 そんなことはあったが、仁子はこの時28歳で、当時としては「婚期を逸した」年齢で、焦っていたのではと青山氏は推測している。
 実際はどうであったか、男女のことであるから当人たちにはわかりえないが、仁子が百福の台湾にいた妻子を受け入れたということは事実だし、宏寿の弁にあるように長い年月にわたって義理の息子を慈愛の心で見守ったのも事実だろう。

 この本は「夫婦の物語」となっているが、やはりどうしても百福の偉業に多くが割かれている。
 おそらく仁子はそれをもまた受け入れるに違いない。
  
(2018/12/15 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス