プレゼント 書評こぼれ話

  茨木のり子のなにげない表情が好きだ。
  例えば、今日紹介する
  平凡社コロナブックスの一冊
  『茨木のり子の献立帖』の
  表紙にあるような。
  私の母は茨木のり子と同い年であったが
  茨木のり子のように
  詩を書くわけでもなく
  献立帖を残すわけでもなく
  働きながら
  それでも夫や子供のために
  料理を作ってくれた。
  その点、やはり茨木のり子
  とてもセンスのいい奥さんであったような気がする。
  同じ時代に生きても
  やはり詩人はどことなく
  ちがうものなのだろう。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  稲妻のような真実                   

 霞を食べて生きるのは仙人であって、詩人ではない。
 もとより詩人だって人間であるから大根をかじり焼き魚をほじくり、スープをすする。いやいや、食するだけではない。
 詩人だって台所に立って、今夜の晩御飯のメニューに頭を悩ます。お買い物に出て旬のものに心を動かす。ましてや愛する人のためならば。
 詩人茨木のり子は昭和24年に23歳で結婚した。相手は鶴岡出身の医師三浦安信。茨木は彼のことを日記で「Y」と呼んだ。
 茨木の遺品を見ると、それは彼女の性格なのか、こまめに日記や自身が書いた記事などのスクラップが残されている。
 そのなかにはメモやノートに残された色々なレシピもある。

 この本では茨木の手書きのそんなレシピが写真図版で紹介されていて、多分そのレシピで作ったのであろう料理の写真まで収められている。
 例えば、ちぢみ、例えば、茶碗蒸し、例えば、チーズケーキ。
 茨木の使っていた台所の図面やそこに残されていた食器や冷蔵庫の写真を見れば、そこに立って料理をしている茨木の姿がすっと立ち上がってくるような気がする。
 きっとそんな茨木を女性の読者ならもっと身近なものに感じるだろう。
 女性に愛された詩人は、当たり前のように日常で料理し、愛する夫と食卓を囲った。
 
 しかし、そんな幸福な時間も長くはなかった。
 1975年、茨木が49歳の時、夫三浦安信は亡くなる。
 茨木はそのあと79歳で亡くなるまでの時間を自分のために作りつづけることになる。
 詩人が残した「歳月」という詩のおわりにこうある。
 「稲妻のような真実を/抱きしめて生き抜いている人もいますもの」。
 それこそ茨木のり子だったにちがいない。
  
(2017/09/02 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  俳句を作りだしたのは
  いつの頃であったか
  よく覚えていない。
  きっかけもそうだ。
  会社員として働いていて
  忙しい時間の中で
  ふっと作れることに魅力を感じたのかもしれない。
  教本となる入門書は
  何冊か読んだが
  真面目に勉強したとは言い難い。
  だから、
  こうして今でも勉強している。
  今日は
  俳人の佐藤郁良さんの
  『俳句のための文語文法 実作編』という本で
  文法を勉強します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  悩まずに、まずは詠んでみよう                   

 俳句にはさまざまな縛りがある。
 例えば、五七五の文字数だとか季語が必要とかだ。
 それに反して自由俳句があるが、それはあくまでも短詩であって俳句とは違うと私は思っている。
 縛りがあって、その中で世界を詠むことこそが、俳句の魅力ではないだろうか。
 縛りということではないが、文語で詠むことが多い。口語体で詠まれることがないわけではないが、多くは文語体で詠む。
 俳句は短詩であるから口語体よりも文語体の方が詠みやすいということもある。

 そこで、この本のように俳句のための「文語文法」を学習する必要がでてくる。
 文法となると中学高校の時に習ったはずだが、すっかり忘れている。
 忘れていても話すことや書くことには支障がない(と思っているが、案外言葉の使い方でこっそり笑われていたりする)。
 俳句の場合もそうだ。
 短い創作だから、つい文法に関係なく詠んでしまったりする。
 しかし、この本を読むと、自分が言葉の使い方を知らないまま(連体形とか体言止めとか言われて困ってしまう)、詠んでいることに気づく。

 難しいのだが、この本を読むと難しく感じないのはどうしてだろう。
 多くの例句で具体的に示されているからわかりやすいということもある。
 それにはじめに「切字」の用法というのも、俳句の本らしいではないか。「や」とか「かな」とか「けり」である。
 ここで頓挫しても、俳句を学んだ気分になるのではないだろうか。
 各単元の終りにある「実作の課題」がいい。腕だめしをしてみるのもいい。
  
(2017/08/17 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  私は正岡子規が好きである。
  というか、
  正岡子規のように生きたいと
  すでに正岡子規の人生の倍近くまで生きていながら
  それでも
  正岡子規の生き方を真似ることの難しさに
  圧倒される。

    僕はモーダメニナツテシマツタ、

  有名な夏目漱石に宛てた手紙の一節だが
  それでも一生懸命に生きようとした正岡子規
  せめて何百分の一でもあればと思わないわけではない。
  まだまだだよね、ノボさん。
  最後に正岡子規の俳句から。

    薪をわるいもうと一人冬籠

  「いもうと」はさんである。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  子規のように生きたい                   

 2017年は正岡子規の生誕150年にあたる。
 慶応3年(1867年)生まれではあの夏目漱石も同じで、だから同じ生誕150年であってもどうしても漱石の方が目立ってしまうのだが、さすが岩波新書だけあって、こうして子規関連の本も刊行された。
 著者の復本氏は近代俳論史を専攻しただけあって、すでに子規関連も多数ある。
 もっとも子規の人生は晩年の「病床六尺」の生活のあと、わずか36歳の短い一生であったから、手にあまるような著作も残していない。しかし、その業績といえば、これがわずか36歳のいのちであったかと思えるほどに、繁盛している。

 子規の手紙や『病床六尺』や『墨汁一滴』などの随筆、あるいは「筆まかせ」などの文章から、読者を勇気づけることばを選んで編まれている。
 選ばれたことばは80に及ぶが、「泣 生きているから、弱音をはく」「希 病んでいるから、望みをもつ」といったようにいくつかの単元に分かれている。
 だが、そもそも子規はどういう人物であったのか。
 何故彼が150年も経て、今なお私たちに勇気を与えるのか。

 「はじめに」で復本氏が紹介している「無邪気な人を愛する。謙遜な人を愛する」で始まる佐藤紅緑の言葉がわかりやすい。
 なかに「好んで人の言を容るる」などは強引そうな子規の顔からは想像しがたい、柔軟な性格を持っていたと思わせる。
 今でいえばボスの風格があったのだろう。
 それでいて、愛される可愛さのようなものも持ち合わせていたのだろう。

 子規が「病床六尺」の世界で描いたすべてが「人生のことば」にちがいない。
  
(2017/07/13 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日から7月
  梅雨明けも近いかも。
  今日は岩波文庫の最新刊で
  谷川俊太郎さん編の
  『まど・みちお詩集』を
  紹介します。
  岩波文庫の詩集を楽しみにしていて
  先に『大岡信詩集』が出て
  さあ次は誰だろうと楽しみにしていました。
  そこに、まど・みちおさん。
  直球というより
  私にとっては変化球。
  でも、ストライク。
  早く吉野弘さんの登場に
  ならないでしょうか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  写生眼                   

 童謡「ぞうさん」を歌わなかった大人はいないのではないだろうかと思ってしまうくらい、あの「ぞうさん/ぞうさん/おはなが ながいのね」は有名だ。
 その作詞をしたのが、まど・みちおさん。
 1909年に山口県に生まれて2014年2月に104歳で亡くなった詩人。
 まどさんが作った「ぞうさん」が初めてNHKラジオで放送されたのは1952年、まどさん43歳の時である。
 その「ぞうさん」について、この文庫の編者でもある詩人の谷川俊太郎氏は巻末のエッセイで、「詩として見た場合にはさほど優れたものではなく」と、辛辣だ。そして、この童謡の人気が高い要因を作曲者の團伊玖磨の功績としている。
 しかし、まどさんはこの作品のあと年を経ることにどんどん愛されていったことは間違いない。
 そこにはいくつかの要因があるが、短命で名を成す人もいれば、まどさんのように長寿でその真価が発揮される人がいる。
 まど・みちおさんという詩人はそういう人だろう。

 この文庫ではそれぞれの単元の冒頭に、まどさんのエッセイが載っている。
 まどさんの詩に触れることはあってもなかなか散文に触れることは少ないから、これはありがたい。
 その中にまどさんが敬愛していた北原白秋の詩に関して綴った文章がある。そこでまどさんは白秋の独特の擬音語を「白秋の写生眼から生まれた」と表現している。
 写生眼。その言葉はまどさんにもあてはまる。
 「するめ」と題された詩。「とうとう/やじるしに なって/きいている//うみは/あちらですかと・・・」。
 これこそ、いのちをみつめるまど・みちおの写生眼だ。
  
(2017/07/01 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  楠木新さんの
  『定年後』という本を読んで
  色々考えさせられることが多いのですが
  今日紹介する
  金子みすゞの『わたしと小鳥とすずと』も
  そういうことでは
  定年後の私たちのことを
  詠った童謡だとも言えます。
  定年後の過ごし方など
  金子みすゞがいうように
  「みんなちがって、みんないい。」のです。
  答えなんかはどこにもない。
  定年後をいかに生きるかということこそ
  その答えになるのだと思います。
  たまには
  金子みすゞなんかを朗読してみる
  定年後の生活であってもいいのではないでしょうか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  みんなちがって、みんないい。                   

 金子みすゞは明治36年に生まれ、昭和5年、26歳の若さで自死した童謡詩人です。
 その悲劇性と詩の清らかさが相まって、度々ドラマ化されるほど人気がありました。特に2011年3月11日の東日本大震災のあと、何度も繰り返しテレビで流された「こだまでしょうか」は、私の心を祈りの感情で満たしました。

 どうして金子みすゞは自死したのでしょう。
 それにはきっと様々な理由が重なったと思います。一説には不仲(のちに離婚)だった夫との確執がいわれていますが、本当のことは誰にもわからないでしょう。
 誰にもわからないから、金子みすゞはどんどん作られていったのだと思います。
 もし、私たちにできるとすれば、彼女がうたった童謡を私たちがどう感じ、どう思うかということだけなのではないでしょうか。

 「赤信号みんなで渡れば怖くない」、昔流行ったギャグですが、私たち日本人の性格をよく言い表しています。
 集団心理というのでしょうか、みんなと同じであれば安心だし、みんなと違えばどことなく不安。できればみんなと同じようでありたい。
 けれど、明治生まれの金子みすゞはそうではなかった。
 表題詩でもある「わたしと小鳥とすずと」の最後のくだりでこう書きます。
 「みんなちがって、みんないい。」と。
 柔らかな童謡で、生きる上でとっても大事なことがさらっとうたわれていることに今さらながら驚きます。
 金子みすゞのこの一言が、彼女の生涯も、彼女が伝えたかったメッセージも、すべて含んでいるように思えます。
  
(2017/06/17 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス