プレゼント 書評こぼれ話

  昨日第156回芥川賞受賞作
  山下澄人さんの『しんせかい』を
  紹介したので
  今日は芥川賞関連の一冊を。
  小谷野敦さんの
  『芥川賞の偏差値』。
  毒舌という言葉がありますが
  この本の小谷野敦さんも
  ズバズバ書いております。
  思わず、
  こんなこと書いちゃって怒られないのって
  心配するくらい。
  まあズバズバ書いたから
  正しいということはないですが。
  小気味いいことは
  間違いない。
  私もこんな風に
  云ってみたいけど…。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  文学の評価は難しい                   

 「偏差値」というのは、「集団の平均値よりもどれくらい上または下に偏っているかを、標準偏差を目盛りとして表すものである」と調べると出てくる。
 わかったようなわからないような説明だが、そういう「偏差値」に悩まされて人は成長していくともいえる。
 この本でいえば、芥川賞の「受賞作の中での偏差値」とある。
 点数の方がわかりやすいと思うが、文学には似合わないと著者はいう。
 じゃあ、「偏差値」が合うかというと、さてどうだろう。

 著者の小谷野敦氏は比較文学者だが、小説家でもある。
 かつて2度芥川賞の候補にもあがっているが、受賞には至っていない。
 そういう感情って、「偏差値」に影響しないのだろうか。
 それは措くとして、この本のいいところは一番近い第156回芥川賞の、山下澄人氏の『しんせかい』(偏差値は48だが)まで網羅していることと、受賞作の表紙画像が初書籍化当時のものを使っている点だろう。

 なんといっても表紙画像を見るだけで、帯に「芥川賞受賞」という文字が躍っているのが目につく。
 この本で見ると、第10回受賞作『密猟者』(寒川光太郎)で、すでにその文字が見える。
 そういう点では、芥川賞という賞が宣伝効果を持っていることは事実だし、読書をするかどうかの判断基準のひとつとして、芥川賞に限らず賞の効果はあるのだろう。

 芥川賞と直木賞の人気の差であるが、小谷野氏は受賞発表の掲載誌の違いをあげている。
 文学なんかに興味もない人も雑誌「文藝春秋」は読む。一方の「オール讀物」は読まない。
 なるほど。そうかもしれない。
  
(2017/04/14 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  この春から始まった
  NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」は
  人気脚本家岡田惠和さんの作品で
  ナレーションが
  女子マラソンの増田明美さんには
  びっくりしました。
  東京オリンピック前の
  昭和39年の東京。
  楽しみにしています。
  そして、
  もう一つ話題なのが
  倉本聰さんが脚本を書いた「やすらぎの郷」。
  こちらは未見なので
  なんともいえないのですが
  話題を集めているようです。
  そして、
  今日紹介するのは
  第156回芥川賞受賞の
  山下澄人さんの『しんせかい』。
  山下澄人さんは
  倉本聰さんの富良野塾2期生なのです。
  そういうつながりで
  今日のこぼれ話を書きました。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  川上弘美は「口ごもる」と評価している                   

 第156回芥川賞受賞作。(2017年)。
 受賞の報道などで周知だろうが、作者の山下澄人氏は脚本家倉本聰氏が主宰した「富良野塾」の2期生で、そうなるとこの作品に出てくる【先生】は倉本氏のはずで、どこまでが実体なのか興味はあるが、それが作品の評価に当然ならない。
 ただ、読む前の興味としてはすごくあった。
 ここに書かれているのが事実なのか、山下氏は受賞後のインタビューで「記憶にあることを使ったというよりは、ないことを足がかりにした」と述べている。

 この作品の評価はすこぶる低い。
 選考委員が十人になって伯仲したかというとどうもそうではないようだ。
 「今回はまったく刺激がなかった」と選評で書き起こした村上龍委員は、この作品の受賞が「熱烈な支持も、強烈な拒否もな」かったと書いている。その上で、「つまらない」と断じている。
 さらに宮本輝委員は主人公の青年の寡黙さは語彙不足で「それはじつは作者その人の語彙不足なのではないか」とまで書いている。

 私はそれでもこの作品は面白く読んだ。
 19歳の、なんの目標もない、浮遊物のような青年がひょんなことから演劇の道にはいっていく。その【谷】での生活は、あの青春という時期でしかたどり着けない空間であったと思う。
 その点では吉田修一委員の「一流の青春小説」という評価に近い。

 ただ、文体のあちこちに【先生】である倉本氏の代表作「北の国から」の主人公純の口ぶりのようなものがあって、いささか苦笑してしまった。
  
(2017/04/13 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  昨日第156回芥川賞直木賞が発表されました。
  芥川賞
  山下澄人さんの『しんせかい』。
  直木賞
  恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』。

  

  山下澄人さんは倉本聰さんの富良野塾の卒業生です。
  受賞作も
  著者自身「私小説」と呼んでもいいというぐらいですから
  これは面白そう。
  一方の恩田陸さんは
  すでに『夜のピクニック』で第2回本屋大賞を受賞している程ですから
  新人というか
  中堅というか
  大物ですよね。
  まあそれでも受賞はうれしい。
  今日は芥川賞直木賞を記念して
  文春文庫から出たばかりの
  川口則弘さんの『芥川賞物語』を
  紹介します。
  もちろん、
  この本にはまだ山下澄人さんのことは
  載っていません。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  日本人は芥川賞が大好き                   

 この文庫本のもととなるバジリコ版の単行本が出版されたのは2013年の1月で、書かれているのが日本でもっとも有名な文学賞である芥川賞の歴代受賞劇にかかる悲喜劇事情である。
 当然そのあとも芥川賞は営々と続いているわけで、今回の文庫化にあたっては単行本化のあとの第148回から第155回分が追記されている。
 ちなみにこれらの回の受賞作を即座に言える人は少ないのではないだろうか。
 言えたとしても又吉直樹氏の『火花』(第153回)か、せいぜい前回の第155回の『コンビニ人間』(村田紗耶香)ぐらいだろう。
 二つの間の第154回の受賞作すら忘れている人は多いのではないか。

 発表時には注目される。
 しかし、それがいつまでも続くわけではない。
 そのあたりにことを川口氏は文庫本の版で「何十年やっても、百五十回以上やっても、結局深く興味をもつのは一部のマニアだけで、大多数に浸透することはなかった」とし、だからこそ「長年にわたって芥川賞が注目を保ちつづけている理由」と、煙にまくような説明をしている。
 私が考えるのは習慣である。
 芥川賞は単なる習慣に過ぎなく、習慣ゆえに人々は安心しているだけのような気がする。
 さらには出版事情とも密接につながっているから、この賞があるだけで本の売れ行きにも影響することは間違いない。

 芥川賞の一方で直木賞がある。
 著者の川口氏は「文庫版あとがき」にでも、自身が直木賞好きであることを告白しているが、残念ながらこうして文庫本化されるのは芥川賞の方だ。
 つまるところ、日本人は芥川賞が好きなのだ。
  
(2017/01/20 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  連休明けで
  気が重いなと出勤した人も
  いつものコンビニにはいれば
  いつもの生活を取り戻せたのではないですか。
  今日は
  第155回芥川賞受賞作
  村田沙耶香さんの『コンビニ人間』を
  紹介します。
  村田沙耶香さんといえば
  受賞のインタビューでもまだコンビニで働いていると
  評判になって
  なんだか全くの新人が受賞したみたいですが
  実はすでに野間文芸新人賞三島由紀夫賞を受賞している
  新進気鋭の作家なのです。
  この受賞作も
  とてもいい作品です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  文学とはこうでなくては                   

 第155回芥川賞受賞作。(2016年)
 選考委員の村上龍氏から「このような作品が誕生し、受賞したことを素直に喜びたい」と最上級の賛辞を得たこの作品は、近年の芥川賞受賞作の中でも上質であろう。
 何よりも読んでいて楽しい。それは読書という体験ではとても大切な心の振幅だと思う。エンターテイメントな作品だけでなく、純文学と呼ばれる作品でもあってもそれは欠かせない資質のようなものだと思う。
 山田詠美委員はこの作品を選評で、「候補作を読んで笑ったのは初めて。そして、その笑いは何とも味わい深いアイロニーを含む」と記しているが、これも小説の本質をついている。

 30いくつになってもコンビニのアルバイトしか就業の経験もなく、結婚もましてや恋愛さえも知らないこの物語の主人公恵子は、少し社会の基盤からずれた存在かもしれない。
 しかし、村上龍氏が書いているように、彼女は「実はどこにでもいる」のだろう。
 惠子のようになるのではなく、恵子のまま、その形態はさまざまであっても、社会と同化できない人やそのような性格は「どこにでもいる」。
 そして、恵子の場合と同じように、そんな人間を受け入れてくれる世界が必ずある。
 大きくいえば、今という現在そのもの全体がそうなのかもしれない。

 惠子の場合はコンビニという空間があるがゆえに「コンビニ人間」になりえたが、もっと大きな空間に抱き留められた人間はなんと呼べばいいのだろう。
 楽しい読書体験の、先にあるものは深い思索だ。
  
(2016/09/20 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  永六輔さんの訃報
  各界から悲しむ声があがっています。
  特に黒柳徹子さんの
  「永いこといいお友達でいてくださってありがとう」という
  コメントは胸にぐっときました。
  永六輔さんのラジオ番組で
  こんな話を聴いたことがあります。
  お父さんを亡くされて
  悲嘆にくれる若い娘に
  永六輔さんはこんなことを言ったそうです。
  「よかったね、お父さんが先になくなって。
  もし、あなたが先ならお父さんはどんなに嘆かれたでしょう」
  永六輔さんは
  死の順番をとても大切にされていたんですね。
  今日紹介するのは
  第154回芥川賞受賞作
  滝口悠生さんの『死んでいない者』。
  この作品はお通夜が物語の舞台になっています。
  来週には新しい芥川賞直木賞が発表されます。
  それまでに読めて、
  ホッとしています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  死者と生者                   

 第154回芥川賞受賞作(2016年)。
 同時受賞となった本谷有希子さんの『異類婚姻譚』を楽しく読んだが、本作はそれ以上の出来と思われた。
 通夜に集まった親戚や友人の言動を通して生きることの本質に迫っている。
 登場人物があまりに多くて、関係性がこんがらないでもない。また、これだけの親戚が集まれば出来のいい人や出来の悪い人が出てきて当然だが、少々類型化していなくもない。
 それでも、この作者の巧さに舌をまいた。

 選考委員の宮本輝委員は滝口氏を「相当したたか」と評している。奥泉光委員は「傑作と呼んでいい」と絶賛である。
 村上龍委員は「作品の視点・語り手の所在」の曖昧さに拘っている。選評では小津安二郎のカメラワークまで出しているが、この作品は小説だから成立したものだと思う。これを映像化するのはなかなか至難であろうが。もし映像化するならやはり孫の一人の知花が主人公になる視点になろうか。

 選考委員は指摘していないが、問題はラストではないかと思う。
 テレサ・テンのヒット曲が出て、一気にラストの場面になっていくが、このあたりは直木賞的になっている。
 よく書けている作品は面白いゆえだ。それを突き詰めれば直木賞との境界がますます曖昧になるだろう。
 この作品が直木賞受賞作といわれてもおかしくないものを持っていることは、この作品を落し込める理由にならないが、いい作品のさだめのようなものだ。

 選考委員の数人が友人「はっちゃん」の挿話を買っていたが、私もそう思う。
 その箇所の視点がとてもいい。
  
(2016/07/13 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス