プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  二十四節気のひとつ、穀雨
  この時期降る雨は穀物を育てる雨だとか。

    まつすぐに草立ち上がる穀雨かな     岬 雪夫

  それなのに
  この週末、真夏のような天候かも。
  やはり温暖化の影響なのでしょうか。
  今日は
  水瀬ケンイチさんの
  『お金は寝かせて増やしなさい』を
  紹介します。
  こういうお金の本は
  日本経済新聞の広告から
  読みたくなるものが結構あります。
  そういう点では
  新聞の広告も効果があるのでしょうね。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  私は小心者ですが、どうしましょう                   

 「お金にも働いてもらわないといけない」ということをよく言います。
 それと、この本のタイトル『お金は寝かせて増やしなさい』は相反するようですが、実は同じことを言っているのだと思います。
 お金は寝てても一生懸命働いて(というより成長しているという方が実感に近い)いるので、あわてて起こしたり、あちらこちらに走らせない方が、長い目で見た場合、得ですよというのがこの本の主旨だ。
 その方法として著者はインデックス投資を勧めているが、投資そのものが苦手という人もいるだろうから、その人に合った読み方をすればいいだろう。

 特に読者の年齢によって、投資に対する考え方が違ってくる。
 投資というより「リスク許容度」の問題で、この本のいいところは、この問題もきちんと記されている点だ。
 著者いわく、「人は加齢とともリスク許容度が下がっていくものだと考えるのが自然」で、だからこそ加齢とともに保守的に資産配分を変更していく方がいいとなります。
 その目安もこの本には載っていて、それによると「100から年齢を引いた割合で株式を持て」という米国の教えがあるそうです。
 ただこれもあくまでも「教え」であって正解ではありません。
 そもそもお金の話に正解などないのではないでしょうか。
 正解がないから、いつの時代であってもお金の本が書かれ、そして読まれているのだと思います。

 ましてや自分の「リスク許容度」もわからないのが実状で、お金よりも自分が寝ているしかないような気もしますが。
  
(2018/04/20 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今でも
  本屋さんに行くと
  葉室麟さんの新刊が出ていないか
  さがす癖が抜けきれません。
  今日紹介する
  『河のほとりで』は
  2月に出た文春文庫の新刊ですが
  これから先にも
  まだ出るのでしょうか。

    歴史とは
    思い出という名の記憶を積み重ねること


  葉室麟さんの随筆の一節です。
  これからも
  葉室麟さんの「思い出という名の記憶」を
  追いかけていきたい。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  小説にはない、作者の本音がこぼれています                   

 平成29年12月、人気の絶頂にありながら早逝した葉室麟の随筆集である。
 文庫オリジナルということで今年2月に刊行された。その死で急遽刊行の運びとなったのか、以前から計画されていたものかどうかは知らないが、いずれにしても作者にとっては関係ない。
 自身の死はいつだって覚悟していただろうが、そのことで筆が感傷的になるはずもない。
 ただ読者としては、つい葉室の死に対する心構えを知りたくなるのも事実だ。

 例えば、葉室が初めて直木賞の候補になった回で『利休にたずねよ』で直木賞を受賞した山本兼一の『おれは清磨』の文庫解説の中で(この随筆集には新聞連載の随筆のほかにこのような本の解説や日々の雑感などが収められている)、同じ回の候補者に同じ年頃の歴史小説家が3人いたが、山本ももう一人も亡くなって、葉室だけが残ったと記されている。
 「残されたひとりとしての寂寥感」と葉室は綴っているが、何もそんなに急いで彼らのあとを追うこともなかったのにと、つくづく残念である。

 あるいはこんな一文。
 「ひとは常に「去る」覚悟をして生きねばならないのだろう」。
 これは新聞の連載随筆の一文で、2016年3月の記事だ。もちろん葉室に自身の死がわかっていたはずはないが、葉室には常に死への覚悟があり、だから書かずにはいられなかったにちがいない。

 死のことだけではなく、葉室の文学の本質として「恋する相手に献身の思いがありながら、決して口にすることがない」シラノ・ド・ベルジュラックを好きだと書いた随筆など、読み応え十分な作品に仕上がっている。
  
(2018/04/19 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  今人気の俳人夏井いつきさんと
  その妹のローゼン千津さんの
  『寝る前に読む一句、二句。』を
  紹介します。
  この本にも書かれていますが
  夏井いつきさんの
  いつきは本名。
  漢字で書くと、伊月。
  夏井いつきさんは愛媛県つまりは伊予生まれなので
  この名がついたとか。
  名前について
  夏井いつきさんはこんなことを
  書いています。

    名は体を表す。
    己の名を己で考える事によって、
    己を客観的に見るきっかけになったりもするぞ。

  俳号を考えるのもいいかも。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  いつきを反対から読めばきついになります                   

 最近の夏井いつきさんの人気はすごい。
 本屋さんの俳句本のコーナーには夏井さんの名前がはいって本が並ぶ。
 もしかしたら、今日本で一番有名な俳人かもしれない。
 夏井さんの名前を一躍有名にしたのがTBS系で放映している「プレバト!!」という番組内での俳句コーナーの辛口添削。
 辛口なのだが、さすがにマトを得ていて、誰もが納得、誰もが俳句やってみるかと思ってしまう。
 そんな夏井さんが実の妹であるローゼン千津さんと言いたい放題の俳句ばなし。と言いたいところだが、やはり夏井さんだけあって、言いたい放題の家族の話、姉妹の話、あれやこれや。
 それに負けていないのがローゼン千津さん。アメリカ人のチェリストと結婚したつわもの。
 この姉にしてこの妹あり。

 あげられている俳句は作者は有名ながらあまり耳にはしないものが多い。その分、二人の話に自由度が出ているともいえる。
 例えば松根東洋城の「いつくしめば叱るときける寒さかな」では、夏井さん教師時代(夏井さんは8年間中学校で国語を教えていて、一大決心して俳人になることを決意したそうです)の苦悩? な日々が語られたりしている。
 言いたい放題に見えるが、「もろもろを俳句にして吐き出す事で、心のバランスを取ってる」というぐらいだから、結構繊細なのである、夏井さんは。

 そんな姉妹言いたい放題の本ながら、夏井さんはしばしば「季語が動いていない」という表現をしている。どんな季語でもはまるようであれば、いい句とは言い難い。
 さすが夏井先生の指摘はここでも的確でした。
  
(2018/04/18 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 本の街、東京・神田神保町
 先週の4月11日、
 新しいスタイルの本屋さんが誕生したのを
 ニュースで見かけて
 さっそく行ってきました。

 お店の名前は「神保町ブックセンター」。

  20180414_110611_convert_20180415092413.jpg

 もともとここは
 岩波書店の本を扱う本屋さんがあったところで
 新しいお店も
 扱っているのは
 岩波書店の本ばかり。
 新しいのは
 ここにはカフェがあって
 本を読みながら
 珈琲を飲んだり
 おしゃべりが楽しめること。

  20180414_110755_convert_20180415092453.jpg

 カフェのメニューも
 岩波書店の雰囲気がほどこされていたり。

  20180414_111047_convert_20180415092544.jpg

 それにしても
 岩波書店の本は
 神保町の街によく似合うし
 珈琲とも相性ばっちり。

 お昼はこのお店の近くにある
 老舗カレーショップ「ボンディ」で。

  1523750305438_convert_20180415092742.jpg

 さすがに人気のお店だけあって
 長い行列ができていましたが
 待つだけの味が楽しめます。
 一番人気はビーフカレーだそうですが
 チキンカレーもなかなかなもの。

 カレーのあとは
 喫茶「さぼうる」へ。

  1523750270994_convert_20180415092701.jpg

 神保町の喫茶店といえば
 このお店といわれるほどの
 有名店。
 何度も神保町に来ていますが
 いつも入りそびれていましたが
 この日ついに
 「さぼうる」初体験。
 もう大満足。

 帰りは
 明治大学のキャンパス内にある
 阿久悠記念館に立ち寄りました。

  20180414_132234_convert_20180415092623.jpg
  
 ここも一度は行きたかったところ。
 けっして大きくはありませんが
 それでも昭和の大作詞家
 阿久悠さんの世界を
 楽しめます。

 いつ行って
 いい街です、神保町は。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 この季節、少しばかり自然界の方が
 俳句の世界よりも進んでいる。
 例えば、新緑
 街のあちこちはすっかり新緑だけど
 俳句の世界ではこれは夏の季語

 CIMG2459_convert_20180415091704.jpg

 立夏はまだ少し先なので
 少し早い。

    新緑の香に新緑の風を待つ      稲畑 汀子

 そうはいっても
 これから街にはいろんな草花が咲くので
 散歩も楽しい季節です。

  CIMG2464_convert_20180415092032.jpg

 土日には天気が崩れるというので
 4月13日の金曜日に
 畑に行って
 夏野菜の畝づくりを始めました。
 元肥の効果がでる期間があるので
 苗を植える時期を考えて
 逆算しながらの畝づくりです。

  CIMG2460_convert_20180415091748.jpg

 この畝には
 キュウリインゲン
 そしてカボチャを植えます。
 カボチャは昨年うまくいかなかったから
 今年はリベンジです。

 少し前に蒔いた
 トウモロコシはうまく芽がでました。

  CIMG2461_convert_20180415091849.jpg

 同じ頃蒔いた
 ニンジンはどうも芽がでなくて
 この日蒔き直しをしました。
 こまめに水をあげなかったせいかしら。
 何回やっても
 うまくいったり
 うまくいかなかったり。
 だから、野菜づくりは面白いともいえますが。

 こちらは
 ニンニクタマネギ

  CIMG2462_convert_20180415091952.jpg

 収穫までまだ一ヶ月はかかりそう。
 これからは
 収穫と栽培で
 楽しい時期になっていきます。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ