FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は二十四節気のひとつ、
  清明
  万物がこの頃より溌剌としてくるといいます。

    清明や鳥はくちばし閉ぢて飛ぶ    鶴岡 加苗

  そんな季節なのに
  新型コロナウイルスの影響で
  なかなか溌剌とまではいかない。
  せめていい本でも読みたいものです。
  今日は文庫本の紹介。
  川上未映子さんが聞き手で
  村上春樹さんがこれに答える。
  『みみずくは黄昏に飛びたつ』。
  その新潮文庫版
  単行本の方は2017年の6月14日に
  紹介しています。
  では、何故文庫本なのか。
  その答えを書評に書いています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  読むんだったら文庫本で                   

 文庫本というのは、文庫オリジナルというのは別にして、基本的には単行本が出てから大体2年か3年経ってから刊行されると聞いたことがある。
 作家の(というより純粋に村上春樹さんのファンという側面の方が大きいが)川上未映子さんが聞き手で村上春樹さんがそれに答えるというインタビュー集であるこの文庫本の場合、単行本が出たのは2017年4月。
 その当時出たばかりの村上春樹さんの『職業としての小説家』と『騎士団長殺し』をテキストにして4つのロング・インタビューが収められている。
 単行本の場合は出たばかりのエッセイと長編小説がテキストであったから、それは刺激的だったし、それから2年経って文庫本で読んだ時は正直色褪せたところもあったが、中には全然変わらなく、村上春樹っぽい(当たり前だけど)箇所もたくさんあった。

 それは春樹さんがいうところの「信用取引」で、私という読み手が村上春樹という書き手を全面的に信用しているということだと思う。
 そして、「文章自体はどこまでも読みやすく、素直なものを使いたい」という春樹さんの小説スタイルに共鳴しているのでもあるのだろう。

 そんな単行本から2年が経って文庫本になったわけだが、この文庫本にはなんといっても「文庫版のためのちょっと長い対談」がオマケでついている。
 そこでは春樹さんが「文藝春秋」の2019年6月号に書いた父親の話「猫を棄てるー父親について語るときに僕の語ること」のことが結構話されている。
 さらにいえば、前期のベステセラー『ノルウェイの森』についても。

 だから、こんなことを書くとおかしいかもしれないけれど、この作品を読むなら絶対文庫本の方がお得だ。
  
(2020/04/04 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  最近の本の売れ行きランキングなどを見ると
  川越宗一さんの『熱源』は
  結構売れているようです。
  一番新しい直木賞受賞作です。
  一方の芥川賞ですが
  古川真人さんの『背高泡立草』。
  『熱源』ほどではないようですが
  それでも割と売れていて
  さすが芥川賞直木賞効果。
  そもそも
  この二つの賞ですが
  新人賞なのに
  盛り上がるのは
  ひとつは歴史が長いということもあるでしょう。
  なので
  さまざまな話題が残っていて
  そんないくつかが
  この本でも紹介されています。
  今日は
  高橋一清さんの
  『芥川賞直木賞秘話』を紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  「秘話」だから読みたくなる、これって心理                   

 毎年8月と2月に発売される総合誌「文藝春秋」は芥川賞発表号で作品が全文掲載されるということもあって、通常の月より10万部ほどは増刷されるようです。
 又吉直樹さんが芥川賞を受賞した『火花』が掲載された時の「文藝春秋」は100万部を超えていたそうで、実はそれよりも売れたのは綿矢りささんと金原ひとみさんがダブル受賞した時はそれ以上に売れたそうです。
 芥川賞は文芸誌や同人誌に発表された作品が選考対象となり、受賞が決まればまず「文藝春秋」に掲載、その後「芥川賞受賞作!」とうたった帯などがついた単行本が書店に並ぶことが多いのですが、最近は「文藝春秋」ばかりに旨味をとられてはということなのか、単行本の出版が早まっています。

 芥川賞だけでなく直木賞もそうですが、文学の新人賞ですが、ニュースになることも多く、何かと話題の賞であることは間違いありません。
 この本はかつて文藝春秋の編集部で働き、二つの賞の選考準備にも関わった経験をもつ著者が、まさにその渦の中で見聞きした作家や選考委員の姿を描いたものです。
 これを読むと作品が出来上がるまで、編集者がいかに作家を助けているかもわかります。
 もちろん書くのは作家本人ですから、編集者の意見や助言がすべて生かされることではありません。
 作家をその気にさせるのも編集者の腕なのでしょう。
 そんな著者だからこそ、「いい小説には、その時代の人々の生き方を文章にして見せてくれるようなところがある」という言葉が生まれるのだと思います。
  
(2020/02/20 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今週第93回となる
  キネマ旬報のベストテンの表彰式がありました。
  今回特別賞に輝いたのは
  昨年10月に亡くなった
  和田誠さん。
  受賞式には奥さんの平野レミさんが出席。
  平野レミさんの受賞の挨拶から。

    優しいんですよ、すごく優しいの、すべてに優しいの。
    あんまり優しい人と結婚しちゃったからね、あとがつらいですよね。
    今、わたし悲しくて悲しくて悲しくてね、本当につらいんですよ。

  和田誠さんのファンとして
  これからも和田誠さんの本を
  読んでいきたいと思います。
  今日は
  『ほんの数行』という本を
  紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  これは書籍版「お楽しみはこれからだ」です                   

 イラストレーターの和田誠さんは映画が大好きで、これが高じて映画監督までやりましたが、なんといっても映画の中の名セリフを集めた『お楽しみはこれからだ』は和田さんのイラストとエッセイがすこぶる素敵な名著で、この本から映画が好きになった人も多いのではないかしら。

 実は和田さんは映画だけでなくかなりの読書家でもあって、この本の「はじめに」では「ぼくはたいした読書家ではない」と謙遜しつつ「子どもの頃から数えれば、かなりの本を読んでいるはず」と綴っている。
 何しろ和田さんには数多くの自身が装丁した本があって、装丁する時には当然ゲラ段階の原稿も読むことになるわけで、そうなればやっぱり相当数の本を読んでいることは間違いない。
 そこで『お楽しみはこれからだ』の、本編みたいに、本の中から気に入った数行を抜き出して紹介しているのが、この本だ。

 しかも、和田さんが装丁した本だけからの厳選で、しかも書影付だから、和田さんファンにとってはたまらない。
 元々が「週刊金曜日」という雑誌に2008年3月から2012年12月まで連載されていたもので、100回という区切りのいいところで単行本化(2014年)されている。
 しかも本になった時点で、そのうちの著者40人が物故されていて、この本自体がまるで追悼集のようにして読める。
 そして、2019年10月に和田さんもいなくなって、この本全体で和田さんを悼んでいるようでもある。

 あ、この本はそんな悲しみよりもご機嫌に楽しい本だと書き添えておきます。
  
(2020/02/15 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  図書館流通センターの役員である
  谷一文子さんの
  『これからの図書館』という本を
  紹介します。
  図書館流通センター、略してTRC
  皆さんの近くの図書館も
  もしかしたら運営しているかもしれません。
  副題に
  「まちとひとが豊かになるしかけ」とあるように
  図書館は町おこしにも重要なファクターであることは
  間違いありません。
  単に本の貸出しをしている図書館ではなく
  人と人が触れ合う
  さまざまな仕掛けをする
  それがこれからの図書館のありかただと
  思います。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  図書館好きのあなたならきっと喜ぶ一冊                   

 図書館が好きだ。
 毎週必ず一度は行く。
 最近は図書館もシステム化が進んでいるのから、インターネットで新刊の入荷状況もわかるし蔵書の有無も簡単に検索できる。予約もインターネットでできるし、その本が入荷したのもメールで教えてくれる。
 そのことで便利になったとは感じているが、以前のように図書館の棚から棚を見て歩くことがなくなったのはちょっと残念だ。自分が歩けばいいだけなのだが。
 利便性はある意味思いがけない出会いをなくしてしまいかねない。
 図書館には自分が知らない世界がうんとあるはずだ。
 だから、図書館は面白いのだ。

 この本の著者谷一文子(たにいち あやこ)さんはかつて図書館流通センター(TRC)の社長や会長をされた方で、現在も同社の取締役をしている。
 図書館流通センターは図書館への配本だけでなく運営にも関わっている会社で、近くのちょっと素敵な図書館があれば、もしかしたらTRCが運営しているかもしれない。
 最近の図書館には汚い暗い臭いといった3Kのイメージはない。
 すっかり明るくなった図書館だがそれでもまだまだ問題点はある。
 この本では著者が図書館とともに歩んできた日々だけでなく、現在の図書館事情や図書館の楽しみ方まで書かれていて、図書館に関わる人だけでなく図書館が好きな人にはたまらない一冊になっている。

 なかでもジャーナリストの猪谷千香さんやブックディレクターの幅允孝との二つの対談は刺激的で興味深いものだった。
 巻末には著者おすすめの図書館が日本だけでなく海外のもあって、行けなくても読んでいるだけでわくわくしてくる。
  
(2020/01/18 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  昨年2019年は
  作家で脚本家であった向田邦子さんの
  生誕90年の年でした。
  向田邦子さんが亡くなったのは52歳のことですから
  あの事故がなければ
  どれだけたくさんの名作を残してくれただろうかと
  きっと多くの人が
  思っているはずです。
  だから、こうして向田邦子さん関連本も
  まだ出るのでしょう。
  今日は
  『向田邦子の本棚』という本を紹介します。
  2019年11月に出たばかりの本です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  向田邦子さんが生きていたらまだ90歳                   

 本棚を見るとその人がどんな人なのかわかると、昔からよく耳にしました。
 だからでしょうか、著名人の本棚を写した本や雑誌を見るとつい見入ってしまいます。
 もっともそれでその人の性格がわかるということはなくて、本棚に並んだたくさんの本の数に圧倒されることがほとんどです。
 直木賞作家で脚本家であった向田邦子さんが台湾での不慮の飛行機事故で亡くなった1981年ですから、もう40年近くも前になります。
 向田さんが52歳の夏のことです。
 それでも向田さんの人気は衰えず、こうしてまた向田さん関係の本がでるのですから、不思議なものです。
 もしかしたら、その謎は向田さんの置いていかれた本棚を見ればわかるかもしれません。

 向田さんの蔵書は母校にあたる実践女子大学に約1300冊、幼い頃過ごした鹿児島にあるかごしま近代文学館に約300冊、そして妹である和子さんのところと分散されてはいるが、帰ることのない主人を待ち続けている。
 この本ではそんな蔵書の写真図版が無性に切なさを誘う。
 この本たちを向田さんはどんな気持ちで読んだことだろう。
 この本たちは向田さんにどんな影響を与えただろう。
 吉行淳之介や三浦哲郎などの同時代の作家たちの本、幼い頃父の蔵書から持ち出して読んだという「漱石全集」、谷崎潤一郎訳の『源氏物語』、新聞の切り抜きが挟まった辞典、向田さんが好きだった料理の本、本棚にはさまざまなジャンルの本が並んでいる。

 そんな写真とともに本について書かれた向田さんのエッセイ数篇。
 こんな素敵な本が並ぶと、本棚もすこしは誇らしく見えてくる。
  
(2020/01/07 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス