FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  昨日
  西尾典祐さんの
  『城山三郎伝 昭和を生きた気骨の作家』という評伝を
  紹介しましたが
  同じように「城山三郎伝」とうたった本を
  以前、といってももう10年も前ですが
  紹介しています。
  今日はその本、
  加藤仁さんの『筆に限りなし 城山三郎伝』を
  再録書評で紹介します。
  城山三郎さんが亡くなったのが
  2007年.
  それから2年ほどして加藤仁さんの本が書かれて
  西尾典祐さんの本は2011年ですから
  もう少し新しいということになります。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  気骨のある人                   

 かつて城山三郎は自身の仕事について「歴史というより人間への興味」と語ったことがある。また、「その人の人生を旅する」という言い方もしている。
 城山が描いた多くの「伝記文学」の対象となった人物たちは、描くことで城山自身が追体験できた別の人生である。
 では、城山はどのような人生を自身のそれとは違うものと考えていたのであろうか。
 1996年の対談「人間の魅力とは何か」(「失われた志」所載)でこう語っている。「たくましさというものが、自分に欠けてるというか、ない。だから、たくましい人、強い人、反骨を貫ける人というような人に、一番魅力を感ずるんだろうねえ」

 実際に城山三郎は「たくましさ」を欠いた作家であったのだろうか。
 本書はノンフィクション作家加藤仁による、人間杉浦英一(城山の本名)、作家城山三郎の、伝記ノンフィクションである。著者は「あとがき」の中でこう記している。「生前に会う機会もなかった私のような第三者が、実在した人物の精神世界をノンフィクションという手法で描くのは、至難の業であった」と。
 しかし、幸いにも城山は実に膨大な「メモ」をその生涯において残していた。著者はその「城山メモ」を丹念に拾い集めることで、その骨格を得、それを関係者のインタビューで肉付けしていく。その結果として、「外面的に大胆な行動が見うけられなくとも、その精神世界の振幅ある動きをとらえられた」としている。

 そのようにして出来上がった「城山三郎伝」から浮かびあがってくる城山は、生涯戦時中に負った心の傷を払拭できなかったように思える。
 このことは本書の第二章「「商い」の父、「皇国」の息子」に詳しいが、海軍特別幹部練習生として入隊したものの城山にとっては「大義の集団であるはずの軍隊による「手ひどい裏切り」」(46頁)は、その後の人生観、人間観に大きく影響した。
 だからこそ、城山は「高潔」であることを自身の評価基準とし、自身もまたそのように生きようとしたようにみえる。
 著者はこう書いている。「城山には”気骨””志””高潔”といったイメージがつきまとうようになり、「城山三郎」そのものが作品として確立された感さえある」(243頁)

 作家城山三郎に「たくましさ」が欠けていたかどうかはわからない。
 しかし、少なくとも、城山は「たくましさ」を欠いた人間にはなるまいと、自身を作り上げていったように思う。
 そういう意味では、城山三郎は「気骨」のある作家だったといえるだろう。
  
(2009/04/30 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  西尾典祐さんの
  『城山三郎伝 昭和を生きた気骨の作家』を
  紹介します。
  この評伝の中に
  城山三郎が60歳の時に作った
  人生訓のようなものが載っている。

    ① 年齢に逆らわず、無理をしない。
    ② いやなことをせず、楽しいことをする。
    ③ 眠いときに寝、醒めたら起きる。好きな物だけ食べる。但し午後八時まで。
    ④ 義理、面子、思惑をすてる。つまり、省事で通す。
    ⑤ 友人をつくり、敵をふやさない。

  大作家の人生訓というより
  普通のサラリーマンの定年後の信条のようで
  このあたりが
  城山三郎の魅力のように
  思えてなりません。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  もっと城山三郎を                   

 作家の評伝を読みたいというのは、作品を描いた人物がどのような人生を生きたのかという興味からだといえる。
 ただあまりそれがかち過ぎると、太宰治がいい例かもしれないが、作家の人生と作品が重なり過ぎることもある。
 太宰の場合は極端すぎるかもしれないが、作品と同じくらいに太宰の人生もまた多くの人の知るところとなっている。
 その点、この本で描かれる経済小説の開拓者ともいえる城山三郎の場合、作品と彼の人生とは重なることは少ないが、軍国少年であった彼を失望させた軍隊という組織への抵抗は戦争が終わったあとも城山の中に残り続けた。
 城山の評伝を重厚なものに書き上げた西尾氏は作品の終りに城山の作品を「昭和に生きた人々を、一個人ではなく、なんらかの組織の関係者として描いた」とまとめている。

 城山三郎は昭和2年に名古屋に生まれた。亡くなったのは平成19年3月、享年79歳。
 本文だけで300ページを超える評伝で、城山が「輸出」という作品で文学界新人賞を受賞するまでの少年時代学生時代を描いているのが100ページ強で、残りの3分の2は作家としての城山の歩みといっていい。
 城山の人生を読むと、破天荒なところはほとんど見られない。どちらかといえば実に全うな社会人だったように思える。
 だからこそ、彼が描いた経済人や政治家は、城山の読者の視点に合っていたのかもしれない。何故なら、城山こそ、城山作品をもっとも愛した読者のような気がする。

 城山三郎はまだまだ読まれていい作家だと思う。
  
(2019/11/14 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  平凡社の「のこす言葉」シリーズから
  最新刊、
  『黒沼ユリ子 ヴァイオリンで世界から学ぶ』を
  紹介します。
  このシリーズではその人の半生を
  語り書きで綴るものです。
  今回の黒沼ユリ子さんは
  実は私はどんな人なのか
  全く知りませんでした。
  有名なヴァイオリニストということですが
  決して平坦な人生ではありませんでした。
  そんな時
  黒沼ユリ子さんの心を鼓舞させてくれた言葉が
  あったそうです。

     良いことのために来ない悪いことはない

  悪いことがあっても
  それは結果良いことにつながっていく。
  そんな言葉です。
  いい言葉です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  世界を視る目をどう持つか                   

 よく若い人には「グローバルな視点を持って」などということがあります。
 でも、そういいつつ、私たちは本当にグローバルな視点など持てるのでしょうか。
 世界的なヴァイオリニストである黒沼ユリコさんの半生を語ったこの本を読むと、そんな疑問がふと頭を巡ります。
 「人間の気持ちは音楽で通じる」、この本に出てくる黒沼さんの言葉です。さすが音楽家らしい至言だと思います。
 その一方で、黒沼さんには祖国である日本に絶望した時期もあります。
 そういう話ができるというのも、黒沼さんがグローバルな人間だからだと思います。

 黒沼さんは1940年東京に生まれました。
 ヴァイオリンは8歳の頃から始めたそうで、成長するにつれその才能は開花していきます。
 18歳の時にチェコの招待給費留学生としてプラハに留学。そこで後に夫となるメキシコ人と知り合います。
 彼と結婚して日本で生活している時に、黒沼さんはメキシコ人を蔑む多くの日本人を見ます。
 「外から来た人から知らない文化を吸収すれば、自分もどんどん豊かになっていくのに、リジェクト(拒否)してしまう」姿に、黒沼さんはこの時日本人を「再発見」したといいます。
 1960年代の頃の話ですが、その本質はあまり変わっていないのではないでしょうか。
 黒沼さんのこれらの体験が教えてくれることは現在でも通用することかもしれません。

 この本の副題は「ヴァイオリンで世界から学ぶ」です。
 もしかしたら、「ヴァイオリニストから世界を学ぶ」でもよかったかもしれません。
  
(2019/10/11 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  たくさんの絵本を手がけている
  もちろん絵本だけでなく幅広く活躍されている
  安野光雅さんの「のこす言葉」、
  『安野光雅 自分の眼で見て、考える』を紹介します。
  この中で
  初めての絵本『ふしぎなえ』のが出版された事情を
  話されています。
  それによると
  福音館書店松居直さんの息子さんを
  小学校で教えていたことがきっかけだったそうです。
  人生、不思議な巡り合わせですよね。
  これだけでも
  いい話だと思いませんか。
  それにしても
  平凡社の「のこす言葉」シリーズは好きだな。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  しあわせなひと。                   

 平凡社「のこす言葉」シリーズは「人生の先輩が切実な言葉で伝える語り下ろし自伝」で、「語り下ろし」というのがそばで話を聞いているようで心地いい。
 父親や母親のような世代(人によっては祖父祖母の世代でもあろうが)から話を聞くというのもなかなか面はゆいものだが、こうして本になると抵抗はない。
 しかも、話をしてくれるのが名を成した著名な人たちだから、考えさせられることも多い。

 この本についている著者のプロフィールでは、安野光雅さんは「画家」となっているが、自身では「絵描き」を標榜している。
 「画家」と「絵描き」はどう違うのか。安野さんは「絵が売れるのが絵描きで、売れないのが画家」と語っている。
 「絵描き」と自身でいうのは決して絵が売れたという自慢ではない。そのあとに「絵描きは、売るために何でも描かなきゃいけない」と続いて、「ぼくは何でも描いてきた」となる。
 だから、安野さんのことを「絵本作家」ということもあるが、それも「何でも描く」ことの一つの成果なのだと思う。

 安野光雅さんは1926年生まれ。終戦の年の春に召集されたがまもなく終戦。「略歴」に「ふつうの人間に戻る」とある。
 安野さんは美術の専門の学校で学んだわけではない。ただ子どもの時から絵が好きだったという。「描いた絵の枚数でいったら 世界で一番多いかも」と自身で言うが、それほど描くことが好きなのだろう。
 だから、何を描いても苦痛ではなかったのだろう。まさに「絵描き」。
 だから、今でも絵を描いている時が「一番幸せ」といえるこの人こそ、幸せな人。
  
(2019/08/30 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  昨日「映画イラストレーター宮崎祐治の仕事」展のことを
  書きましたが
  宮崎祐治さんが
  今日紹介する映画監督大林宣彦さんの
  似顔絵を描いています。
  それがこれ。

  20190820_155953_(2)_convert_20190820174040.jpg

  とっても特長をとらえていて
  よく似ていると思います。
  大林宣彦監督の作品でいえば
  やっぱり「ふたり」が好きです。
  今日はそんな大林宣彦さんの
  「のこす言葉」です。
  『大林宣彦 戦争などいらない―未来を紡ぐ映画を』、
  少し長い副題ですが
  大林宣彦さんの思いが詰まった
  タイトルなのだと思います。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  つないでいくことの大切さ                   

 平凡社「のこす言葉」シリーズは「人生の先輩が切実な言葉で伝える語り下ろし自伝」だが、その先輩たちが活躍している世界は、俳人あり歴史探偵あり冒険家あり児童文学者ありと、さまざまだ。
 大林宣彦さんは1938年(昭和13年)広島・尾道で生まれた映画監督だ。
 1977年39歳の時に「HOUSE/ハウス」で商業映画デビュー。その時にはすでに伝説の映画監督で、それまでにあの有名となった男性化粧品「マンダム」のCFを制作したのも大林さんだった。
 その後尾道を舞台にした「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の「尾道三部作」や同じ尾道を舞台にした「ふたり」などで人気監督となっていく。
 ただその作品数は多くない。それでも大林ファンは多い。
 2016年、肺がんで余命半年の宣告を受けながらも映画「花筐」を監督。この作品で2017年には多くの映画賞を受賞している。

 そんな大林さんの「のこす言葉」の副題に「戦争などいらない」とあるのは、大林さんには自分たちの世代が「敗戦後の国づくりを任された世代」という自覚があるからで、しかし、それも決してうまくはいかなかった。
 だからこそ、自分は「映画をつくる」のだと語っている。
 映画を通じて、次の世代に「戦争なだいらない」ということを伝えていく。
 大林さんは「記録は風化するけど、記憶は人の心に刻まれる」という。
 なぜ記憶は風化しないのか、それは「リアリズムではないけど、嘘であるけど、リアリズム以上の「心のまこと」を持っている」からだと。

 大林さんたちの世代から渡されたたいまつを私たちは消さずに次の世代に渡せるか。
 そのことの大切さを思う。
  
(2019/08/21 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス