FC2ブログ
 今日は成人の日

    成人式済みたる男女腕をくみ     里見 宜愁

 ちなみに季語の「成人の日」は
 「歳時記」の分類でいえば「冬の部」ではなく
 「新年の部」にはいっています。
 私が成人の日を迎えたのは
 もう随分前になりますが
 今から思えば
 ほとんど何もわかっていなくて
 成人とは言葉ばかりの小僧だったと思えます。
 人生はたくさんの選択があるのに
 それすらあまりわかっていなかった。
 そんな小僧でも
 なんとか年を重ねることができるのですから
 新成人の皆さん、心配することはありません。
 あなたの前にはたくさんの道が
 広がっていることを信じて。

 冬のこの時期は
 畑の作業もあまりありません。
 私が借りている菜園では
 野菜の残菜で堆肥をこしらえていて
 新しい土がうまく出来てきたので
 それを畝に混ぜることをしてきました。
 新しい土には
 写真では見えにくいかもしれませんが
 ミミズがたくさんいて
 土を耕してくれます。

  20200111_145713_(2)_convert_20200111165541.jpg

 ミミズの力はすごいのです。

 この日(1月11日)
 この冬三つ目のキャベツを収穫しました。

  20200111_161059_convert_20200111170042.jpg

 これで冬野菜はもう終わりかな。

 こちらは三太郎という品種のダイコン

  20200111_143621_convert_20200111165446.jpg

 ようやく白い首をのぞかせたばかりですから
 収穫は春になります。

 そして、タマネギ

  20200111_150552_convert_20200111165909.jpg

 これも球になるまでにはいたっていませんが
 こうしてみると
 りっぱなタマネギ栽培です。

 スナップエンドウには
 倒れないように
 紐かけをしました。

  20200111_150241_convert_20200111165818.jpg

 もう少し大きくなれば
 ここにツルがからんできます。

 今年は暖冬ですから
 それが野菜にどんな影響をもたらすか
 早いトウダチとか
 少し心配です。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 松の内というのは
 門松を立てておく期間をいうと
 「歳時記」にあります。
 関東と関西ではその期間も違うようで
 関東であれば元旦から6日または7日をいうそうです。

  20200104_105847_convert_20200105113630.jpg

    浅草によき空のあり松の内       京極 杜藻

 そして、
 今日は二十四節気の一つ、小寒
 今年の関東のお正月は暖かで「穏やかでしたが
 暦ではこのあたりから厳しい寒さに
 向かう頃です。

 今年の元旦の新聞を読んでいて
 目に飛び込んできたのが
 この広告。

  20200101_094115_convert_20200101155902.jpg

 これは私が借りている
 シェア畑という菜園の広告。
 全面でドーンとありましたから
 この広告を見て
 お、今年は定年にもなるから畑でもやってみるかと
 考えた人もいるかもしれません。
 今年菜園6年めを迎える私ですが
 ぜひぜひおやりなさいと勧めたい。
 土と遊ぶ。
 野菜を味わう。
 人と交わる。
 こんないいことはないですよ。

 昨日(1月5日)
 今年初めて畑に行ってきました。
 初めて田畑に鍬を入れることを
 鍬始といいます。

    鍬初めに出てゐるたつた一人かな      阿波野 青畝

 この句のように
 昨日私が畑に行った時には誰もいなくて
 なんだか畑を独り占めした気分です。

 冬場のこの時期
 畑では寒起こしといって
 粗く土を起こして寒さにあてて
 リフレッシュさせます。

  20200105_104245_convert_20200105113758.jpg

 写真手前が寒起こしした畝です。

 この時期は
 ほとんど収穫するものもありません。

  20200105_104421_convert_20200105114244.jpg

 これはホウレンソウですが
 収穫というところまではいきません。
 まずは
 新しい年の新鮮な気分を
 畑からもらうだけです。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プレゼント 書評こぼれ話

  今年は暖冬のせいか
  雪の多い北国でも
  例年になく雪が少ないそうです。
  それでも
  私が借りている菜園では
  みなさん写真のように
  まるでさなぎの中にいるみたいになっています。

   20191222_120717_convert_20191222170708.jpg

  この冬の野菜の収穫もほぼ終わって
  今はほとんど休耕状態。
  なので、今日の「わたしの菜園日記」は
  特別版として
  野菜の素敵な本を紹介します。
  ずばり、『菜の辞典』。
  畑に行かない日は
  これを読みながら過ごすのも
  いいかな。

     冬籠ひとりの智慧はひとり分     星野 黍丘人

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  「赤じそ」で始まるこの辞典の最後に掲載されている野菜は?                   

 「誰にでも野菜の記憶があります」と、この辞典(タイトルが『菜の辞典』ですからそうなのですが、あまりにもかわいくてお部屋のインテリアとかにも合いそう)のまえがきのような文章に書かれていました。
 そういえば、小さい頃母の手伝いで実えんどうの豆をよくとっていたことがあります。あれは大阪近郊で採れるうすいえんどうだったのでしょうか。
 この辞典には「グリーンピース」として実えんどうが載っています。
 そのページを開いて、この辞典を説明しましょう。
 左のページの上半分でこの野菜の可食部100グラム当たりに含まれる栄養成分とその値が載っています。
 次に食べ方とか名前の由来、その次には旬の時期が表記されています。
 「グリーンピース」の場合だと春から初夏にかけて、といった具合。
 その次は野菜の鮮度の見分け方。
 「さやがみずみずしい緑色でふっくら盛り上がっているもの」が「グリーンピース」にはいいようです。
 そして、保存方法。

 実はこの辞典が素敵なのは、右ページにある野菜のイラスト。
 描いたのは川副美紀さん。
 写真でなくイラストというのが、この辞典を物語の世界に誘ってくれるような感じにさせてくれます。

 この辞典には174種類の野菜が掲載されていて、辞典らしく50音順に並んでいます。
 最初が「赤じそ」。
 結構地味な野菜から始まっていますが、最後はなんだと思います?
 「わ」で始まって、「全国で自生する山菜」です。
 わかりましたか。
  
(2019/12/23 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 次の日曜は
 1年中で最も日が短い冬至ですから
 この頃は日没が16時半頃なので
 日の暮れの早さを感じます。

  20191215_150626_convert_20191215165646.jpg

   少しづゝ用事が残り日短     下田 実花

 この句のように
 毎日があわただしくなってきます。

 お礼肥えという言葉をご存じですか。
 収穫した後の野菜に消耗した樹勢を回復させるために与える肥料のことで
 家庭菜園だけでなく
 ガーデニングなんかにもあるようです。
 この日(12月15日)
 ニラお礼肥えをしました。

  20191215_142724_convert_20191215164604.jpg

 枯れているのを切って
 まわりに牛ふん堆肥と鶏ふん肥料をまきました。
 今年もよくがんばってくれました。
 来年もよろしくという
 感謝の気持ちを込めて。

 寒さが本格化してくると
 イチゴの葉もこうして色づいて
 冬を越す準備です。

  20191215_142858_convert_20191215165008.jpg

 こちらはスナップエンドウ

  20191215_144624_convert_20191215165116.jpg

 ひと穴に4粒の種を蒔きましたが
 ほとんど芽がでないのもあって
 そちらには菜園で育てていたのをもらって
 移植しました。
 写真の手前がそれで
 奥はなんとか芽を出してくれたもの。
 これで冬を越すことになりそうです。

 冬を越すというと
 タマネギもそうです。

  20191215_145406_convert_20191215165236.jpg

 今回のタマネギは順調に根づいてくれたようで
 このまま冬を越して
 春には太ってくれる? はずです。

 この日
 キャベツを一つ収穫しました。

  20191215_154005_convert_20191215165757.jpg

 今回は3つキャベツを栽培していて
 これが2つめの収穫です。
 実はキャベツといっても
 品種が違うようですが
 見た目には
 ほとんどわかりません。
 キャベツには
 申し訳ないのですが。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 昨日(12月8日)
 さいたま国際マラソン大会がありました。
 今年で5回めの大会です。
 この大会がは女子マラソンですが
 国際競技のあと一般市民が走るようになっています。
 毎年驚くくらい
 たくさんの市民ランナーが参加しています。

  20191208_135728_convert_20191208182327.jpg

    マラソンの背中見送る冬木立     池田  敬彩

 私は走ることはできないので
 せめて畑作業でもと
 でかけました。

 この日はまず
 ホウレンソウの間引き。
 結構種をたくさん蒔いたので
 間引きするのも大変。

  20191208_141135_convert_20191208182449.jpg

 そのあと、
 寒さ対策のトンネル栽培です。

  20191208_144234_convert_20191208182916.jpg

 寒くなると
 どうしても生育が遅くなるので
 写真のように
 ビニールで覆います。

 こちらはソラマメ

  20191208_142608_convert_20191208182720.jpg

 このまま冬を越して
 春にはぐんと成長するはず。

 春の野菜といえば
 これはナバナ

  20191208_144256_convert_20191208183240.jpg

 毎年ナバナの栽培には苦労をしていて
 このナバナも植え直ししたもの。
 それでも
 あまり大きくなりません。

 そして、この日
 あの黄ニラを収穫しました。

  20191208_154408_convert_20191208183352.jpg

 黄ニラを栽培しましたが
 今まで黄ニラなるものを食べてことがありません。
 この黄ニラ
 鍋でしゃぶしゃぶして頂きましたが
 おしいかった。

 菜園を始めて
 初めて口にする野菜も
 結構多かったりします。
 そういうのも
 家庭菜園ならではの
 楽しみ方なんでしょうね。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ