fc2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  「京セラ」の創業者で、名誉会長だった稲盛和夫氏が
  24日亡くなりました。
  90歳だったそうです。
  稲盛和夫氏といえば、
  「京セラ」だけでなく、「第二電電」(現在のKDDIに至る)を立ち上げ、
  民主党政権下では日本航空の再建に寄与された
  昭和から平成に至る名経営者でした。
  また、著作も多く、
  その中で新しい世代のビジネスマンを𠮟咤激励し続けました。
  私も稲盛和夫氏の著作はかなり読んでいて
  追悼の意で
  どの本を紹介しようかとても迷いました。
  何度も読んだ『生き方』にしようか、
  稲盛和夫氏が母を語った『ごてやん』にしようか、
  それとも仕事のやり方を説いた『「成功」と「失敗」の法則』がいいか、
  でも、今はこの本がいいかな、と選んだのが
  2019年8月に読んだ『心。
  再録書評で紹介します。

  稲盛和夫さん、
  たくさんの教えありがとうございました。
  これからも、弱気になった時
  きっとまた手にすると思います。

  稲盛和夫氏のご冥福をお祈りします

  

sai.wingpen  何度でも読んで、何度でも心揺さぶられる                   

 最近理不尽な事件が多い。
 何の罪もない人や子供たちが犠牲になる。そのことにやりきれない思いを感じる。
 一方、事件を起こした人の心の闇の深さに呆然となる。一体どのようにしてその心の闇は生まれたのだろうか。
 そんな時、京セラの創業者で現在名誉会長である稲盛和夫氏のこの本を読んだ。
 その冒頭にこうある。
 「人生で起こってくるあらゆる出来事は、自らの心が引き寄せたものです。」
 だから、「心に何を描くのか。どんな思いをもち、どんな姿勢で生きるのか。それこそが、人生を決めるもっとも大切なファクターとなる。」
 生きていくことは一筋縄ではいかない。
 稲盛和夫氏も今でこそ多くの賛辞を得ているが、そこに至るまでには多くの波乱があったことは、稲盛氏は多くの著作の中で書いている。
 そうして、たどりついた思いは、心が持っている強い力。
 誰もが稲盛氏になれるわけではないということはわかっているが、少なくとも稲盛氏が教えることを素直に聞くことが、人生を意味あるものにするのではないだろうか。

 稲盛氏はこの本で「人生の目的」をこう語っている。
 一つは「心を高めること」、これは魂を磨くことだという、そしてもう一つが「利他の心」で生きることだという。
 稲盛氏の著作は一度読んでそれで終わりではない。
 人は時に傲慢になり、怒り、欺こうとする。だから、何度も稲盛氏の著作を読んで、心をきれいに保つしかない。

 稲盛氏は最後に「いまどんなにつらい境遇にあるとしても、それにめげることなく、気負うこともなく、ただ前向きに歩んでいってほしい」と書いている。
 きっと多くの人の心に届く言葉であるだろう。
  
(2019/08/02 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  劇画家で映画監督の石井隆さんが
  5月22日、75歳で亡くなった。
  石井隆さんといえば
  最近は「ヌードの夜」や「GONIN」などで
  映画監督としてその名前を知る人は多いだろうが
  私にとっては
  1970年代に「名美」シリーズの劇画を描いた
  劇画家としての方がしっくりくる。
  それほどに「名美」は
  印象に残るキャラクターだった。
  日活ロマンポルノ
  「天使のはらわた」シリーズがあって
  何人もの女優が「名美」を演じたが
  結局は
  石井隆さんが描いた紙の上の「名美」には
  及ばなかった。
  今日は
  追悼の思いで
  石井隆さんの劇画集『名美・イン・ブルー』を
  紹介します。
  2005年に覚書のようにして書いていたものを
  今回改めて書き直しました。

  石井隆さん
  素敵な「名美」をありがとうございました。

  ご冥福をお祈りします

  

sai.wingpen  追悼・石井隆さん - 妻への詫び状                   

 石井隆は、映像へのこだわりを感じさせる作品を撮り続けている映画監督だ。
 しかし、私にとって石井隆というのは若い頃に衝撃を与えてくれた劇画家だという思いが強い。
 最初に石井の作品を読んだ時の鮮烈な印象を忘れられない。
 この本は、そんな石井の、70年代後半の作品を収録している。

 石井の作品はよくエロ劇画みたいにいわれることが多いが、そのすごさはその官能描写だけでなく、書き手のアングルの衝撃だった。
 当時石井のような視線で女性や性の場面を描いた劇画家はいなかった。
 石井の作品の中でしばしばビデオに映し出される男女の痴態が描かれているが、それ自体彼の官能が<見る>ということにこだわったいるのがわかる。

 この本には9篇の作品が収められているが、どの作品の主人公も名美という名がつけられている。
 石井作品における<名美>は記号だと思う。
 名美がOLであろうが女子高校生であろうが、彼の中では<名美>そのものが女性の代名詞であり、官能の代名詞でもあったのだろう。

 その名美は、巻末の「名美の憂鬱 私の憂鬱」と題された石井の短文によれば、彼の亡くなった奥さんにそっくりだったという。
 この短文が、亡くなった妻への愛情を感じさせて、とてもいい。
 石井が<名美>シリーズで人気漫画家になる一方で、エロ漫画家と卑下されて妻につらい思いをさせることに思い悩んでいたこととか、その結果漫画を描くことをやめてしまうこととか、官能を描くことに不自由な時代だったのだろう。
 これは、石井の<妻への詫び状>だ。
 この短文を読むだけでも価値のある一冊だといえる。
  
(2022/06/14 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  熱心なサッカーファンでもないが
  5月1日80歳で亡くなった
  イビツァ・オシム元日本代表監督のことは
  印象深い。
  もしかしたら
  サッカー選手ではなく大学教授になっていたかもしれないほどの
  インテリジェンスと
  それをあからさまにしないユーモアのセンス。
  その当時あまり日本でいなかったタイプの人でした。
  訃報に接して
  オシムさんの言葉が確か本になっていたことを思い出し
  すぐに図書館の蔵書を調べました。
  出てきたのが
  今日紹介する
  木村元彦さんの『オシムの言葉』。
  表紙のオシムさんの笑顔が素敵です。

  ご冥福をお祈りします

  

sai.wingpen  追悼・サッカー元日本代表監督 イビツァ・オシムさん - 言葉がもつ力を、オシム氏が教えてくれた                   

 イビツァ・オシムのことを覚えているだろうか。あるいは、その問いは、知っているだろうかの方が正しいかもしれない。
 サッカーの旧ユーゴスラビア代表監督としてサッカーファンの間ではその名前を知らない人のいなかったオシム氏が日本のJリーグのチーム監督として来日したのが2003年、その後その手腕を買われサッカー日本代表監督に就任したのが2006年、そしてわずか1年後には脳梗塞により監督を辞任。
 あれから随分月日は流れた。
 しかし、その短い期間ながら、オシム氏のことを忘れていない多くの人がいるはずだ。
 それほどに、オシム氏の口にした言葉が際立っていた。
 彼の言葉はサッカーファンだけでなく、あの当時の若者やビジネスマンを魅了した。

 本書は『オシムの言葉』というタイトルではあるが、名言集のようなものではない。
 2005年度第16回ミズノスポーツライター賞の最優秀作品となった、ノンフィクション作品だ。
 もちろん、主役はオシム氏。
 彼の出身地ユーゴスラビアが分裂紛争にあい、戦火のせいで妻と数年にわたって会えない生活を送ったという半生を描きつつ、彼が監督として選手たちに投げかけた言葉の数々が、選手たちの言葉として書き留められている。
 つまり、「オシムの言葉」はすでに彼のもとを離れ、選手たちや彼と接した多くの人の血肉となっていることがわかる。
 それこそ生きた言葉だといえる。
 言葉がもつ力を、オシム氏が教えてくれたといえるだろう。
 ※イビツァ・オシム氏は、2022年5月1日80歳でその生涯を閉じた。
  
(2022/05/12 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  漫画家の藤子不二雄Aさんが
  4月7日に亡くなられました。
  88歳でした。
  私のような昭和30年世代にとって
  藤子不二雄Aさんといえば
  「ドラえもん」の藤子・F・不二雄さんとコンビで
  藤子不二雄名義で漫画を発表していた頃が
  懐かしい。
  藤子不二雄Aさんの代表作といえば
  「笑ゥせぇるすまん」や「忍者ハットリ君」、
  それと「怪物くん」になるでしょうが、
  はずせないのが
  今日再録書評で紹介する
  「まんが道」です。
  この漫画を読めば
  二人が歩んだ道がよくわかります。
  今ごろ天国で
  藤子・F・不二雄さんと再会しているのではないでしょうか。

  藤子不二雄Aさん、
  たくさんの楽しい漫画をありがとうございました。

  ご冥福をお祈りします

  

sai.wingpen  追悼・藤子不二雄Aさん - 学校図書館に置いて欲しい全14巻                   

 昭和30年代40年代に子どもだった人にとっては石ノ森章太郎は絶対石森章太郎だし、藤子不二雄はFでもAでもなく、たった一人の漫画家なはずだ。
 藤子不二雄が藤本弘(代表作は「ドラえもん」)と安孫子素雄(代表作は「怪物くん」)という二人の共同ペンネームだということは「オバケのQ太郎」時代から有名だった。
 ただどういう分担で二人が創作活動を分けているのかは子どもながら不思議だった。
 二人が名前を分けたにはそれなりの理由があったのだろうが、やはり作風の違いが一番だったのではないだろうか。
 極端な言い方をすれば、藤本はいつまでも少年漫画にこだわり、安孫子は青年漫画を志向したともいえる。
 そんな安孫子だから、二人の「まんが道」が描けたのだし、その作品の完成度が非常に高くなったのであろう。
 もっというなら、藤子不二雄でなければこの『まんが道』はできなかったと思う。

 中公文庫コミック版として全14巻となる漫画を最近の漫画出版で図るとけっして大長編にはならない。
 しかし、14巻すべてを読み終わるとまるで教養小説を読了したような気分になる。
 なお、書誌的にいうと14巻めはなるほどそれまでの続きのような描かれ方がされているが、13巻で「まんが道」正編が終わっているような気がする。
 13巻の最後のページに「なろう!なろう!あすなろう!明日は檜になろう!」という井上靖の『あすなろ物語』の一節が記されているのでもわかる。

 この漫画は戦後富山の高岡から漫画の神様手塚治虫にあこがれて漫画家を目指そうと上京してくる二人の若者の姿を描いているが、青春ドラマという要素だけでなく戦後の漫画黎明期の若い漫画家たちの姿や漫画の出版事情もうかがえる。
 織物が縦糸と横糸でできあがるように、この漫画もより重厚により華やかに織りあがった作品といえる。
  
(2016/11/03 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  映画評論家の佐藤忠男さんが
  3月17日に亡くなりました。
  91歳でした。
  年が明けてから発表された
  第95回キネマ旬報ベストテン
  特別賞を受賞されたばかりで
  まだまだお元気だと思っていたのですが。
  今日は
  追悼として
  2015年2月に書いた
  佐藤忠男さんの『独学でよかった 読書と私の人生』を
  再録書評で紹介します。
  その時の「こぼれ話」にこんなことを書いています。

   日本映画の批評を書く評論家としては
   今日紹介する佐藤忠男さんが
   第一人者でした。
   地についた批評でした。
   私は洋画も観ましたが
   邦画も好きでした。
   だから、
   佐藤忠男さんはあこがれの映画評論家の一人です。

 映画、特に日本映画を愛して
 私たちにその素晴らしさを伝え続けてくれました。

 佐藤忠男さん
 ありがとうございました。

 ご冥福をお祈りします

  

sai.wingpen  人間到る処青山あり                   

 「人間到る処青山あり」とよく言われる。
 この「青山」の意味がわからない。
 調べると、「死んで骨を埋める場所」のことらしい。決して美しい場所を指しているのではない。
 つまり、この言葉は「世の中は広く、死んで骨を埋める場所は到るところにあるものだ。だから、大望を成し遂げるためにならどんなところであろうと、大いに活躍するべき」という意味だ。
 映画評論家佐藤忠男が著したこの本を読むと、かつて聞いた「人生到る処青山あり」の言葉を思い出した。
 佐藤氏の生き方につながる言葉といっていい。

 この本自体は2007年に出版されたものが基になっている。
 「あとがき」にあるように、その時の出版社が倒産したため、今回巻末に収められた「あらためて思うこと」を書き下して再刊行されたものだ。
 佐藤忠男氏は映画評論家として、長年に亘って活躍してきた。かつて映画青年だった私が十代の頃、だから50年近い昔になるが、その当時から佐藤氏の書かれる映画評論は知的で重厚だった。
 そんな佐藤氏であるが、最終学歴が工業高校の定時制だという。
 大学を出たからといって立派な論文が書ける訳でもないし、卒業論文さえもウエブ上の文章のコピペが氾濫している現代の風潮を考えると、佐藤氏がどのようにして勉強をしてきたかは興味のあるところだ。

 タイトルにあるように佐藤氏は「独学」で映画の技法を学び、映画が描いてきた社会や風俗、芸術や歴史を身につけてきた。
 そこには「読書」が欠かせなかったという。
 だから、この本は佐藤氏の歩んできた人生であるとともに「読書論」にもなっている。
 「本だけはうんと読まなければならなかった」と、「独学」をしてきた佐藤氏は書いている。
 大学で学んでもそんなことをいう人はあまりいない。
 人とは学歴ではなく、どういう生き方をしたいかという心構えであり、それを達成するためにどれだけ自身学習したかで異なるのであろう。

 「本の選び方」という章の中で、佐藤氏は「これは私のために書かれた本だ、と感激をもって活字が眼にとび込んでくるような思いを持って読める本がきっとある」と書いているが、この本もまたそんな一冊になるかもしれない。
  
(2015/02/17 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス