プレゼント 書評こぼれ話

  昨日早稲田大学演劇博物館
  開催されている展覧会の話を
  書きましたが、
  演劇博物館の建物のそばに
  坪内逍遥先生の像も
  あったりします。

  20170728_105814_convert_20170729120824.jpg

  それに館内には
  図書室もあって
  そこには映画雑誌「キネマ旬報」の
  創刊時(さすがにこれは復刻版でしたが)からの
  バックナンバーがずらり。
  確か、私の投稿もあるはず、
  そこで見つけたのが1973年の決算特別号に載った
  私のベストテン。
  この時私が一位をつけたのが
  神代辰巳監督の「恋人たちは濡れた」。
  当時予備校生だったのに
  ロマンポルノの作品を一位に。
  あれ? それって成人映画だったのでは。
  40年以上前の話です。
  そして、今日は
  私の蔵書のなかでもこれは!という一冊を
  紹介します。
  和田誠さんの『お楽しみはこれからだ』。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  お待たせしました!                   

 映画ファンなら必読の一冊。
 といっても、かなり古いから若い人は知らないかも。
 1975年6月30日発行とあって、私が持っているのは1976年4月の第6刷。一年足らずでかなりの数売れているのがわかる。
 そもそもこの本は映画雑誌「キネマ旬報」での連載がもとになっている。
 連載がスタートしたのは1972年10月。
 この年の「キネマ旬報読者賞」はこの連載に贈られたが、それが栄えある第1回受賞となった。

 和田誠さんはイラストレーターだが、映画の造詣が深い。
 絵も描けて、映画の話ができる。
 そこで、映画に登場した名セリフをイラスト付きで毎号4ページ書いていくのだから、しかも「キネマ旬報」は月2回の発行だから、結構大変な作業だ。
 しかも当時はビデオやDVDなんてないから、和田さんの記憶だけで書かれているわけで、それだけでもう頭がさがる。

 この本にはとても影響を受けた。
 まず、何かの折の言葉の端々で「お楽しみはこれからだ」(これはもともと「ジョルスン物語」の名セリフ)を使わせてもらってし、和田さんの手書きの文字のイラストは結構真似たもの。今でもそれなりの感じで書くことができる。
 ただ俳優たちの似顔絵はとても描けない。
 和田さんの場合、単に似ているだけでなく、映画の気分そのものが描けているからすごい。

 第1巻めにあたるこの本の中の私のお気に入りのセリフは、フェリーニの名作「道」の、こんなもの。
 「どんなものでも何かの役に立つんだ。たとえばこの小石だって役に立っている。空の星だってそうだ。君もそうなんだ」。
 有名な、そしてとってもいいセリフだ。
  
(2017/08/02 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  『ウルトラQ画報』『ウルトラセブン画報』とくれば
  あとはもう『ウルトラマン画報』しか
  ないではありませんか。
  ね。
  そこで今日は
  『ウルトラマン画報』を紹介しちゃいます。
  「ウルトラマン」の放映が始まったのは昭和41年ですから
  私が小学6年生の頃。
  クラスの中に
  確かに怪獣博士のような少年が
  一人か二人はいたものです。
  怪獣のフィギアなんかも
  たくさん持っていたような気がしますが
  あの頃フィギアなんて
  言わなかったなぁ。
  模型? 人形?
  いずれにしろ
  うらやましかったことだけは
  確か。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  少年たちはウルトラマンを夢見た                   

 「ウルトラマン」がテレビ放映されたのは1966年(昭和41年)7月から翌年4月までである。「ウルトラQ」の後番組として作られ、その後の現代へと続く一大コンテンツを築きあげたのは周知のとおりである。
 その人気を支えたのは少年たちである。
 その少年たちの興味をあおったのが週刊や月刊の漫画雑誌であった。
 この本は講談社が発行した「少年マガジン」と「ぼくら」のオリジナル復刻本として、ウルトラマンとその怪獣たちがどのように表現されていったかをまとめた一冊である。

 興味深く読んだのは、「特撮のひみつ」と題して撮影現場やスーツアクターのインタビュー記事がある一方で、怪獣の体内構造を図解していることだ。
こ の当時少年たちは「ウルトラマン」が大人たちによって作られたヒーローであると理解しつつ、それに逆行するようにウルトラマンの身長が40メートルだとかレッドキングの体重は2万トンだといった知識をさもそれが現実に存在するかのように吸収したものだ。
 少年たちにとってどちらが真実だったのだろう。

 中でも面白かったのは1967年(昭和42年)の「ぼくら」4月号に別冊ふろくとして付けられた「怪獣大百科事典」だ。
 当時これを持っている少年はクラスの人気者だったに違いない。
 決して誰もが月刊誌を買ってもらえたわけではないから。

 当時の「少年マガジン」の表紙を見ると、石森章太郎の「サイボーグ009」が連載されていたことがわかる。「あしたのジョー」はまだである。
 そんな時代に「ウルトラマン」は輝いていた。
  
(2017/07/29 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  「ウルトラセブン」の放送が始まって
  今年で50年だそうだ。
  それを記念して
  「モロボシ・ダンの名をかりて」展は
  大阪と横浜の高島屋で
  開催されます。
  横浜高島屋
  8月16日から28日までで
  ちょうど夏休みのおわりかけ。
  子どもサービスというより
  お父さんにぴったりの企画かも。
  そこで今日は
  円谷プロダクション監修、
  講談社編の
  『ウルトラセブン画報』を紹介します。
  展覧会に行かれるなら
  その事前勉強で
  読んでみるのもいいですよ。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  アンヌ隊員が大人の女性に見えた頃                   

 「ウルトラセブン」の放映が始まったのは1967年(昭和42年)10月で、2017年は放送開始50年にあたる。
 今でこそ「ウルトラマン」の仲間のように思われているが、もともとは「ウルトラマン」とは一線を画していたようだ。
 「ウルトラセブン」というのも、ウルトラ警備隊の7番目の隊員という位置づけからつけられたそうで、放映に至るまでの紆余曲折は、この本の巻末の「解題」に詳しい。

 まずは「週刊少年マガジン」「ぼくら」に掲載された「ウルトラセブン」関連の記事や口絵を楽しもう。
 なんといっても、それぞれの雑誌の表紙がなつかしい。
 冒頭の「週刊少年マガジン」は1967年9月10日号で、「ウルトラセブン」の放映はまだ始まっていない。だが、大々的に「ウルトラセブン」が表紙を飾っているのだから、少年たちの期待は大いに膨らんだことだろう。
 この当時、すでに「巨人の星」の連載は始まっている。赤塚不二夫の「天才バカボン」や水木しげるの「墓場の鬼太郎」(ゲゲゲではない)もあって、マガジンの人気は高かっただろう。

 一方、「ぼくら」は月刊誌で、この当時は「タイガー・マスク」が目をひく程度で、漫画雑誌は月刊から週刊誌への移行期である。
 もっとも月刊誌の付録は楽しみではあったが。
 この本でも「ウルトラセブン」関連の付録が楽しめる。
 中にかるたの読み札がある。その「り」は「りんごのようなほっぺがかわいいアンヌ隊員」だが、アンヌ隊員が好きで「ウルトラセブン」に夢中になった少年も多かったのではないだろうか。
  
(2017/07/28 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  先日、川本三郎さんの
  『「男はつらいよ」を旅する』という本を
  紹介しましたが、
  川本三郎さんは映画評論家という肩書を
  持っています。
  たくさんいる映画評論家でも
  私の大好きな一人ですし、
  川本三郎さんの名前は映画に夢中になっていた
  高校生の頃から見聞きしていたので
  もう40年以上前から
  知っている映画評論家になります。
  今日はモルモット吉田さんという
  気鋭の映画評論家による
  『映画評論・入門!』を
  紹介しますが、
  この本で映画評論家を目指す人もでてきたりして。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  映画評論家、がんばる                   

 映画評論家といえばなんといっても淀川長治さんの名前が浮かぶ。
 そして、淀川さんに飽き足らずに佐藤忠男さんとか山田宏一さんといった評論家の評価にはいっていくのは、雑誌「スクリーン」から「キネマ旬報」に至る、映画ファン成長の構図のようなものに近い。
 「キネマ旬報」は日本の映画雑誌で屈指の歴史を誇っているし、そのベストテンは今でも権威ある賞として位置づけられている。
 そのベストテンに票を投じるのがほとんどの場合、映画評論家もしくは映画記者だ。
 当然彼らは多くの作品を観ているが、日本映画と洋画があるから、どちらも同じように観ている人もいれば、どちらかに特化していることもある。

 本書の著者であるモルモット吉田さんは略歴を読むと1978年生まれの映画評論家とある。雑誌「シナリオ」などにも映画評論を執筆しているから、どちらかといえば日本映画の方が得意なのかもしれない。
 名前で人を判断してはいけないが、果たしてどんな「映画評論」の入門書を書いたのか気になったが、これが予想以上によかった。
 特に過去の事例を紹介することで(「映画監督VS映画評論家」「ベストテンとは何か」といった章立て)映画評論のあるべき姿を示してくれている。

 それで、「映画評論を書く」という章を読むと、映画評論とは単に映画を観てどうのこうのではないことがよくわかる。つまり、感想と評論は違う。
 映画は観客を饒舌にする表現方法であることは、間近でもよく見かける現象だが、まずは一呼吸おいて、冷静に語ることも大切なのだと思う。
  
(2017/07/08 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日も
  読んでめちゃくちゃ
  うれしくなった1冊を紹介します。
  川本三郎さんの
  『「男はつらいよ」を旅する』。
  著者が川本三郎さんで
  その題材が「男はつらいよ」ですから
  面白くないはずがない。
  この本を読んだら
  映画をまた観たくなること
  間違いなし。
  それにしても
  シリーズが終わって
  20年以上経っても
  この人気ですから
  やはりいいものはいいんですね。
  ちなみに
  今回の書評タイトルは
  寅さんの名言から拝借。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  あいつも俺とおんなじ渡り鳥よ                   

 「「男はつらいよ」は旅の映画である。」
 これがこの本の冒頭の一節。
 「男はつらいよ」はご存じの通り、1969年(昭和44年)1月に第1作が封切りされ、その後主演の渥美清さんが亡くなる1995年に上映された第48作『男はつらいよ 寅次郎紅の花』まで続いた日本映画屈指の人気作だ。
 葛飾柴又に生まれた主人公の車寅次郎だが、今ではしがないテキ屋稼業。そうはいっても故郷は恋しい。故郷にはかわいい妹さくらもいる。
 戻ってきてはさまざまな事件を巻き起こし、また旅の空へ。
 だから、鉄道ファンでもある著者の川本三郎さんが、寅さんが出向いた日本各地を旅して記したのが、この一冊である。

 映画評論家でもある川本さんは「男はつらいよ」について、こんな一文を本書に記している。
 「喜劇映画としてだけでなく、懐しい風景を記録したシリーズとして長く残るに違いない」と。
 戦後日本は経済成長を果たしたが、そのことで街は大きく変化をしていった。
 もちろんそれは豊かさを求めた故でもあるが、一方で弱者や非効率なものは容赦なく斬り捨てられていった。
 映画という芸術はある面ではそういう失われたものを残す記録的なものでもあることが、「男はつらいよ」を今観るとよくわかる。
 また鉄道ファンでもある川本さんは「男はつらいよ」を何度見ても面白いのは、「失われた鉄道風景が残っている」からだという。

 この本は川本さんらしい幅広さで楽しめるが、できることであれば資料編として「男はつらいよ」作品一覧は載せて欲しいところだ。
  
(2017/07/05 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス