プレゼント 書評こぼれ話

  今日は関川夏央さんの
  『人間晩年図巻1990~94年』を紹介します。
  このあとの本、
  『人間晩年図巻1995~99年』の方は
  すでに紹介しているので
  興味のある方は「検索」で探してみて下さい。
  今日の書評のタイトルを
  「私はまだ30代だった」としましたが
  この1994年までが30代で
  今から思えば
  充実の青年期後期を生きていたことになります。
  この本の中でもっとも気にかかった人物といえば
  1992年9月に亡くなった漫画家寺田ヒロオさん。
  寺田ヒロオさんといえば
  トキワ荘で多くの新人漫画家に温かな支援をした
  優しい人。
  その晩年は切ないです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  私はまだ30代だった                   

 1990年代ともなればすでに20年近く過ぎた時代である。
 その時代前半の1990年から94年に亡くなった著名人の晩年を描いてみせた関川夏央氏は、本書の「あとがき」で「過去を点検しながら、おそらく短くはないであろう自分の「晩年」にそなえる」という動機があったと記している。
 同時にこの時代の死者の晩年を描くことは「意外な角度から「現代史」を記述」することになるとしている。
 そういわれてみれば、本書で紹介されている政治家、文化人、俳優、スポーツ選手たちの名前を列記するだけで、時代の貌が見えてこないか。

 例えば1990年に鬼籍にはいった有名人は横綱栃錦、成田三樹夫、池波正太郎、幸田綾など、1991年は江青(この名前で中国の政治家とわかる人も少ないかも)、中島葵(この人は日活ロマンポルノの活躍した女優)、あるいは相田みつをもこの年に亡くなっている。
 1992年は尾崎豊、長谷川町子、中上健次、寺田ヒロオ、太地喜和子、1993年にはオードリー・ヘップバーンやハナ肇、田中角栄、この本の最後1994年には安井かずみ、吉行淳之介、乙羽信子といった人たちが亡くなっている。

 本書の見事な点はそれぞれの晩年を描くだけでなく、その人と関係した周辺の人の死も描かれていることだ。
 横綱栃錦であれば若乃花の名前が浮かぶが、先代横綱若乃花は力士としては長寿で82歳まで生きたといった風に、その人だけで終わらない。
 人はひとりでは生きられない。
 どのように死んだとて、その人と関わりのあった人とのつながりは残る。
 そんなつながりが時代となっていくのだろう。
  
(2016/12/06 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 師走になって
 なんとなく気持ちもせく感じがあります。
 冬ざれの街中でも
 菜園までの道を歩いていると
 それはそれなりに目をひく光景を
 見つけたりします。
 そんな写真を2枚。

  20161204_100338_convert_20161204104642.jpg

  20161204_102813_convert_20161204104723.jpg

    冬ざれや卵の中の薄あかり       秋山 卓三

 そんな中でも
 日差しの暖かだった12月2日
 冬野菜の収穫に菜園に行ってきました。
 この日収穫したのは
 ハクサイ2個、ダイコン2本、紅芯ダイコン1本。
 ごらんのような
 大収穫です。

  CIMG1743_convert_20161204104917.jpg

 ハクサイはこれでおしまい。
 今シーズンは4つの栽培でした。
 どれもしっかりとまいて
 いい感じにできました。
 ダイコンも順調に出来ています。
 今回は指導のあった倍、12本植えに挑戦しましたが
 なかなかいい出来じゃないかな。
 そういえば
 「大根引」は冬の季語
 小林一茶のこんな面白い俳句を見つけました。

    大根引き大根で道を教へけり     小林 一茶

 10月2日に稲刈り体験に行ったことは
 このブログでも書きましたが
 その時刈った新米がようやく届きました。

  CIMG1747_convert_20161204104947.jpg

 米袋の字は相田みつをさん
 ではなく、
 私です。

 冬は日の暮れるのも早い。

    少しづゝ用事が残り日短      下田 実花

 そんな時間に見つけた
 こんな富士。

  CIMG1741_convert_20161204104751.jpg

    短日やまぶたの裏に赤き富士     夏の雨

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日はブログの誕生日です。 

  おかげさまで
  今日で
  丸8年を迎えました
  ブログを始めたのが
  2008年の12月4日。
  今日から9年めの新しい一冊です。
  本を読むことにも
  好みの変化があって
  最近は時代・歴史小説が気にいっています。
  若い時には見向きもしなかったのに。
  絵本を毎週読みだしたのも
  このブログを始めてから。
  たくさんの絵本を読んできましたが
  今日紹介する
  中山千夏さんの『となりのイカン』で
  絵を担当している
  長谷川義史さんの絵本は
  一番読んでいるのではないでしょうか。
  自分の好みにあっているんでしょうね。
  これからも
  素敵な本を紹介できたら
  どんなにいいでしょう。
  いい本と出合えることを願って。

  これからも応援よろしくお願いします。 

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  伝える力                   

 言葉は多様だと感じたのは数少ない海外の地ではなく、青森県津軽地方に行った時のことだ。
 温泉場で地元の老人と一緒になったのだが、彼らが何を話しているのかさっぱりわからなかった時だ。
 日本という小さな島国にあってそうなのだから、広い世界となれば知らない言葉ばかりではないか。

 この絵本の「イカン」とは、「いけない、ダメ」ということ。
 関西弁にすれば「アカン」となる。
 東北弁では「マイネ」らしいが、それはこの絵本で初めて知った。
 「いかん、いかん」といつもお父さんに叱られてばかりの「イカン」はとうとう家を飛び出して、むかいに住む「アカン」はお母さんにいつも「アカン」と文句ばかり言われて、こちらも泣いて家を飛び出した。
 二人の友達の「マイネ」も一緒に家を出て、世界をめぐる旅に出る。

 途中でけんかをしている子どもがいれば「けんかはいかん あかん まいね」と仲裁にはいって、友達がどんどん増えていく。
 友達が増えるのと同じように世界中の「いけない、ダメ」が増えていく。
 「ナイン」「ノン」「ニェット」、あれやこれ。
 言葉がそれぞれ違うけれど、伝わっていくのが不思議なくらい。
 それは単に言葉だけではなく、表情であったり発音であったり、情報の手段がさまざまあるからだろう。
 それは絵本でも同じかもしれない。
 言葉だけではなく、絵も伝達の大切な要素。

 この絵本では長谷川義史さんが絵を担当。
 長谷川さんならではの伝える方法がこの絵本にもある。
 
(2016/12/04 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今年のNHK大河ドラマ真田丸」が
  まだ終わっていないのに
  来年の大河ドラマ「おんな城主直虎」の
  関連本を読むなんて
  ひどいではないかと
  思う人もいるかもしれませんが
  そのあたりがご勘弁頂くとして
  今日は
  梓澤要さんの『城主になった女直虎』を
  紹介します。
  来年の大河ドラマの主演は
  柴咲コウさん。
  脚本は朝の連続テレビ小説ごちそうさん」を書いた
  森下佳子さん。
  どんな女性ドラマになるか
  楽しみです。
  もっとも「真田丸」の最後も
  もっと楽しみです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  直虎ってどんなひと?                   

 本自体がブームを起こすということはないではないが、とてもまれだろう。
 反対にブームにのっかって本が出版されるということはよくある。
 最近でこそ視聴率がとれないと批判されることが多いNHK大河ドラマだが、それでもやはり全国で多くの人が見ていることは間違いなく、だとしたら出版業界もそれに便乗しないという手はない。
 特に2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」の場合、主人公となる井伊直虎のことはあまり知られていない。
 だとしたら、放送が始まるまでに予備知識をどうぞとばかりに書店に直虎関連の本が並ぶのも仕方がない。

 この本もそんな中の一冊。さすがに版元がNHK出版だけあって、「御用達」みたいな感じがする。
 で、井伊直虎であるが、この本ではその前の井伊家前史といえる時代から説明がされていく。
 このあたりをダルく感じる人も多いだろうし、次の「直虎前夜 暗黒の時代」から読むのもいいだろう。私としては、やはり前史からきちんと読んでいく方を勧めるが。
 何故なら、どうして「おんな城主」を置いてまでお家を守ろうとしたのかといえば、この前史があるゆえだろう。
 つまり家の歴史が直虎を生んだといっていい。

 直虎は桶狭間の戦いのあとの戦国時代に生きた女性だが、彼女のような生き方をもし淀君がしていたら、つまり豊臣秀頼成人まで淀君が城主であれば豊臣家もまた違っていただろう。
 もっとも淀君に直虎の覚悟があったかどうかわからないが。
 2017年は直虎に代表される、女性の活躍の年になるかもしれない。
  
(2016/12/03 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 先日古地図がブームというお話を
 山本博文さんの『江戸散歩』という本を紹介した際に
 書きましたが、
 「旅行読売」12月号(旅行読売出版社・540円)では

   古地図に誘われて 東京・大阪さんぽ

 という特集が組まれていて
 まさに「古地図に誘われて」
 雑誌まで買っちゃったというわけです。

  

 この「旅行読売」という雑誌は
 雑誌名のとおり旅行雑誌で
 「オトナの旅の道しるべ」となっています。
 私、オトナですので
 ぴったり。
 さあ、歩いてみましょう。

 まずは、今回の特集のリード文から。

    古地図と現在の地図を見比べながら歩くと、
    新鮮な発見がある。
    遺構を巡り、想像を膨らませ、ワクワクしながら歴史をひも解く。
    そんな古地図の世界へ、出かけてみよう。

 行きます、行きます。
 あせる気持ちを抑えて
 まずは古地図の見方から。
 この「旅行読売」では「江戸切絵図」が使われていて
 その見方が丁寧に書かれていて
 勉強になります。

 今回はモデルコースとして
 六本木・赤坂を歩いたり、
 銀座・築地界隈や浅草、芝・愛宕を
 散歩するコースが紹介されています。
 大阪は
 天王寺や九条を歩きます。

 散歩のあとは温泉でも。
 今号のもう一つの特集は「トロトロ温泉」。
 1日4組限定の埼玉・ときがわ町の
 都幾川温泉などが紹介されています。

 こういう雑誌を読むと
 雑誌を歩くだけでなく
 ほんとうの散歩に行きたくなります。
 また駅からハイキングにでも
 行ってみようかな。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ