FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  総合誌「文藝春秋」9月号に掲載された
  第161回芥川賞の選考委員の選評を読んで
  一番驚いたのが、
  そして感銘を受けたのが
  川上弘美委員の選評でした。
  その中で
  川上弘美委員は古市憲寿さんの作品について
  こう記しています。

    小説家が、いや、小説に限らず何かを創り出す人びとが、
    自分の、自分だけの声を生みだすということが、
    どんなに苦しく、またこよなく楽しいことなのか、
    古市さんにはわかっていないのではないか。

  古市憲寿さんの作品への批判ですが
  そこには川上弘美さんの
  創作にかかわる姿勢がうかがえます。
  今日は第161回芥川賞受賞作
  今村夏子さんの『むらさきのスカートの女』を
  紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  「むらさきのスカートの女」は本当にいたのだろうか                   

 第161回芥川賞受賞作。(2019年)
 選考委員の選評を読むと、おおむね好評で、宮本輝委員は候補作の中でこの作品だけが「人間というミステリアスな存在へと筆を向けていた」と褒めている。
 今回が最後の選考委員となる高樹のぶ子委員の評がこの作品を端的に語っているように思った。引用すると「語り手と語られる女が、重なったり離れたりしながら、最後には語られる女は消えて、その席に語り手が座っている。」となる。
 タイトルの「むらさきのスカートの女」が「語られる女」で、「語り手」である「わたし」は「黄色いカーディガンの女」として登場する。

 小説で「わたし」として語られる「一人称」の場合、当然自分が見た世界だけが描かれることになる。
 この作品でも「むらさきのスカートの女」の奇行ともいえるさまざまな行為は「わたし」の視点で描かれているはずだし、同じ職場で働きだした女の職場での行為を克明に描けるとすれば「わたし」は女の近距離にいたことになる。
 それでいて、女は「わたし」の存在にほとんど気づかない。
 まるで女の視界に「わたし」がいないかのように。

 いや、「むらさきのスカートの女」こそ最初から不在であったかもしれない。
 まさに最後の場面で二人の女が入れ替わったような印象を残しているが、入れ替わったのではなく、最初からの不在を証明したのではないだろうか。
 堀江敏幸委員は「いびつさをなにか愛しいものに変えていく淡々とした語りの豪腕ぶり」と選評に書いているが、その豪腕ぶりを今後も期待したい。
  
(2019/08/29 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は憲法記念日

    憲法記念日天気あやしくなりにけり      大庭 雄三

  昨日、東京・荒川の
  ゆいの森あらかわのことを書きましたが
  そこには吉村昭記念文学館があって
  吉村昭さんの原稿とか創作ノート、
  生前執筆していた書斎など
  作家記念館としてもりっぱなものです。
  現在は「吉村昭と俳句」という
  企画展も開催しています。
  順番に見ていくと
  その最後には
  奥さんである津村節子さんのコーナーもあります。
  今日はそんな吉村昭さんでなく
  奥さんの津村節子さんの芥川賞受賞作
  『玩具』を紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  この作品で描かれた夫は吉村昭がモデルかな                   

 第53回芥川賞受賞作。(1965年)
 100枚に満たない短編で、しかも当時の選評を読むとかなり厳しい評価である。
 この前の回が「受賞作なし」で、石川達三委員などは「もし前回に受賞作があったら、「玩具」は当選にならなかったと思う」と、身も蓋もない。
 津村さんは受賞はしたけれど、夫の吉村昭さん同様、芥川賞とは馬が合わないのかもしれない。
 吉村さんもそうだが、津村さんもその後の活躍を見ると、津村さんが賞にふさわしいと評価した選考委員の慧眼はさすがだ。

 この作品に登場する夫は作家志望というだけでなく、結核で肋骨をとるという手術までしたところは実生活の夫である吉村昭さんを彷彿とさせる。
 吉村さんがこの作品の夫のように小動物を「玩具」のように愛したかどうかは知らないが、骨へのこだわりは実際でもそうで、吉村さんの初期作品には骨を題材にした秀作が多い。
 妊娠中の妻はそんな夫に手を焼きながらも遠くで珍しい骨だけで泳ぐ魚がいることを聞いて、つい夫に行ってみればと勧めている。
 男にわがままに従うだけの妻に見えながら、いざ出産となれば途方に暮れる夫を抱きとめるぐらいは訳ない。
 「玩具」とは妻にとっての夫の存在だったのかもしれない。

 井上靖選考委員の「夫婦間の心理的機微を描いて、この作者はいささかの危気もない」という評は、この作品だけでなく、これ以後の津村吉村夫妻の生活全般を指してもいあるようで、さすがだ。
  
(2019/05/03 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  第160回芥川賞
  町屋良平さんの『1R1分34秒』と
  上田岳弘さんの『ニムロッド』の
  2作受賞となりました。
  私は先に町屋良平さんの作品を読んで
  いい作品だと感心していました。
  読書会のメンバーで
  この2作とも読んだ人がいて
  その人がいうには
  上田岳弘さんの方がよかったかなということでした。
  その時まだ上田岳弘さんの作品を
  読んでいなかったので
  へえ、そうなんだと思っただけでしたが
  今回上田岳弘さんの作品を読んで
  確かに悪くはないと
  思いました。
  というか、
  今回の受賞2作とも
  青春小説なんだと納得したのです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  青春小説の王道                   

 第160回芥川賞受賞作(2019年)。
 仮想通貨の世界を描いていると聞いただけで、もしかしたら私にはこの作品は無理かもしれないと感じていたが、読み終わってみると、確かに仮想通貨の世界はどのように成り立っていて、主人公の青年がそれに関わっている仕事のことも理解できなかったのだが、それらの部分を外してみれば、この作品は青春小説の王道のような仕掛けになっていることに気がつく。
 主人公である中本青年(僕という人称で物語は進む)、「ニムロッド」というネームをもつ同僚の小説家志望の青年、そして離婚経験がある今は中本と交際している女性田久保紀子。
 男二人と女が一人。
 彼らが織りなす世界は、例えばアロン・ドロンが主演したフランス映画の「冒険者たち」(1967年)と同じではないか。
 均衡しながらあやういバランスが壊れていく。
 それは凱旋門にプロペラ機で突っ込むことと仮想通貨を採掘することの違いがあるだけのような気がする。

 山田詠美選考委員は「選評」で、この作品には「小説のおもしろさすべてが詰まっている」と絶賛している。
 また川上弘美委員は「小説としての強度を感じる」と評している。
 二人の委員が使っている「小説」という言葉には造られたものという意味があるのだろうか。だとしたら、「ニムロッド」が作中で描くSF的な小説もまた造られていくバベルの塔のようなものであるのだろう。
 もっといえば、青春そのものがいつか崩れ落ちるバベルの塔ではないか。
  
(2019/03/28 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  第160回芥川賞受賞2作の
  全文掲載を行っている
  総合誌「文藝春秋」3月特別号には
  芥川賞関連として
  選考委員の宮本輝さんへの
  インタビュー記事も掲載されています。
  その中で
  インタビュアーの読売新聞編集委員の
  鵜飼哲夫さんが
  芥川賞について
  こう話されています。

    芥川賞とは
    雑誌に発表された、新進作家による
    純文学の中・短編作品のなかから、
    最も優秀な作品に贈られる賞


  つまりは「新進作家」だということです。
  今日は
  今回の受賞作の一つ
  町屋良平さんの
  『1R1分34秒』を
  紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  新しい作家の覚悟                   

 第160回芥川賞受賞作。
 いい作品に出合ったという満足感、それは選考委員の高樹のぶ子氏が言うように「古典的な青春小説」だからかもしれない。
 文学がいつもどこかしらに「青春」という言葉が孕んでいる満ち足りない感情、どこにもぶつけようのない不満や飢餓感を代弁しているとすれば、まさしくこの作品はそうだろう。
 いつの時代であっても、この作品は一定の評価をされ、一定の愛読者を獲得するにちがいない。

 どんな物語かといえば「プロボクサーとしてはたぶん今後多くは望めないであろう青年の、ひたすらトレーニングに打ち込む日々を描いている」という宮本輝選考委員の言葉が端的だろうが、その青年にトレーナーとしてかかわる先輩ボクサーが造形もまたいい。
 選考委員の山田詠美氏は主人公とこのトレーナーの二人について「読み進めれば進めるほど登場人物二人の味方になれる」と書いているが、この「選評」はまさに本を読むことの魅力を語っている。
 登場人物たちに自身を添わせる、これほどこの作品が読み手を夢中にさせていることの証であろう。

 この作品ではプロデビューしてその初戦に勝ったもののその後負けが続き、苦悩する若者が描かれているのだが、試合での打ち合う拳の痛みやお腹への攻撃とそれがもたらす苦痛、次の試合に向けての減量や精神的な高揚、それが実に多弁に語られている。
 しかし、おそらく彼の饒舌はたった一発の拳で消し飛んでしまうにちがいない。
 それでも、文学者である限り、それを語っていくしかない。
 新しい作家町屋良平氏の、覚悟をみた気分である。
  
(2019/02/21 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  第159回芥川賞は少し不幸だったかもしれない。
  せっかく高橋弘希さんという新人を輩出し、
  『送り火』という作品を世に送り出しながら
  候補作となった北条裕子さんの『美しい顔』の
  引用問題ばかりが
  クローズアップされることになったからだ。
  おそらくのちの時代で
  この第159回芥川賞を振り返ることがあったとして
  「フィクションと盗用」問題に揺れた回なんて
  いわれるのだろうなぁ。
  選考委員の評価は
  盗用ではないというものではあったが
  なんだかすっきりしない印象を
  受けた。
  次回はすっきりした受賞を期待したい。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  私はこの作品の読み方を間違っていないか                   

 第159回芥川賞受賞作。
 芥川賞受賞作を読み終わったあと、選考委員の選評を読むようにしている。
 自分の読後感と選考委員のそれを比較しようというのはおこがましいが、どの選考委員のそれが自分と近いかを確かめる程度のことだ。
 今回の受賞作の場合、高樹のぶ子委員の読後感に近いものがあった。
 すなわち、「こんな人間の醜悪な姿をなぜ、と不愉快だった」のである。
 そんな批判がありながらも「すんなり受賞が決まった」(奥泉光委員の選評)というのもいささか合点がいかない。

 この作品は父親の転勤で津軽地方の小さな集落に引っ越してきた中学三年生の少年がそこで体験する暴力を描いたもので、高樹委員の選評は先の引用に続き、「文学が読者を不快にしても構わない。その必要が在るか無いかだ」とある。
 ひとつの文学作品にすべての読者が同じ評価を下す必要はないだろうが、高樹委員の言うような必要性は果たしてこの作品にあったのだろうか、私にはほとんどわからなかった。
 高樹委員の選評には「青春と暴力」というタイトルがつけられていて、高樹委員は「暴力」が青春小説のひとつの魅力にもなりうると理解された上での批判とすれば、この作品を「すんなり受賞」とした他の委員とのやりとりが聞きたくなる。

 読書とは「不愉快さ」と付き合う必要のない行為だと思う。
 もちろん何故「不愉快」なのか、自身に問うことは必要だとしても。
  
(2018/10/12 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス