この季節、少しばかり自然界の方が
 俳句の世界よりも進んでいる。
 例えば、新緑
 街のあちこちはすっかり新緑だけど
 俳句の世界ではこれは夏の季語

 CIMG2459_convert_20180415091704.jpg

 立夏はまだ少し先なので
 少し早い。

    新緑の香に新緑の風を待つ      稲畑 汀子

 そうはいっても
 これから街にはいろんな草花が咲くので
 散歩も楽しい季節です。

  CIMG2464_convert_20180415092032.jpg

 土日には天気が崩れるというので
 4月13日の金曜日に
 畑に行って
 夏野菜の畝づくりを始めました。
 元肥の効果がでる期間があるので
 苗を植える時期を考えて
 逆算しながらの畝づくりです。

  CIMG2460_convert_20180415091748.jpg

 この畝には
 キュウリインゲン
 そしてカボチャを植えます。
 カボチャは昨年うまくいかなかったから
 今年はリベンジです。

 少し前に蒔いた
 トウモロコシはうまく芽がでました。

  CIMG2461_convert_20180415091849.jpg

 同じ頃蒔いた
 ニンジンはどうも芽がでなくて
 この日蒔き直しをしました。
 こまめに水をあげなかったせいかしら。
 何回やっても
 うまくいったり
 うまくいかなかったり。
 だから、野菜づくりは面白いともいえますが。

 こちらは
 ニンニクタマネギ

  CIMG2462_convert_20180415091952.jpg

 収穫までまだ一ヶ月はかかりそう。
 これからは
 収穫と栽培で
 楽しい時期になっていきます。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 いつもの年であれば
 日の日曜あたりが
 桜まつりで
 各地の桜の名所が賑わう頃ですが
 今年の桜は早かったので
 もうすっかり葉桜になっていたりします。

  CIMG2452_convert_20180408155101.jpg

 実はこの葉桜
 夏の季語なんです。
 だから、随分早いですね。

    葉桜の中の無数の空さわぐ      篠原 梵

 それでも
 探せばまだ春の草木も見頃で
 こちらは春のたんぽぽ。

  CIMG2451_convert_20180408154947.jpg

    たんぽぽや日はいつまでも大空に     中村 汀女

 昨日の日曜(4月8日)は
 畑で夏野菜の準備と今育てている野菜の管理の
 講習会がありました。
 私の菜園生活も4年めですが
 やはり講習を受けると
 やる気が全然ちがいます。
 約1時間の講習を受けて
 いざ自分たちの区画に。

 この日はイチゴの畝に
 鳥対策のネットをかけました。
 ようく見ると
 小さな実がつきはじめています。

  CIMG2453_convert_20180408155147.jpg

 赤くなると
 鳥にねらわれるので
 それをネットでふせぎます。

  CIMG2455_convert_20180408155332.jpg

 畝に貼った銀のテープは
 アブラムシ対策。

 そして、こちらは
 ジャガイモの芽。

  CIMG2454_convert_20180408155237.jpg

 やっと出てきました。
 新しい芽が出る時は
 期待と不安で
 わくわくします。

 スナップエンドウ
 ほんの少し収穫しました。

  CIMG2458_convert_20180408155414.jpg

 少なくても
 厳しい冬を越して
 こうして実をつけてくれた
 野菜に感謝です。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 今年の桜は
 満開になってから好天気が続いたので
 じっくり楽しめたのではないですか。
 さすがに昨日の日曜日は
 耐えきれずに
 散り始めていました。
 川には見事は花筏ができて
 それはそれで風情があって
 好きです。

  CIMG2444_convert_20180401150454.jpg

    一片のまた加はりし花筏     上野 章子

 桜並木沿いに
 畑がありますから
 畑にも桜が舞い落ちていました。

  CIMG2445_convert_20180401150545.jpg

 そんな中、
 畑でカレー大会がありました。
 もう少し早ければ
 満開の桜を愛でながら
 カレーも頂けたのですが
 こればかりは仕方がありません。
 舞い散る桜を見ながらの
 カレー大会となりました。

  CIMG2448_convert_20180401150719.jpg

 参加した人は100人足らずで
 この春にやめる人とは
 旧交を温め、
 新しく菜園を借りた人とは
 畑の楽しみを語り、
 楽しい一日を過ごしました。

 畑は収穫もいいですが
 珍しい花も楽しめたりするので
 そのあたりは
 菜園生活の醍醐味です。
 これはダイコンの花

  CIMG2447_convert_20180401150630.jpg

    大学の庭の大根花咲けり     沢木 欣一

 「大根の花」は春の季語です。
 歳時記には
 「菜の花のような明るさも感じられないが、
 ひっそりとした味わいがある
」と
 書かれています。

 そして、これは
 スナップエンドウの実。

  CIMG2449_convert_20180401150801.jpg

 私は朝から行って見て
 見落としてしまいました。
 写真で
 どこまでわかるでしょうか。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 この土日、
 天気もよかったですし
 花見をされた人も多かったのでは
 ないでしょうか。
 東京の花見の人気スポット
 目黒川の桜も
 上野公園の桜も
 まさに見頃。
 花もよかったですが、人も多かった。
 それで疲れてしまうことを
 花疲れといいます。
 美しい季語です。

   川を見て坐れる母や花疲れ     北澤 瑞史

 桜は毎年見ていますが
 それぞれの年に思い出がのこります。
 だから、この句はとてもいい。

   さまざまの事おもひ出す桜かな     松尾 芭蕉

 畑のそばを流れる鴻沼川沿いの桜も
 ほぼ満開。
 せっかくなので桜の景を。

  CIMG2428_convert_20180325140728.jpg

 こちらの奥には
 さいたま新都心の高層ビルが。

  CIMG2441_convert_20180325141420.jpg

 そして、畑と桜。

  CIMG2439_convert_20180325141219.jpg

 もう一枚は
 畑でトウダチした菜の花と桜。

  CIMG2436_convert_20180325141049.jpg

 春ならではの光景も
 畑ならでは。

 畑では
 桜以外にも
 いろいろ花をつけはじめました。
 こちらはスナップエンドウの花。

  CIMG2432_convert_20180325140815.jpg

 そして、
 こちらはイチゴの花。

  CIMG2433_convert_20180325140900.jpg


 日曜日(3月25日)には
 ニンジンの種を蒔きました。

  CIMG2437_convert_20180325141134.jpg

 横に見えているのは
 ニンジンの種まき用スケール。
 2cm間隔で種が播けるようにしてあります。

 2週間前に播いた
 トウモロコシはかわいい芽を
 出してくれました。

  CIMG2435_convert_20180325140954.jpg


 来週の日曜は
 花見をしながらのカレー大会
 きっと散りはじめの桜を楽しめるでしょう。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 今年は寒かったので
 桜の開花も遅いと考えがちですが
 逆なんですね。
 深い睡眠ですっきりお目覚めというところでしょうか。
 3月17日の土曜日に
 東京で桜の開花宣言がありました。
 私の畑のそばの桜の方はどうかとさがしてみたら
 ありました、ありました
 桜が一輪咲いています。

  CIMG2421_convert_20180317174841.jpg

 これからソメイヨシノが咲きほこりますが
 すでに早咲きの桜は満開になっていて
 これも近くで見つけました。

  CIMG2423_convert_20180317174925.jpg

 そして、
 もっと目を見張ったのが
 木蓮の花

  CIMG2425_convert_20180317175017.jpg

    はくれんの一弁とんで昼の月      片山 由美子

 木蓮とよく似た花が
 辛夷(こぶし)
 実は辛夷にある野菜の格言があります。
 わかります?
 それがジャガイモ
 どんな格言かというと
 辛夷が咲いたらジャガイモを植える合図
 つまり、まさに今。

 ということで
 先日の土曜にジャガイモを植えました。

  CIMG2417_convert_20180317174530.jpg

 タネイモを四つ植えて
 その間に置き肥をします。
 この置き肥の分量を間違って
 あわてて夕方掘り起こしに行きましたが。
 どのあたりに植えたか
 その目印にヒモをひきました。

  CIMG2418_convert_20180317174620.jpg

 芽が出てくるか
 楽しみです。

 桜ではないですが
 野菜も暖かくなって
 トウダチが目立つようになりました。
 これは畑で見つけたトウダチした野菜。

  CIMG2419_convert_20180317174707.jpg

 これは芽キャベツのトウダチ。
 こちらはナバナ

  CIMG2420_convert_20180317174754.jpg

 菜の花になっています。

 なかなか畑に行く機会がないと
 こういうトウダチになってしまいます。
 それはそれで
 面白いというか
 なかなか見られない光景ではありますが。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ