FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  谷川俊太郎さんが文を書いて
  あべ弘士さんが絵を描いた
  『えほん なぞなぞうた』を
  紹介します。
  2020年5月に出たばかりですが
  和田誠さんが生きておられたら
  もしかしたらこの絵本の絵は
  和田誠さんが描いていたかもと
  つい思ってしまいます。
  谷川俊太郎さんの絵本に
  和田誠さんはたくさん絵を描いていますし
  こういう謎解きのような絵は
  和田誠さん結構好きでしたから。
  もちろん、
  あべ弘士さんの絵も素敵です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  解けないなぞをサラリと解いて                   

 子供の頃に読んでいた雑誌にはよくなぞなぞが載っていました。
 例えば、こんな問題。
 「上は洪水、下は大火事、なーんだ?」。
 答えは「お風呂」ですが、昔は薪でお風呂を沸かしていましたから、当時の子供たちにはイメージしやすかったかもしれません。
 なぞなぞは大昔からあって、有名なのはスフィンクスが旅人に問いかけたものといいますから、まさに人類の歴史と重なります。
 ちなみにスフィンクスのなぞなぞは「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足。なーんだ?」。
 答えは「人間」。
 朝は赤ん坊のハイハイの姿で、夕方の三本足は杖をついている姿です。
 こんなふうに、うまいなぞなぞはウィットに富んでいます。

 この絵本は詩人の谷川俊太郎さんがこしらえてなぞなぞ集。
 奇数のページに問題があって、偶数のページには答えが載っています。
 例えば、こんな問題。
 「せかいじゅう どこにいっても よっつある/かせいにいっても あるのかな?」
 なぞなぞとしては、前段だけで成立していますが、後半をつけることで谷川さんの柔らかな文章になっているのがいい。
 なぞなぞ的には「なーんだ?」といれたいところですが。
 答えを書いてしまうのはよくないですが、よくできたなぞなぞなので、これだけは(文末に)書いておきます。

 ひとつひとつのなぞなぞとその答えに、あべ弘士さんの絵がついています。
 もちろん、問いについたあべさんの絵を見ても、残念ながら答えはわかりません。
 (文中のなぞなぞの答え:東西南北)
  
(2020/07/12 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  動物園にしばらく行っていない。
  子供たちが大人になって
  動物園を行くという機会がなくなったが
  小さい子供と行かなければならないということもない。
  大人の愉しみとして
  動物園があってもいいと思う。
  今日は
  あべ弘士さんの『エゾオオカミ物語』を
  紹介しますが
  よく知られているように
  あべ弘士さんはもともと
  旭川市の旭山動物園に25年間勤務されていた
  絵本作家です。
  動物の絵本なら
  あべ弘士さんといえるのではないでしょうか。
  だから、大人だって
  あべ弘士さんの絵本を
  愉しむのも
  あっていいと思います。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  生きるものたちを感じる絵本                   

 絵本は、絵と文の配分が絵の方が多いものをいうのだろう。
 文が多くなれば童話もしくは物語となって、絵は挿絵と呼ばれるようになる。
 だから、絵で多くを語ることになる。
 あべ弘士さんの、今は絶滅したエゾオオカミの物語を描いた絵本も、壮大な大河のような物語が文字で多くを語るのではなく、絵がそれを伝えている。

 ある寒い夜、小さなモモンガたちがふくろうから物語を聞く場面から始まる。
 まるで、年老い知恵者から昔話を聞くような始まりは、物語の導入部として期待が高まる。
 ふくろうが語り始めたのは、昔北海道に生息していたエゾオオカミのこと。
 あべさんはここで一匹のエゾオオカミの全身を描いている。
 ここからすでに物語は始まっている。
 かつて、シカと共存していたというエゾオオカミ。シカを殺して食べることでエゾオオカミは生き、シカもまた数のバランスを保っていたという。
 ある年、大雪が降って、シカがいなくなった。
 エゾオオカミは仕方なく村の馬を襲う。
 いのちのバランスが崩れた瞬間だ。
 人はそんなエゾオオカミを殺して、絶滅させてしまう。
 わずか100年ほど前のこと。

 あべさんの絵は写実ではないが、描かれる動物たちの鼓動が聞こえる気がする。
 強い鼓動であったり、深い息づかいであったりを感じることができるのが不思議だ。
 長大な抒情詩ともいえるこの作品で、文字数は限られているが、絵は多くのことを語っている。
 そう、まるで100年の時間のような悠久を。
  
(2020/07/05 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  6月28日。
  そして、明日は
  6月29日。
  この日にぴったりの絵本を見つけました。
  『1999年6月29日』。
  ね、ぴったりでしょう。
  作者はデイヴィッド・ウィーズナーさん。
  訳は江國香織さん。
  どんな物語かもしれないで
  手にしたのですが
  野菜がたくさん出て来るので
  うれしくなりました。
  でも、
  どうして6月29日なのでしょうね。
  今でもナゾです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  その日何が起こったか                   

 日付のある記憶というのは誰にもある。
 例えば、1978年4月4日キャンディーズの解散コンサートがあった日だとか、2011年3月11日の東日本大震災が起こった日というように。
 で、1999年6月29日には何があったか。
 絵本のタイトルになっているぐらいだから、きっと何かあったはずなのだけど、思い出せない。

 実はこの日、アメリカのニュージャージー州ホーホーカス(といっても、そこがどこなのかわからないが)である異変が起こったのだ。
 一人の少女の実験で、空から巨大な野菜が降ってきた日なのだ。
 巨大カブがごろり。巨大キャベツが何個も空に浮かび、巨大キュウリが空を飛ぶ。
 そして、少女の家の庭に巨大ブロッコリーがでんと着地。
 こんな大事件が起これば、記憶に残っているはずだけど。
 でも、これって絵本のお話だから。

 少女はあることに気がつく。
 それは自身が実験をしていない野菜まで巨大化して、空から降ってきていることだ。
 それはアルーギュラという野菜。
 この野菜自体あまりなじみがないので、どんな野菜かはこの絵本で確かめましょう。
 この絵本を描いたデイヴィッド・ウィーズナーさんは細かくて丁寧なイラストのような絵を描いているので、名前がわからなくてもどんな野菜かわかるようになっている。

 つまりは少女の実験と関係なく、1999年6月29日に大きな野菜が空から降ってきたのだが、その訳は絵本の最後で判明します。
 ヒント。宇宙のかなた。
 でも、彼らもカブを食べるのかな。
  
(2020/06/28 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は二十四節気のひとつ、
  夏至
  一年中で昼が一番長い日。

    夏至の日の手足明るく目覚めけり      岡本 眸

  しかも、
  今日は部分日食も見られるとか。
  夏至の日に日食があるのは372年ぶりだそうです。
  それに今日は父の日でもあります。
  まだあります。
  今日はさくらんぼの日でもあります。
  つまりは
  色々忙しい日曜日だということです。
  そんな日に紹介するのは
  星新一さん文、
  和田誠さん絵の
  『花とひみつ』。
  書影がみつからなかったので
  本の写真でどうぞ。

  じゃあ、読もう。

   20200619_094423_convert_20200619095058.jpg

sai.wingpen  和田誠さんと星新一さんがめぐりあった運命の一冊                   

 イラストレーターの和田誠さんは絵本作家でもあります。
 自身で文も絵も描くこともあれば、文は例えば谷川俊太郎さんのように他の人が書いて、和田さんが絵だけを描くということもあります。
 そのきっかけは自費で小さな絵本を作っていたそうです。そのうちにちゃんとした作家の人に原作を書いてもらえないかと、人を介して星新一さんにお願いしたそうです。
 すると星さんから直接電話がかかってきて、和田さんは絵本の原作をお願いします。
 その時の条件が自費なので原稿料は出せないけれど、本が出来たら10冊差し上げるというもの。
 星さんがこの申し出をどう思ったからわかりませんが、書いてくれたのがこの作品です。
 絵本というよりも、星新一さんのショートショートという感じの仕上がりです。

 2011年に刊行された「完全復刻版」には当時の奧付も載っていて、それによれば発行は1964年9月とあります。
 定価は350円。
 限定版400部とありますから、そのうちの10冊は星さんのところにいったのでしょうか。
 このあと子ども向けの星さんの本に和田さんはたくさん挿絵を描くことになります。

 先ほども書いたように、これは絵本というよりショートショート作品なので、和田さんの絵も作品の中のイラストのように思えます。
実際この作品は星さんのショートショート集でも読むことができます。
 初期の和田さんの線がこういうものだったのかを知るには欠かせない一冊ですが、和田さんの絵を楽しむというよりは星さんのショートショートを楽しむ、そんな一冊です。
  
(2020/06/30 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  あべ弘士さんの『みんな のせて』という絵本を
  紹介します。
  これは図書館の児童書のコーナーで
  見つけた絵本です。
  図書館の書架が解放されて
  特に児童書のコーナーを歩いてみられるようになったのが
  うれしい。
  図書館も明日から閲覧席の使用が解放されます。
  ただ密を避けるため
  席の数は少なくするようだし、
  入館時間も90分と決めているようですが
  これはなかなか難しいでしょうね。
  一人ひとりの自覚が
  コロナ第2波の感染を抑えることが
  できるのですから
  少し不便でも
  もう少しがまんしましょう。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  あべ弘士さんの描く動物たちの賛歌                   

 あべ弘士さんの絵本が好きだ。
 北海道で生まれたあべさんは旭川市の旭山動物園で飼育係をしていて絵本作家になった異色の絵本作家で、木村裕一さんの『あらしのよるに』シリーズの絵を担当して評価を高めた。
 その絵は細かいところまで丁寧に描くという画法ではないが、動物たちの命の躍動を感じさせる力強い筆運びがいい。
 そこには、動物たちとの共感がある。
 人間は人間だけでこの地球に生きているのではなく、動物たちとの共存で成り立っている。
 そんな強い意志のようなものを、あべさんの絵本から感じるのだ。

 この作品はどちらかといえば幼児向けだろう、北極の駅から特急動物園号が出発するところから始まる。
 まずは白クマ一家がご乗車。
 夜の雪野原を走って、次の駅サバンナに到着。ライオン一家がご乗車。
 キリンたちがいる広い原っぱを抜け、次のジャングル駅に停車。
 ここでチンパンジーの大家族が乗車。
 深い森を抜けるると、南極駅。ここではもちろんペンギン一家が乗り込む。
 そして、目指すは終点動物園駅。

 とても簡単なおはなしだけど、最後に書かれた「また、のりたいね。」の一文の通り、もう一度最初の駅に戻って旅をやりなおしたい気分になるのは、やはりあべさんの絵の力といっていいのではないだろうか。
  
(2020/06/14 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス