FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  山本周五郎にこんな作品もあるのかと
  いささか驚く人もいるかもしれません。
  でも、さすがに山本周五郎だけあって
  色々な人のありようを
  描いた一篇だともいえます。
  それがこの「」(あざみ)という
  短編小説です。
  この作品を読んでみるきっかけは
  書評にも書きましたが
  沢木耕太郎さんの文庫解説を読んでということ、
  それと
  「キャロル」という
  2016年に公開された映画の素晴らしさに
  影響されたともいえます。

  

  愛というのは
  異性であれ同性であれ変わらない、
  映画「キャロル」のそんなメッセージに
  強く惹かれたせいだと思います。
  「」は新潮文庫の『松風の門』という短編集に
  収録されています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  山本周五郎異色のレズビアン小説                   

 沢木耕太郎さん編による文春文庫オリジナルの『山本周五郎名品館』という全4冊の短編集の解説に、沢木さんがこの短編集には選ばなかったが山本周五郎の作品の中でも異色の作品があるということが書かれていて興味を持ったのが、この「薊(あざみ)」という短編である。
 昭和34年(1959年)の「小説新潮」一月号に発表された、文庫本で34ページほどの短編である。

 どう異色かというと、ここに登場する武家の妻がレズビアンという設定なのだ。もちろん、山本の作品の中にその言葉は出てこないが、実は「薊」というタイトルには「実が生らない」という薊の花の特性が込められている。
 主人公加川の妻「ゆきを」は夫と寝床を同じにすることを避け、時に病気といつわりお側の女人と身体を交わらせている風でもある。
 その現場に何度か加川自身が出くわすのだが、彼は「ゆきを」の思いを理解することはない。

 木村久邇典の文庫解説によれば、山本にはいくつかの「官能的な作品」があり、「肉感的な描写を積み重ねながら」もポルノ小説とは「類を異にする」のは、山本の作品が小説の基本である「人間把握」がしっかりなされていることを挙げている。

 この小説は題材の異色性だけなく、その構成も複雑に編まれていることに読者はとまどうかもしれない。
 過去と今が複雑に絡み合っていて、短編ながらも時制の妙で作品に奥行きが生まれているといっていい。
  
(2018/10/18 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  先日
  霜月蒼さんの『アガサ・クリスティー完全攻略』という本のことを
  紹介しましたが
  あの本は本当にいい本で
  さあ次はどんな作品を読もうかと
  迷っている読者には
  いい道標になってくれる。
  今回、
  アガサ・クリスティーのシリーズとして
  ポワロ物ではなく
  ミス・マープル物を読みたい
  (とにかくアガサ・クリスティーの初心者なので)
  と思った時、
  霜月蒼さんの評価の高い作品を
  手にしました。
  それが『ポケットにライ麦を』。
  霜月蒼さんの評価は
  「未読は許さん」の★5つです。
  評価通りの面白さでした。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  ポワロもいいけど                   

 ミステリの女王アガサ・クリスティーといえば、名探偵ポワロシリーズが有名だが、それ以上に人気が高いかもしれないのがミス・マープル物だ。
 この作品はミス・マープル物でも評判の高い作品だが、彼女が登場するのは作品のほとんど半ばといっていい。
 それまでは殺された男の服のポケットに何故かライ麦がはいっていたり、その男の周辺には年若い美貌の妻とか生真面目な長男、遊び人ながら最近殺された父親とよりが戻った風でもある次男とか事件の概要と舞台背景がニール警部の捜査で浮かんでいく形になっている。
 そして、ミス・マープルの登場である。

 彼女は「かなりの年配の婦人」と登場シーンの最初に書かれている。
 彼女の特長は「皺こそよってはいるが、まだ豊かな色白の頬」を持ち、「背は高いが、いかにも時代おくれ」の服装をしているなど、初めて読む読者には彼女の正体は、彼女と会ったニール警部同様、ほとんどわからない。
 彼女は何故この事件に関わるのか。
 それは、ミス・マープルが最初の殺人事件から続いておこる第二、第三の殺人事件で犠牲となった一人の少女の知り合いという設定になっているからで、実はこのことが最後にこの長編の魅力を高める要素にもなっていることを、読者は最後の最後になって知ることになる。
 ミス・マープルは警察の内部で名の知られた推理解明ぶりを発揮していることをニール警部が知るのは後半になってからだが、事件解決に至るミス・マープルの推理解明の冴えに読者は感心すること間違いない。

 ポワロもいいけど、ミス・マープルもいい。
  
(2018/10/17 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  人生には
  「たまたま」という素敵な出会いがあります。
  私がNHKEテレ
  わずか5分の番組「ヨーコさんの”言葉”」を
  見るようになったのも
  今ではどういうきっかけだったか
  忘れてしまうぐらい
  「たまたま」でした。
  そして、
  その番組が本になっていると知ったのも
  本屋さんで「たまたま」見かけたからです。
  そのシリーズ本も
  この『ヨーコさんの”言葉” じゃ、どうする』でおしまい。
  残念ですが
  仕方がありません。
  本ならいつでも再読できますもの、ね。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  いちばん大切なもの                   

 絵本作家でエッセイストの佐野洋子さんのエッセイを紙芝居風に作品化したNHKEテレの「ヨーコさんの”言葉“」。
 わずか5分の番組ながら、見終わったあとには背筋が伸びている。
 それを書籍化したシリーズ本も5冊めとなるこの『じゃ、どうする』で完結。
 本であれば、完結になっても何度も読み返せるのがうれしい。

 この番組は佐野さんのエッセイに北村裕花さんが絵をつけて、上村典子さんが語ってくれるように出来ているのだが、本となると上村さんの語りは聞くことはできない。
 そこは読者が文字を追いながら、頭の中で上村さんの語り口調を再現するしかない。番組を見たことのある人なら、きっと大丈夫だろう。
 うれしいことにこのシリーズ本では北村裕花さんの番組で使用された約250点のイラストを見ることは出来る。
 ありがたい、ありがたい。

 この本では最後に収録されている「あとがき」という作品がいい。
 これは『友だちは無駄である』というエッセイ集から出典されている。
 その中の一節。
 「私は無駄なものが好きだった。(中略)能率や、成績や進歩に直接かかわらないものが好きだった。それがいちばん大切なものだった」
 これで終わるのだが、北村裕花さんの最後のイラストがソファで寝そべる佐野さんの姿というのも、いい。
 きっとこの番組、あるいはこの本がいいのは、別にこれらを知ることが重要ではないけれど、でもきっとそこに「いちばん大切なもの」が隠れているからだろう。
  
(2018/10/16投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 10月になってからも
 どうもすっきりしない天気が続きます。
 先日街なかで
 コスモスの花を見かけました。

  20181013_121856_convert_20181014093708.jpg

 コスモスというのは
 雨風にも強い花で
 倒れてもまた起き上がる、
 見た目の可憐さとは似つかないものを持っています。

    風つよしそれより勁し秋桜      中嶋 秀子

 この俳句の「秋桜」は
 山口百恵さんの歌でも有名になった
 コスモスの漢字表記。

 そんな天気のせいでしょうか
 ミニハクサイの虫害がとまりません。

  20181013_105222_convert_20181014093610.jpg

 近くの区画の人は
 収穫前にとうとうあきらめて
 伐採しました。
 とってもよく出来ていたのに。
 話を聞くと
 ナメクジが何匹もいたそうです。
 野菜にナメクジは天敵ですが
 今までほとんど見ることがなかったのですが
 やはり雨が多かったせいでしょうね。
 うちのミニハクサイ
 虫害もありますが
 結球もしないかもしれません。

 ミニハクサイの隣には
 キャベツを育てていますが
 今のところ
 こちらは大丈夫そう。

  20181013_105121_convert_20181014093455.jpg

 10月6日(土曜日)は
 イチゴの苗植えをしました。

  20181013_105045_convert_20181014093359.jpg

 苗の間に
 コンパニオンプランツとして
 ニンニクを植えました。
 写真では土に埋もれて見えませんが。
 イチゴも今植えて
 収穫が来年の春ですから
 長―く育てる野菜です。

 でも、
 すっきりと晴れてくれないかな。
 野菜だって
 太陽が恋しいだろうに。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プレゼント 書評こぼれ話

  フードロスというのは
  売れ残りや食べ残し、期限切れ食品など、
  本来は食べられるはずの食品が廃棄されることで
  大きな社会的問題となっています。
  その原因はさまざまですが
  身近なところでは
  家庭内における管理の問題があります。
  気がつけば賞味期限を過ぎていた、
  いつの間にか傷んでしまった
  買っていたのを忘れていた、
  食べ残しさえ「もったいないおばけ」が出ると
  叱られた時代と様変わりです。
  今日紹介する絵本
  泉なほさん文、いもとようこさん絵の
  『やさいのおしゃべり』は
  そんなフードロスの問題を描いた一冊と
  いえるかもしれません。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  この絵本でフードロスを学ぶ?                   

 単行本から文庫本として編集される時に書名タイトルを変えたりすることが、出版界にはよくある。昔出た文庫本の再販の時なども時々あって、新しい本と間違って買ったりして後悔する。
 それほどに本のタイトルや表紙の装幀は読む動機付けとして大切な要素ということだろう。
 この絵本の場合もそうだ。
 「やさいのおしゃべり」というかわいいタイトル、いもとようこさんのほんわかしたやさいたちの絵。
 これでどんなことを想像するかというと、小学校の教室でもたわいもない、それでいて楽しい、そんな弾むような「おしゃべり」ではないだろうか。

 ところが、そんな思いは大いに裏切られることになる。
 もともとこの絵本は作者の泉なほさんが「宙」という同人誌に『冷ぞうこ物語』として発表した作品を絵本化にあわせて書き直したもの。
 確かにこの内容であれば『冷ぞうこ物語』の方がふさわしいかもしれない。
 つまりこの絵本は買ってこられた野菜たちが冷蔵庫の中でほったらかしにされて、腐ったり傷んだりしている彼らが自分の将来(?)に不安を感じつつ、嘆き、ぼやく話なのである。
 だから、正しくは「やさいのぼやき」だと思うが、もちろんこれでは絵本として売れないだろうから「おしゃべり」になったのだろうが。
 かわいいいもとさんのやさいの絵も、裏表紙では結構深刻な状態のやさいが描かれていたりする。

 作者の意図としては、食べ物を粗末に扱わないということだろうが、やはりその線で絵本として成立させた方がよかったような気がする。
  
(2018/10/14 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス