fc2ブログ
 今年は閏年とはいえ、
 やはり二月が短い月ですから、
 なんだかあっという間に過ぎていく感じがします。

    真直なる幹に雨沁む二月尽        福永 耕二

 24日の土曜日、菜園で初めてとなる
 「パートナー活動」が行われました。
 これは利用者が菜園の草とりや色々な整備をお手伝いする、
 ボランティア活動です。
 菜園には自分たちが借りている(もちろん有料です)区画以外に
 共有で使うエリアとか農機具などをしまっている施設もあったりします。
 共有の箇所といっても
 やはり自分たちの目にはいるところですから
 きれいにするのは大事なこと、
 そして、それ以上に他の利用者とコミュニケーションがとれるのがいい。

 活動日は当初23日の天皇誕生日の祝日を予定していましたが、
 雨でその日は中止、
 そのせいもあって翌日の土曜日に集まったのは8人。
 それにアドバイザーさんたちが加わって
 総勢12人での作業となりました。
 この日は菜園の周辺で増え続けるチガヤ刈。

  20240224_104837_convert_20240225085525.jpg

 チガヤは漢字で書くと千萱。
 イネ科の雑草で、地中で根茎がどんどんひろがっていく
 やっかいな雑草です。
 私たちが利用している区画にも少し影響が出てきていて
 それの駆除のお手伝い。
 といっても、小一時間ほどの作業で
 終わってからは温かい甘酒を飲みながらの談笑。

 私が利用しているこの菜園の開園は
 2015年4月。
 今年で9年めとなります。
 私は開園時からの利用者ですが
 そんな人も何人かいます。
 開園当時はこんな感じ。

  4.12.3

 今見ると、めちゃくちゃ新鮮。
 畑の土も色もいい。

 こちらは最近の栽培の様子。

  20240224_114208_convert_20240225085720.jpg

 うわー、いっぱい栽培してます。
 ミニニンジン、ホウレンソウ、カブ、シュンギク、
 奥にはウスイエンドウ
 畑も小学生でいえば高学年ですから
 元気いっぱいなんでしょう。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 今日は二十四節気のひとつ、雨水
 農耕の準備が始まる頃といわれています。
 4月並みの暖かさが続くと、
 花の季節の見頃は早くなるのではと
 近所で咲く花を見ては思っています。
 これは、近くにある紅梅。

  20240217_134803_convert_20240218081521.jpg

 そのはるか天上に春の月がうっすらを見えます。
 なんとも春らしい光景です。

    紅梅や枝々は空奪ひあひ      鷹羽 狩行

 2月17日の土曜日、ジャガイモの植え付けをしました。
 ジャガイモの種イモはあまり大きくなくても大丈夫なので
 大きなものは半分に切ってしまいます。
 その時気をつけないといけないのが、切り口。
 そこから腐敗することがあるので、
 草木灰とかでまぶすのが普通のやり方。

  20240216_155640_convert_20240218081442.jpg

 今回草木灰がなかったので事前に乾かす方法をとったのですが、
 なんだか切り口は黒くなるし、
 干しシイタケみたいにしわしわになるし、
 本当にこれで大丈夫かと心配になりますが、
 とりあえず植え付けて芽が出るか試してみることにしました。

 ジャガイモは溝を掘ってそこに種イモを置きます。
 その間あいだに置き肥をします。

  20240217_142206_convert_20240218081603.jpg

 そのあとに土を被せて、あとは芽が出るのを待ちます。
 今年は暖冬で
 地温も高いかもしれないので、芽が出るのも早いかも。

 なにしろこの時期で
 ソラマメに花がついたくらい。

  20240217_151203_convert_20240218081703.jpg

 なので、野菜のとう立ちには気をつけないといけません。

 こちらはさいたまの地元野菜のひとつ、五関菜

  20240217_143037_convert_20240218081952.jpg

 ナバナの一種ですから
 これからもっと大きくなるのではないかしらん。
 花だけでなく、
 冬越し野菜の収穫も早くなるかもしれません。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 先週、月曜の昼過ぎから雪になった関東でも
 火曜の朝には久しぶりに数センチの積雪になりました。
 でも、やはり暖冬で地温が高いのか、
 結構早く溶けてくれたように感じます。
 昨日が建国記念日の祝日で、今日がその振替休日。
 今週の半ばには気温があがって4月上旬の暖かさになるとか。
 今年は桜の開花も早いかもしれません。
 そうはいっても、今は梅の季節。

  20240210_150230_convert_20240210163651.jpg

    青天へ梅のつぼみがかけのぼる      新田 祐久

 そばに近づくと、なんともいえない梅の香り。
 春の匂いです。

 菜園で収穫できるのが茎ブロコッリー

  20240210_142711_convert_20240210163543.jpg

 あまり来園できない区画では
 黄色い花が咲いていたりします。
 なので、早めはやめの収穫がいいです。

 こちらは小カブ

  20240210_154314_convert_20240210163718.jpg

 うまく育ったとみえたのですが、
 抜くと虫に齧られたあとがいくつも。
 写真の左から2つめのカブなんか、
 いくつも齧られていました。
 本当ならまだ寒さであまり活動しないはずも虫たちも
 暖かいのでもう動きだしたのかもしれません。

 こちらはネギ

  20240210_141859_convert_20240210163505.jpg

 そろそろ収穫してもいいかももサイズになってきましたが、
 もう少し大きくなるのを待ちます。

 これはウスイエンドウ

  20240210_144722_convert_20240210163617.jpg

 冬越しの豆科の野菜はいずれもこれくらいまで育ってきました。
 ホームセンターでも豆科の苗が出回ってきましたから
 これからぐんぐん大きくなっていきます。
 「春めいて」、そんな季語にも暖かさを感じる頃になりました。

   春めきてものの果てなる空の色      飯田 蛇笏

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 昨日2月4日は立春でしたので、
 手元の「歳時記」も「春の部」に置き換えました。
 春の季語の中に「種芋」もあって、
 「歳時記」にはこう解説されています。
 「早春、温床で発芽させたあとで植え付ける」と。

    種芋のこのあえかなる芽を信じ      山口 青邨

 今日の「わたしの菜園日記」は
 畑仕事もあまりないので、
 ジャガイモの話を2題。
 まずは、クイズから。これらは何の名前でしょう?
 コナヒメ、グウェン、シンシア、ピルカ、さやか、
 アイマサリ、アローワ、トヨシロ
 ヒントをさしあげましょう。
 キタアカリ、インカのめざめ、メークイン、男爵
 もうお分かりですね、これらはジャガイモの品種の名前。
 これほどにたくさんの品種があって、
 NHKテキスト「やさいの時間」2・3月号
 紹介されています。

  4910165010249_1_2_convert_20240202201119.jpg

 特集が「ジャガイモで始める春菜園」ということで
 これらの品種の食べ比べもしています。
 「茹でる」の部門で「おいしさ高評価」は
 インカのめざめ、とかアイユタカとか。
 インカのめざめは「蒸す」部門でも高評価です。
 もちろん、栽培のテキストでもありますから
 「ジャガイモはこんなふうに育つ」という記事も
 しっかり載っています。

 育ちということが絵本にもなっています。
 それが荒井真紀さんの『じゃがいも』。

  06-0578_01_convert_20240130201927.jpg

 荒井真紀さんは写実的な絵で
 これまでにもいくつかの野菜の絵本を描いてきています。
 この『じゃがいも』でも
 土の中でどう大きなイモになっていくのだとか、
 地上で葉や茎がどう大きくなっていくのかが
 丁寧に描かれています。
 まさに丹精込めた絵本といえます。
 それにこの絵本では普段あまり見られない
 ジャガイモの花や小さな実も描かれています。
 これまで実際にジャガイモを育てて、
 花や地上の出た実を見た時は少しうれしくなりました。
 菜園の楽しみは
 収穫の多寡だけでなく、野菜の営みを味わうことでもあります。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 今年は暖冬だからでしょうか、
 少し冷え込んだり北風が強く吹くと寒く感じます。
 近くの公園では水仙の花が咲き始めました。

  20240128_095631_convert_20240128131640.jpg

 水仙は春の花のイメージがありますが、
 季語としては冬。

    一茎の水仙の花相背く        大橋 越央子

 でも、やはり春の気配を感じる花でもあります。

 先週ジャガイモの「浴光催芽」のことを書きましたが、
 写真のように芽が出てきました。

  20240128_115042_convert_20240128132022.jpg

 よく出ているのはメークインの方。
 やはり品種によって芽が出やすかったりするのかも。
 2月中旬には植え付けできそうです。

 畑の作業も収穫もほとんどないのですが、
 昨日の日曜日畑に行って、
 ミニニンジンの間引きをしました。

  20240128_101646_convert_20240128131938.jpg

 間引いたニンジンの小さいこと、ちいさいこと。
 それでも、小さくてもニンジンの色と形をしているから
 感心します。

 こちらはソラマメ

  20240128_100728_convert_20240128131730.jpg

 この時期ですから、まあこれぐらいがいいでしょう。

 畑では霜柱が出たのか、土が荒れています。
 でも、こうして自然の力で土も再生されていくので
 これも必要。
 今週の日曜日、2月4日は立春
 春はもうすぐです。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ