プレゼント 書評こぼれ話

  絵本は図書館で探すことが多く
  この季節で
  つい手がのびてしまうが
  いわむらかずおさんの
  「14ひき」シリーズ
  『14ひきのぴくにっく』。
  俳句の季語でいえば
  「野遊」でしょうか。

      野遊びのひとりひとりに母のこゑ       橋本 榮治

  この句のような光景が
  この絵本にはあります。
  この絵本、そういえば
  もう読んでいたことを思い出して
  今日は再録書評での紹介です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  いのちの春                   

 私が子供の頃、それはもうかれこれ半世紀も前にもなりますが、苗代の始まる前の田んぼには蓮華の花がたくさん咲いていました。
 蓮華の花の蜜が甘いと吸って試したものです。蓮華の花の首飾りも作ったりしました。あれは、誰と遊んだのでしょう。
 土筆(つくし)もたくさんありました。土筆をとっては甘く煮て、食べてものです。
 たんぽぽの黄色も印象に残っています。その当時のたんぽぽはうんと地面に這うように咲いていたように思います。あれは種が違うのでしょうか。
 そんな草花がどこにでも咲いていました。春とは植物の息吹を感じる季節だったのです。
 残念ながら、今はそんなことを感じることがなくなりました。でも、本当は今でも春は生き生きとした命を育んでいるのではないかしら。もしかすると、大人になった私が春の近づきを見つけられなくなっているのかもしれません。

 いわむらかずおさんのお馴染みの「14ひき」のシリーズで、春を見つけに行きました。
 今回の14ひきのねずみたちは、「みんなで、はるの のはらへ でかけよう」と、楽しくピクニックです。
 もちろんそこはいわむらさんの絵本ですから、ピクニック前の準備の時間の楽しそうなこと、森に咲くすみれに、やまぶき、ちごゆり、ふでりんどう、きっとどこかで見たはずなのに、いわむらさんの筆に初めてお目にかかるような草花たち。森を抜ければ、そこには広い野原がひろがっています。
 ひかり、風、いのち、空、雲、空気。
 ちょうちょのりぼんにびっくりしているのは誰でしょう。

 14ひきが池のなかに見つけた蛙のたまご。そういえば、子供の頃には生き物だってたくさんそこに命を育んでいました。
 蛙のぬるっとしたたまごから、おたまじゃくしがわぁーと生まれてくるのを、現代の子供たちは知っているのかな。水すましが温んだ水の上をスイスイと滑っているのを見たことがあるのかなあ。
 14ひきのねずみたちの絵本の世界で初めて知るのかもしれません。

 全体に淡いみどりの色で描かれたこの絵本のテーマは、春。命の歓声。わきあがる力。
 この絵本を読み終わったら、14ひきのねずみたちと本当の野原に出かけたくなります。
  
(2012/04/01 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  入学式の季節です。
  私の住んでいるあたりでは
  明日あたりが小学校の入学式でしょうか。
  今日は
  柳田国男の『遠野物語』を絵本にした
  『えほん遠野物語 かっぱ』を
  紹介するのですが、
  そういえば
  子供の頃「カッパ」という
  あだ名を頂戴していたような。
  「ウマ」とも呼ばれたような。
  いずれもあまり有り難くないあだ名ですね。
  そんなあだ名で呼ばないように
  しましょうね。
  良い子のみなさんは。
  京極夏彦さん文、
  北原明日香さん絵の
  面白い絵本です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  遠野の河童は赤いそうだ                   

 私の世代、昭和30年代生まれであるが、で「かっぱ」といえば、水木しげるさんの『河童の三平』がすぐ頭に浮かぶ。
 あるいは、鳳啓介と京唄子の漫才コンビでよく京が相方の鳳に対して「カッパ」と罵倒していたことも思い出す。
 その当時かっぱには市民権があって、かっぱというだけでどういう形態の生き物(妖怪?)かということが想像できたものだ。
 現代の子どもはどうだろう。

 柳田国男の『遠野物語』を絵本にアレンジしてシリーズ化されていて、その中の一冊が「かっぱ」を描いた作品になっている。
 「遠野の川には、河童が多く棲んでい」て、この川に棲む河童は「他の土地と違って」顔が赤いという。
 こういう時の「赤」はなんとなく怖い。
 最初、川のふちに付いた河童の足跡を見つけた子どもの後ろにそおっと佇む赤い影などは本当に怖い。
 また別の言い伝えとして、馬にいたずらをしようとして捕まった(その容姿の割にはあまり強くないようだ)河童のそおっと差し出された赤い手は怖いけれど、村の人に二度といたずらをしないと約束して逃がしてもらった話など、なんだかかわいそうになる。

 あるいは、村の娘に生まれた河童の赤ん坊の話。最初は怖い話の気配がするが、その子を棄てにいった村の男が見世物にしてしまおうかと悪知恵を働かせるなど、もしかした人間の方が河童よりよほど悪い。
 この男に売られることなく、この赤ん坊はいなくなってしまったそうだが、河童であったのかもしれないが、その方がずっと仕合せだったにちがいない。
  
(2018/04/08 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日から4月
  新たな気分で窓を開けたくなる、
  そんな月です。

    教室に世界地図ある四月かな      明隅 礼子

  春、一年生になる子どもにとって
  とってもわくわくする頃。
  そんな君に
  今日は素敵な絵本を紹介しましょう。
  角野栄子さん文、
  大島妙子さん絵の
  『一年生になるんだもん』。
  この絵本を開きながら
  「もう字読めるもん」と
  えらそうにしている子どもの姿が
  見えるようです。

    入学児手つなぎはなしまたつなぐ     右城 暮石

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  国際アンデルセン賞を受賞した角野栄子さんの絵本です                   

 この絵本の作者は、先日国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれた角野栄子さんです。
 作家賞は日本人として、まど・みちおさん、上橋菜穂子さんに続いて、3人めになります。
 角野さんの代表作といえば、『魔女の宅急便』になるのでしょうが、たくさんの作品を書かれていますから、手にとってみるのもいいと思います。
 角野さんは受賞後のインタビューで「自分の言葉を持つことは世界を広くしてくれる」といい、「読書が子どもに与えるのは言葉」で、言葉は自分を表現するための力になると語っています。(3月31日付日本経済新聞朝刊)
 それは長い物語だけでなく、この作品のような絵本でも同じだと思います。

 この絵本では春に一年生になるさっちゃんという女の子の、入学前と入学式当日の様子を描いていますが、絵本ですがたくさん文字がある作品になっています。
 明日入学式という前の夜、たくさん星が出ている空を見上げながら、さっちゃんとお母さんが会話をする場面があります。
 何気ない三つの会話の中に、さっちゃんの一年生になる不安と期待と喜びが込められています。そんなさっちゃんにお母さんの答えも短いけれど、暖かいものです。

 きっとこのようにして幼い読者は言葉の力を自然と身につけていくのでしょう。
 一年生になったさっちゃんがこれから出会うだろうたくさんのことがらに祝福をおくりたくなるような絵本です。
 そして、そんな角野さんの文章に負けないくらい、大島妙子さんの絵も素敵です。
  
(2018/04/01 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  昨日、マイケル・ボンドさんの
  『くまのパディントン』を紹介したので
  せっかくですから
  もっと有名なくまのお話を
  こちらは再録書評
  紹介します。
  A・A・ミルンの「くまのプーさん」ですが
  紹介するのは
  2014年に出た
  阿川佐和子さん訳の
  『ウィニー・ザ・プー』。
  『くまのプーさん』としては
  石井桃子さんが訳した作品があまりに有名だったので
  こういうタイトルになったのでしょうね。
  今回再録するにあたって
  書評タイトルは変更しています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  こちらのくまさんもどうぞ                   

 海外の古典が新しい人の新訳で翻訳される潮流が続いている。
 新潮社が刊行を始めた「新潮モダン・クラシックス」も、そのひとつ。
 最初の2冊は児童書というのもうれしいし、訳者も馴染みのある人をあてている。
 2冊のうちの一冊が、タレントでエッセイストの阿川佐和子さんが訳したこの本である。
 もちろん、石井桃子さんの訳の『くまのプーさん』で、広く読まれてきた作品だ。
 今も岩波少年文庫の代表作として、人気が高い。

 しかし、『くまのプーさん』は新潮社としてもゆかりのある作品だ。
 新潮社の看板でもある新潮文庫の一冊として昭和17年(1942年)に刊行されているのだ。新潮文庫版の訳者は、石井桃 子さんではなく、松本恵子さん。タイトルは『小熊のプー公』だったそうだ。
 「○○公」という言い方に時代を感じる。
 そんな新潮社から出た阿川新訳の題名は、カタカナ表記になっている。
 あまりにも『くまのプーさん』というタイトルが浸透しているから、カタカナ表記にするとそれが石井桃子さんが訳した同じ原作のものとは思わないかもしれない。
 新訳ということで新しさを強調したかったのだろうが、ここは『くまのプーさん』でよかったのではないだろうか。

 こういう新訳がでた場合、特に旧訳があまりに有名な時は、この言い方が違うとかあのニュアンスが合わないとかつい言いたくなるものだ。
 けれど、そういう読み方は普通の読者はあまりしない。
 阿川佐和子さんが訳した『くまのプーさん』を純粋に楽しめば、それでいいのではないだろうか。
 ずっと以前に、それは昔といってもいいくらいの歳月だが、石井桃子さん訳の『くまのプーさん』を読んだが、そのなかの一文一句を覚えていることはない。
 まったく新しい物語として、阿川佐和子さん訳の『くまのプーさん』を楽しむべきだ。

 先に書いてしまえば、とても面白かった。
 これも変な既視感だが、挿話ひとつひとつにディズニーのアニメの一場面が目に浮かんだのも、読書として幸福であったかどうかはわからない。
 ただ、この物語がいつ読んでも誰の訳であれ、ユニークで晴朗なものだというのは、やはり原作の力だと思う。
 『くまのプーさん』、ここでは『ウィニー・ザ・プー』はそれほど面白い物語なのだ。
  
(2014/05/28 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  先日、CSで
  2014年に公開された映画「パディントン」を
  見ました。

  

  この原作が確か児童文学にあることは
  知っていましたが
  その内容は知りませんでした。
  映画があまりに面白かったので
  原作を読んでみようと
  図書館で借りて読んだのが
  今日紹介する
  マイケル・ポンドさんの『くまのパディントン』。
  映画とは随分違いましたが
  こういう愉快な本を
  子供の頃に読んだ人って
  仕合せだろうなって
  思いました。
  春休みにはいって子供たち。
  この本、面白いよ。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  あなたはどっちのくまが好き?                   

 世界で一番有名なクマといえば、フィギアスケートの羽生結弦選手も大好きな、あの黄色いクマ、「クマのプーさん」だろうか。
 原作はイギリスのA・A・ミルンが1926年に発表した児童文学。
 実はもう一頭、世界中から愛されているクマがいる。
 それが、マイケル・ボンドが1958年に発表した、これもイギリスの児童文学である。
 日本で松岡享子さんによって翻訳されたのが1967年。
 以来、パディントンはプーさんにまけないくらいの人気者なのだ。

 このパディントンという名前はイギリスの駅名からつけられている。
 最初このくまをブラウン夫妻が見つけたのが「パディントン駅」のプラットホームだったから。日本でいえば、「シブヤ」とか「シンジュク」なのでしょうか。
 偶然出会ったこのくまはなんと英語が話せるのです。しかも、「暗黒の地ペルー」から密航してきたというのです。
 そこでブラウン夫妻は自宅にこのクマを連れて帰ることになります。
 いくら英語が話せるといっても、しょせんくま。
 やることなすこと、大騒ぎのたねをまいているようなもの。
 それでもブラウン一家は決してこのくまを家から追い出そうとはしません。
 なんとも幸福なくまであることはまちがいありません。

 それにしてもイギリスは児童文学の宝庫です。
 子どもの頃から、こんなにかわいいくまが何頭もそばにいるのですから。
 きっと「プーさん派」とか「パディントン派」とかあったりするのでしょうか。
 そうやって教室にたちまち騒動がおこるのも楽しそうです。
  
(2018/03/27 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス