FC2ブログ
 梅雨の終り近くになると
 毎年決まったように
 大きな水害に見舞われます。
 先週末も熊本で大きな災害がありました。
 いつも思うことですが
 水につかった田んぼや畑を見ると
 農家さんの悲しみや悔しさはいかばかりかと
 思います。
 そんな中、梅雨の合間に見つけた
 木下闇(こしたやみ) の風景。 

  20200703_113736_convert_20200705131530.jpg
 
 木下闇は夏の季語で
 木々が鬱蒼と茂るようになって
 樹下が昼でも暗いそんな様をいいます。

     名刹といふもおほかた木下闇        檜 紀代

 関東でも先週の半ばに
 強い風が吹いて
 先週作った雨よけシートをはずさなくては
 いけないぐらいになりました。
 次の日には
 また雨よけシートをつけるといったように
 雨の時期は
 トマトの栽培は大変です。
 でも、
 大玉トマトはなんとか赤くなってきました。

  20200705_095901_convert_20200705131615.jpg

 あと1週間ほどで収穫できるかも。
 それまで頑張って!

 こちらは赤ジソ

  20200705_095923_convert_20200705132012.jpg

 だいぶ茂ってきました。
 その奥にあるのが
 甘長トウガラシ長ナス

 夏野菜は
 成長が早いので
 気をつけないと
 たちまち大きくなってしまいます。
 これは
 先週水曜に収穫した夏野菜ですが
 このあとも何度か収穫しています。

  20200701_153255_convert_20200705131224.jpg

 珍しい野菜も
 紹介しておきます。
 ベランダで育てているミニキュウリ

  20200701_185218_convert_20200705131322.jpg

 これは10cmぐらいが収穫時期だとか。
 小さくてもキュウリです。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 雨、雨、くもり、晴れ、雨みたいな
 天気が続きます。
 梅雨だから
 仕方ないのですが。
  
    五月雨や上野の山も見あきたり        正岡 子規

 この句の「五月雨(さみだれ)」は梅雨のことで
 夏の季語。

 毎年この時期になると
 気がかりなのが
 トマトのこと。
 というのも、
 トマトは雨が苦手なのです。
 果実に雨があたって割れたり
 病気が発生したり、
 だから雨よけの対策をすすめる人もいます。
 そこで、
 今年はトマトの雨よけ対策
 実行しました。

  20200626_093908_convert_20200627085057.jpg

 写真のビニールシートは
 スーツケースを包んでいたものを
 活用しました。
 とりあえずは
 大玉トマトに雨がかからないようにしています。
 素人の手仕事ですから
 どこまで雨よけになるかわかりませんが
 工夫してやってみるのも  
 また楽し、です。

 楽しといえば
 今年の夏は
 オカワカメを栽培していますが
 それに続く「オカ」シリーズではありませんが
 オカノリの栽培を始めました。

  20200626_093406_convert_20200627084834.jpg

 これはノリの味がするのかな?
 今までに食べたことのない野菜ですから
 うまく育ってくれるのが
 楽しみ。

 今年もトウガン(冬瓜)を育てていて
 ひとつ実が育ってきました。

  20200626_093535_convert_20200627084915.jpg

 この実のそばで
 もうひとつ実っていたのですが
 作業中に落ちてしまいました。
 赤ちゃんのこぶしぐらいでしたが
 漬物にして
 いただきました。

 これは水ナス

  20200626_093655_convert_20200627085023.jpg

 結構実をつけてきました。

 そして、
 モロヘイヤ

  20200626_093557_convert_20200627084950.jpg

 これも菜園を始めてから
 しっかり定着した夏野菜になりました。

 梅雨明けまでは
 もう少し。
 夏野菜の本番はこれからです。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 梅雨の時期は
 天気予報を気にしつつ
 畑に行く日を計画します。
 梅雨晴間となった
 6月20日の土曜日は
 絶好の畑日和。

  20200620_105100_convert_20200620201223.jpg

 ちなみに
 梅雨晴間も夏の季語。

    ひづめまで仔豚ももいろ梅雨晴間      満田 春日

 今日は
 先週の復習から。
 先週トウガン(冬瓜)雌雄異花同株というお話をしました。
 その際に載せた写真は雄花でしたので
 今日は雌花です。

  20200620_090326_convert_20200620200749.jpg

 花弁の下がぷっくりふくれているのが
 雌花。
 これに雄しべの花粉がうまくつけば
 実に育ちます。
 この日は雄花をとって
 雌花にこすりつけて
 人工授粉もしておきました。

 雨が多いと
 雑草が伸びるのも早いので
 この日は草取り
 どこにニラが育っているのかわからないくらい
 雑草が茂ってしまいました。

  20200620_090549_convert_20200620200846.jpg

 作業のあとは
 このとおり。

  20200620_094453_convert_20200620201137.jpg

 これもちなみにですが
 草取りも夏の季語。
   
   日の照れば帽子いただき草むしり      小沢 青柚子

 野菜の成長具合を
 見てみると
 まずはエダマメ

  20200620_094246_(2)_convert_20200620201032.jpg

 かわいい実がつきはじめています。
 ぷっくらふくれてくれば
 収穫時期。
 もう少しですね。

 これはショウガ

  20200620_091052_convert_20200620200942.jpg

 やっと芽が出たところ。
 こちらはまだまだ時間がかかります。
 こちらはモロヘイヤ

  20200617_165142_convert_20200620200705.jpg

 これも芽が出たばかりですから
 収穫まではまだ先。

 夏野菜は収穫できるものも
 でてきました。
 この日収穫した
 長ナス水ナスキュウリ
 それと黄色いミニトマト

  20200620_152439_convert_20200620201314.jpg

 これから
 どんどん採れることを願って。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 先週の11日木曜に
 関東地方は梅雨入りをして
 本格的な雨の季節になりました。

    入梅や蟹かけ歩く大座敷      小林 一茶

 雨が降る前に
 収穫しないといけないので
 前日の水曜
 畑のジャガイモの残り4株を収穫しました。

  20200610_174555_convert_20200613105018.jpg

 大きいのやちっこいのや
 さまざまでしたが
 ジャガイモ掘りは楽しいものです。

 この日は
 長ナス甘長トウガラシの一番果も
 収穫しました。

  20200610_174733_convert_20200613105057.jpg

 夏野菜の一番果は
 できるだけ早く収穫します。
 そうすることで
 たくさんの実がこれからできます。

 これはトウガン(冬瓜)の雄花。

  20200612_112833_convert_20200613105322.jpg

 そこで問題。
 この花から実がつくでしょうか。
 答えはNO。
 トウガンの場合、
 雄しべをもつ花と
 雌しべをもつ花が別々に咲きます。
 実がつくのは雌しべの方。
 こういうのを
 雌雄異花同株といいます。

 その一方で
 ナスの花のように
 一つの花の中に
 雄しべと雌しべがあるのを
 両性花といいます。
 なので、トウガンはこの雄しべと
 雌しべがうまく咲かないと受粉できません。
 つまりは実にならないのです。

 こちらは
 先週種をまいた
 オクラです。

  20200612_112534_convert_20200613105231.jpg

 今年はオクラだけでなく
 オカワカメとかモロヘイヤとか
 ネバネバ系の夏野菜をたくさん育てています。

 私の菜園では
 ハーブの好きなアドバイザーさんがいて
 今きれいな花が見頃と
 なっています。
 これはタイム

  20200612_112402_convert_20200613105143.jpg

 なんともかわいい花です。
 そして、ラベンダーです。

  20200612_113424_convert_20200613105358.jpg

 これからの季節、
 天気予報を見ながらの
 畑作業となってきます。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 ユリの花はなんだか一年中咲いている
 イメージが私にはあるのですが
 実際に今の頃が
 見頃らしい。
 なので、「歳時記」にも夏の部で載っています。

    百合の花朝から暮るるけしきなり       小林 一茶

  20200605_121457_convert_20200606163833.jpg 

 これは近所の家で咲いていたユリですが
 どこで咲いていても
 この花にはどことなく
 気品を感じます。

 先週の金曜(6月5日)、
 夏野菜の最後の植え付けを行いました。
 キュウリです。
 いつもの年であれば
 もう少し前に植え付けているのですが
 今年はこの時期になりました。

  20200605_102942_convert_20200606163707.jpg

 キュウリの苗の向こうには
 オクラの種を蒔いています。
 なので、
 今年はネットは片面だけにかけました。

  20200605_114237_convert_20200606163750.jpg

 畝半分、白く見えているところは
 太陽熱消毒をしています。
 畝に水をいっぱいふくませて
 透明シートを掛け、
 太陽熱で熱くして消毒します。
 ここには
 8月にニンジンを栽培する予定です。

 これより先に植えた
 もう一つのキュウリには
 黄色いかわいい花が咲き始めました。

  20200605_091746_convert_20200606163611.jpg

 こちらの方が収穫ははやそう。

 今年はトマトは2種類育てています。
 こちらが大玉トマト

  20200605_091615_convert_20200606163324.jpg

 そして、これがミニトマト

  20200605_091635_convert_20200606163424.jpg

 収穫まではまだ先です。

 この日ジャガイモを収穫しました。

  20200605_122545_convert_20200606163920.jpg

 今年は種イモを6つ植えていて
 そのうちの2つをまずは収穫。
 それがこちら。
 ちょっと小ぶりですがまずまず。
 あとの4つも
 梅雨前には収穫しないと。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ