fc2ブログ
 副題にある「竹内浩三」をウィキペディアで調べると、「日本の詩人」とある。
 けれど、萩原朔太郎中原中也といった詩人とは違うし、
 戦後の谷川俊太茨木のり子といった詩人とも違う。
 竹内浩三は昭和20年4月、23歳の時ルソン島で戦死していた青年だった。
 その彼が「日本の詩人」として名を後の世に残すことになったのは、
 「戦死やあわれ」とうたわれた『骨のうたう』という一篇の詩が、
 戦後多くの人に知られていったことがきっかけとなった。
 1979年生まれの稲泉連竹内浩三を知るのも、
 2001年11月に出版された『竹内浩三全集』全一巻との出会いであった。

 稲泉連はこの『ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死』により、
 2005年に第36回大宅壮一ノンフィクション賞を史上最年少で受賞している。

   

 竹内浩三という詩人が生まれたのは、竹内の遺稿を大切に保管されていた姉の存在が大きい。
 そして、その姉から遺稿を託された浩三の友人たち、
 偶然浩三の詩を知ることになった若くして亡くなってしまうNHKのディレクター、そして彼の友人。
 そういった人のつながりが竹内浩三という無名の兵士を「日本の詩人」に生まれ変わらせたといえる。
 そして、そこにつながっていくのが、20代前半だった稲泉だ。
 稲泉がこの作品を書き、大宅壮一賞を受賞したことで、
 竹内浩三はこれからも「日本の詩人」であり続けるだろう。

 竹内浩三は『骨のうたう』で反戦詩人のようにいわれることが多いが、
 『五月のように』は「青空のように/五月のように/みんなが/みんなで/愉快に生きよう」といった、
 高い空をあおぐような詩も書いた「日本の詩人」なのだ。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は二十四節気のひとつ、
  小暑
  暑さがだんだん本格的になる頃だが、
  今年はすでに最初の猛暑を体感してしまった。

    塩壺の白きを磨く小暑かな     山西 雅子

  そして、今週日曜の参議院選挙まで
  候補者は休まることはない。
  今日は
  石井妙子さんの『女帝 小池百合子』を
  紹介します。
  この本はずっと気になっていたのですが
  読んでみて驚いたのは
  ほとんどすべて小池百合子さんって????
  という感じで書かれていること。
  なお、この作品は
  第52回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞しています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  山は動かない                   

 「山が動いた」という名言は、当時の社会党党首だった土井たか子が1989年の参議院選挙で与野党逆転の勝利を飾った時に口にしたもの。
 その土井たか子の地盤である兵庫二区に1993年の衆議院選挙に立候補し、土井との対抗姿勢を鮮明に打ち出したのが、当時41歳の小池百合子だった。
 ミニスカートをはき「女」を前面に出して戦った小池だったが、土井に勝つことなく、2位で当選することになる。
 それから、25年近く経って、小池は「山が動く」ことを確信していたのではないだろうか。
 2017年の衆議院選挙、すでに東京都知事の職にあった小池は熱狂的な支持に支えられ、「希望の党」を立ち上げ、混迷を深める民進党を吸収する勢いであった。
 その時、小池は民進党議員を政策の違いで「排除する」といい、そのことで急速に支持を喪っていく。
 小池の「山」は動くことはなかった。

 それでも、小池の存在は圧倒的で、コロナ禍の東京をもしくは日本を率いている感さえあった。
 ノンフィクション作家石井妙子による本書は、まだコロナ禍真っ最中の2020年5月に刊行され、多くの注目を集めた。
 何故なら、そこには小池への疑惑が次から次へと書かれていたのだから。
 特に小池の学歴詐称疑惑(小池はカイロ大学を日本人女性として初めて卒業したことになっている)は、当時小池と同居していた女性の証言によればほとんど大学には行かず、到底卒業に至っていないという。
 ここまで書かれているが、小池はいまだ都知事の職にある。
 真実はどうなのか解明されることはないかもしれないが、少なくとも本書がある限り、小池が山を動かすことはないだろう。
  
(2022/07/07 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  石井妙子さんの『魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣』を
  紹介します。
  書評にも書きましたが
  この本を読むきっかけは
  映画「MINAMATA-ミナマタ-」でした。
  それまで
  写真家ユージン・スミスのことは
  知りませんでした。
  映画を観たあと、
  図書館の蔵書から関連本を探していて
  この本を見つけました。
  2021年9月に出た本ですから
  映画を観てから
  読んだ人も多かったのではないでしょうか。
  明日は
  映画「MINAMATA-ミナマタ-」の話をしましょう。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  映画もこの本もよかった                   

 「読んでから見るか、見てから読むか。」
 これは1977(昭和52)年、森村誠一原作の『人間の証明』が角川映画として封切られた時のキャッチコピーだが、今でも十分活用できる。
 石井妙子が2021年に刊行したこの本を読むきっかけは、ジョニーデップが主演した映画『MINAMATA-ミナマタ-』を観たからで、つまりは「見てから読む」にあたる。
 ただ、石井のこの作品は映画の原作ではないし、映画が石井の作品によってできたものではない。
 石井の作品は水俣病で苦しむ水俣の人たちを取材し、その姿を写真として残したアメリカの写真家ユージン・スミスと当時彼の妻であったアイリーンの姿を追ったノンフィクションである。
 映画では二人の関係はラブストーリーのように描かれていたが、実際にはもっとドロドロした関係だったことが、石井の作品でよくわかる。
 もちろん、いろんな描き方があることはわかったうえで書くと、二人の愛憎をからめた方が映画は面白かったかもしれない。

 石井の作品ではアイリーンとユージン・スミスの、二人の出会いまでが二つの章で描かれている。ふたつの糸が交わることで、新たな出会いが、それが水俣であるのだが、生まれたといえる。
 そして、水俣の悲劇を石井は丁寧に描いていく。それを描くことで、ユージン・スミスたちがカメラのフィルムに撮ろうとしたものがより深く理解できる。
 二人はこのあと別れ、ユージンは1978年に59歳の生涯を終えることになる。
 石井はアイリーンとの長い会話を通して、ユージンと水俣に向かい合えたことを感謝して、本書を閉じている。
  
(2022/06/17 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  ノンフィクション作家沢木耕太郎さんが
  『防人のブルース』でデビューしたのが
  1970年のこと。
  そのことが象徴するかのように
  70年代はノンフィクションの時代といっていい。
  柳田邦男本田靖春立花隆といった
  ビッグネームが綺羅星のように
  輝いていました。
  そんな中、
  今日紹介する『淋しき越山会の女王』を書いた
  児玉隆也さんは
  流れ星のようにして
  去っていきました。
  ちょっと前にNHKの番組で
  田中角栄退陣の話をしていて
  そういえば
  児玉隆也さんの作品をちゃんと読んでなかったなと
  今回手にしました。
  逝ってしまった流れ星を
  今は惜しむしかありません。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  表題作よりむしろ「ガン病棟の九十九日」を薦める                   

 38歳というのはどんな年齢だろうか。
 学校を出て働きだして十年以上たって、組織の中では中堅どころとして期待されるそんな年齢だし、家庭では結婚して子供がいてもまだせいぜい小学生といったところだろう。
 その年で、ガンでなくなるのは、周りの人の思い以上に、本人には言い尽くせない感情があったと推測する。
 まして、彼の場合、ノンフィクション作家としてこれからの活躍をどれだけの人が期待していたことか。
 彼の名は、児玉隆也。
 1975年5月、38歳の短い人生を終えたノンフィクション作家だ。

 大学を出て女性誌の記者になる。その後フリーの記者になったのが35歳の時だから、ノンフィクション作家としての活動は極めて短い。
 それでいて、彼の名前が今でも語られるのは、この本のタイトルにもなっている「淋しき越山会の女王」という作品によるものだ。
 といっても、「越山会」といわれても、今では覚えている人も少ないかもしれない。
 かつて「今太閤」と人気を誇った総理大臣田中角栄の後援会の名称であり、この作品ではその金庫番ともいえる女性を描いた作品である。
 この作品とともに立花隆の「田中角栄研究-その金脈と人脈」の雑誌連載が、田中角栄を退陣に追い込むことになる。

 この文庫本では児玉が学生時代に綴った「子から見た母」や水俣病の原因となったチッソを描いた「チッソだけが、なぜ」のほか、自身のガンの闘病記となる「ガン病棟の九十九日」などが収められている。
 特に「ガン病棟の九十九日」は今読んでも新鮮で、ノンフィクション作品として古典の風格さえ感じる名作だ。
  
(2022/04/28 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  太宰治が亡くなったのは
  1948年ですから
  すでに半世紀以上前のこと。
  その彼と生前交流があった人たちも
  多くは鬼籍にはいっていますが
  ここに太宰治を知る女性がいます。
  それがこの本の主人公、林聖子さん。
  今日は
  彼女を取材した森まゆみさんの
  『聖子 新宿の文壇BAR「風紋」の女主人』を
  紹介します。
  私は林聖子さんのことは数年前に
  太宰治を特集した雑誌で読んだことがありました。
  いろんな名前が出てきて
  面白いですよ。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  彼女だからこその歴史をみせてもらった                   

 「聖子」といっても、松田聖子さんのことではない。
 太宰治の小品『メリイクリスマス』に登場した若い女性のモデルといわれ、太宰の情死事件の際には太宰を慕った人たちとともに彼を探したという。
 その後、出版社で働いたり、演劇を志したりし、やがて新宿に「風紋」というバーを経営することになる。
 そこに彼女を慕う知識人や作家、映画人などが集まることになり、いつしか「文壇バー」と呼ばれるようになっていく。
 彼女の名前は林聖子。昭和3年生まれ。
 伝説の「文壇バー」は2018年に閉店しているが、聖子さんが見たり聞いたさまを残しておきたいと、作家森まゆみが取材した、本書はその記録である。

 聖子さんの個人史というより、彼女のまわりの時代を生きた人々の記録といえる。
 まず、聖子さんの父はアナキスト大杉栄らと交流のあった洋画家林倭衛(しずえ)。本書の前半ではこの父を中心とした明治から大正にかけての画家や思想家が語られる。
 後半は太宰から始まる。その後、聖子さんが交流をなす勅使河原宏や檀一雄、高田宏、中上健次といった有名な名前が次々と出てくる。
 面白いのは、彼らを語る聖子さんの語りが実にさらりとしていることだ。
 聖子さんにとって、どんな有名な人であっても、それを特段もてはやすことはなかったのだろう。
 聖子さんが長くバーを営んでこれたのも、そういう人柄だったからに違いない。

 そっと目を閉じれば、人に語れないほどの思い出が聖子さんにはあっただろうが。
  
(2022/01/28 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス