FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今本屋さんに行くと
  池井戸潤さんの新作『下町ロケット ゴースト』が
  どーんと平積みされています。
  さらに同シリーズの2作めにあたる
  『下町ロケット ガウディ計画』も文庫化されて
  こちらもどーんと積まれています。
  池井戸潤さんの人気は
  衰え知らずといえますね。
  せっかくなので
  池井戸潤さんが
  第145回直木賞を受賞した
  『下町ロケット』から順に読んでいこうと
  思っています。
  読む前から
  楽しみです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  私たちに勇気と感動をくれた                   

 第145回直木賞受賞作。(2011年)
 この年の3月東日本大震災が起こって日本全体が打ちひしがれていた状況の中で、池井戸潤さんの代表作ともいえる、東京の下町の町工場の社長である佃航平とその工場で働く人々の姿を描いた長編小説が直木賞を受賞した意味は大きい。
 振り返ればあの年、女子サッカーのなでしこジャパンが女子ワールドカップで優勝をし、どれだけ私たちに勇気と感動を与えてくれたか。同じ夏、池井戸の作品が直木賞を受賞したことで、同じような感動を覚えた人も多かったにちがいない。
 選考委員の一人伊集院静氏は「さまざまな事情を抱えた今夏の日本に活力を与える小説」と選評で記したし、桐野夏生委員は「震災後の日本の姿を、是非、池井戸さんに書いて頂きたいと願う」とした。

 この作品をきっかけにして、池井戸さんの作品はデビュー作から見直されていくことになる。あるいは、「半沢直樹」シリーズのように映像化と相まって、多くの読者を獲得していく。
 受賞作となったこの作品ものちにテレビドラマ化され、ドラマのインパクトが小説の展開とリンクして、小説単独では味わえない面白さを、受賞から7年も経っても、味わうことができるのはうれしい。
 ただ林真理子委員が「登場人物のすべてがステレオタイプなのが気にかかった」と選評で書いているように、もしかしたら池井戸さんの作品がドラマ化されて面白いのは、そういう点があるともいえる。

 この時の選考会で「わたしはここまで読みものに堕したものは採らない」と否定的意見を述べたのは渡辺淳一委員だが、私は決してこの作品を「堕したもの」とは思わない。
 「読みもの」であってもいいものは、いいのだから。
  
(2018/08/18 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 今や住みやすい街で人気のさいたま市には
 四つの柱があります。
 まずひとつが岩槻の「人形」、
 続いて「鉄道」、
 そして「盆栽」、
 最後は「漫画」。
 さいたま市と漫画とどういう関係かと首をかしげるかもしれませんが
 「日本の近代漫画の祖」ともいわれる北沢楽天が生まれたのが
 現在のさいたま市で
 なので、さいたま市の人はもっと漫画に親しんでいい。
 北沢楽天の旧家にあるのが
 「さいたま市立漫画会館」で
 ここには時々楽しませてもらっています。

 夏休みのこの期間(~8月26日)
 「おかべりか展 ~コドモだってイロイロあります」が
 開催されています。

  20180810_144557_convert_20180812171946.jpg

 しかも、入場無料というのが
 うれしい。
 おかべりかさんは浦和で生まれた漫画家で
 『コドモの定番』や『よい子への道』、
 あるいは『おばけやさん』シリーズなど
 漫画ではあるけれど
 子ども向けの作品を書いてきました。
 昨年の7月に残念ながら急逝され、
 今回の展覧会は
 そんなおかべりかさんの代表作数点の作品や
 そのアイデアスケッチなどが展示されています。

  20180810_144447_convert_20180812172143.jpg

 ちなみに
 おかべりかさんのお父さんは
 漫画「あっちゃん」などで人気を博した
 岡部冬彦さん。
 蛙の子はやっぱり蛙なんでしょうね。
 大きな展覧会ではありませんが
 さいたま市の魅力を知るにはいい機会です。

 実はこの「さいたま市立漫画会館」から
 歩いて大宮駅に向かう途中に
 埼玉県立歴史と民族の博物館があって
 ここにも立ち寄りました。

  20180810_111501_convert_20180812172436.jpg

 現在こちらでは
 「古文書 大公開!」と題した企画展を
 開催中。(~9月2日)

  20180810_144532_convert_20180812172023.jpg

 埼玉に住んで結構なりますが
 この博物館には入ってことがなかったので
 おじゃましました。

 この企画展、
 夏休みの子どもたちの自由研究にもってこいというか
 子どもたちにもわかりやすい説明がついています。
 もちろん
 おとなの私がみても
 古文書が読めるわけではありませんが
 時代の気分は味わえるかも。
 ちなみに下の花押は
 誰のものかわかりますか。

  20180810_144418_convert_20180812172108.jpg

 花押というのは
 文書の最後などに書く署名の一種で
 これは徳川家康のもの。
 歴史の時間に習った人物が出て来るとうれしくなります。

 こちらの展覧会は
 入場料400円。
 お値段以上に古文書が堪能できます。
 夏休みの宿題に悩んでいる人は
 チャレンジしてみては。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プレゼント 書評こぼれ話

  俳句の世界では
  もう秋ですが
  まだまだ暑いので
  急いで夏の季語をひとつ。
  それが「緑陰」。
  緑の茂った木陰で涼しさを感じさせると
  歳時記にあるとおり。
  こんな木陰で
  ゆっくりと読書するのもいいですね。

    緑陰や還暦過ぎて山本周五郎     夏の雨

  字余りの俳句になりましたが
  こんな気分の本を
  今日は紹介します。
  沢木耕太郎さん編による
  『山本周五郎名品館Ⅱ 裏の木戸はあいている』です。

  じゃあ、読もう。  

  

sai.wingpen  この巻もまたいい短編ぞろい                   

 ノンフィクション作家沢木耕太郎さんによる山本周五郎の短編選集の、文春文庫オリジナルの2巻め。(全部で4巻になります)
 この巻の巻末に収められた沢木さんの「解説エッセイ」で、沢木さんは自身と山本周五郎の縁について書いていて、それは沢木さんが30代になったばかりの頃、新潮社から出た全集の山本周五郎の巻に「解説」を書いたという。
 当時沢木さんは新進気鋭の書き手ではあったが、解説に沢木さんをあてた選抜はかなり勇気がいったのではないだろうか、それにしても当時の新潮社の編集者は先見の明があったといえる。

 それからたくさんの水が橋の下を流れ、沢木さんはこうして山本の幾多の短編小説から名品といわれる作品を選んでくれているのだから、読者にとってありがたいかぎりだ。
 この2巻めでは、掲載順に「ちいさこべ」「法師川八景」「よじょう」「榎物語」「裏の木戸はあいている」「こんち午の日」「橋の下」「若き日の摂津守」の9篇の短編が収められている。
 よく知られた作品としては「ちいさこべ」や「よじょう」、表題となった「裏の木戸はあいている」があるが、沢木さんはこれらの9つの短編が「意地を貫いた」作品群として括られるのではないかとまとめたようだ。
 もちろん、男女の愛の機微として「法師川八景」や「榎物語」などは読むことができるし、「よじょう」はよく言われているように作品の完成度がとても高い。

 私はこの巻の中では「法師川八景」が好きだ。突然の男の死で婚家にも入れず、幼児を抱え生きていくことを決意した女、そして彼女を密かに支えるかつての婚約者。
 仕合せの予感を残して作品が終わるところがいい。
  
(2018/08/16 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は終戦記念日

    いつまでもいつも八月十五日     綾部 仁喜

  私は昭和30年生まれですから
  終戦からわずか10年めで
  生まれたことになります。
  まだあちこちに戦争の傷跡がたくさんありました。
  傷痍軍人の人たちの姿も
  小さい頃よく見かけたものです。
  きっと広島や長崎では
  もっと記憶が鮮明だったのではないでしょうか。
  それでも
  戦後73年も経って
  多くの人の記憶が薄れていく。
  それを掘り起こすのも
  本の役目かもしれません。
  今日は
  石井光太さんの『原爆 広島を復興させた人びと』を
  紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  記憶にとどめることの大切さを学ぶ                   

 「復興」といっても、7年前の東日本大震災でもそうだが、簡単なことではない。
 岡山や広島、愛媛に甚大な被害が出た2018年夏の大水害も「復興」はまだまだこれからだろう。
 「復興」がたやすくなされないのは、指導者の問題もあるだろうし、予算との関係もあるだろう。あるいは新しい計画の策定も関係している。
 何よりも人の記憶が薄れることが「復興」の妨げになっているような気がする。

 原爆が投下された広島は「今後七十五年間は草木も生えない」と言われたそうだ。
 しかし、もちろん時間はかかったが、広島は見事に「復興」したといえるのではないか。
 その「復興」にかかわりながら、ほとんど歴史の中に生まれてしまった人びともいて、ノンフィクション作家の石井光太さんは時間をかけてそれらの人びとに光をあてていったのが、この作品である。

 「広島を復興させた人びと」として石井さんが取り上げたのは、「原爆資料館の生みの親」ともいえる長岡省吾、「原爆市長」と呼ばれこの時期の広島の舵取りでもあった浜井信三、平和記念公園など広島の新しい街の核の設計に携わった建築家の丹下健三、原爆ドームの保存に尽力をした被爆者の一人高橋昭博。
 もちろん「復興」は四人でできるわけではない。おそらく数多くの無名の人たちもまた「復興」に携わったはずだ。
 それでも記憶しておかなければならない人たちがいて、石井さんはその人たちを作品の形で残したといえる。
 中でも長岡に関していえば、彼の家族内でもさまざまな行き違いが障害となって歴史の片隅に追いやられていて、彼をこうして作品に残しただけでも、この本は価値あるものになったといえる。
  
(2018/08/15 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 お盆休みに読む雑誌とすれば
 「文藝春秋」などぴったりだろう。
 あの分厚い中に
 政治あり経済あり文化あり
 雑誌界の幕の内弁当なのですから。
 お昼寝の枕にするには
 少し低すぎますが。

 その「文藝春秋」9月号(文藝春秋・980円)は
 なんといっても
 第159回芥川賞受賞作全文掲載号ですから
 これを楽しみにしている、
 つまり私ですが、
 みたいな人も多いと思います。

  

 今回の受賞作は
 高橋弘希さんの『送り火』。
 ただ受賞作より
 盗用かいなかで問題となった作品の方に
 視線がいってしまったのは
 残念ですが。
 今回の芥川賞選評では
 各委員がこの問題に触れています。
 また、選考委員の一人島田雅彦さんが
 「フィクションと盗用、選考委員はこう考える」という
 特別寄稿を寄せています。

 その中で
 島田雅彦委員は冒頭、
 問題となった北条裕子さんの『美しい顔』が
 「盗用」ではないということで
 全委員が一致したとしています。
 私はこの作品を読んでいないので何ともいえませんが
 この作品を候補作に選んだ時点で
 問題があったような気がします。
 「盗用」ではないと選考委員はしたとしても
 この作品を読んで
 「あれ? これって盗用?」と感じた人がいたことは事実で
 だから問題になった訳で、
 引用・参照のマナーが欠けていたではすまない問題のように
 思います。
 問題となった時点で
 候補作を取り消すなどのことも
 検討すべきだったのではないでしょうか。
 また、この作品は東日本大震災のことを描きながら
 著者が「被災地に行っていない」ということも
 問題になりました。
 そのことにふれ、
 島田雅彦さんは
 開高健の『輝ける闇』を取り上げています。
 『輝ける闇』はもちろん開高健の代表作のひとつで
 開高健がベトナム戦争に従軍してはじめて書き得たといっていい
 作品です。
 この作品について
 あの三島由紀夫が「行かなくとも書けた」と言ったそうです。
 小説は創作ですから
 行けなくても書けるでしょうし、
 経験しなくても書かないといけない。
 だって、そうでないと
 殺人事件を扱った推理小説など
 書けなくなってしまいます。
 けれど、取材したことによって
 島田雅彦さんが言うように
 「書く強烈なモチベーションンになる」のは事実だと思います。

 芥川賞だけで
 これだけのことが
 今月号の紙面にはあります。
 きっと
 「文藝春秋」9月号だけで
 お盆休みは終わってしまいそう。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ