fc2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は二十四節気のひとつ、
  秋分
  昼と夜の時間がほぼ同じ日で、
  これから冬至に向けて
  昼が短くなってきます。

     落ちてゆく重さの見えて秋没日(あきいりひ)     児玉 輝代

  夜が長くなってくると
  ミステリー小説も面白くなってきます。
  今日はアガサ・クリスティー
  『バートラム・ホテルにて』という
  ミス・マープルものの作品を紹介します。
  いつもの霜月蒼さんの
  『アガサ・クリスティー完全攻略』の評価は
  ★★★☆ですが、 
  私はもう少しきつい評価で
  ★★かな。

  じゃあ、読もう。

   

sai.wingpen  ミス・マープルものとしては異色の作品                   

 アガサ・クリスティーが1965年に発表した「ミス・マープルもの」で、ミス・マープルが活躍する長編小説としては終わりから三番目となる。
 原題は「At Bertram’s Hotel」で、邦題はそれを踏襲している。
 まず驚いたのは、この作品に「ビートルズ」の名前が出てくること。
 「例の髪を長くした」という形容詞までついている。
 アガサの時代とビートルズの時代が重なりあっていることに驚いたのだが、1965年の発表というと日本でいうなら昭和40年世代もまたアガサと重なりあう。
 つまり、アガサ・クリスティーは実に長い間、現役のミステリー作家として活躍していたことの証だろう。

 さて、この作品だが、ミス・マープルは確かに登場するが、彼女の推理が犯罪を暴くというより、たまたま犯罪の舞台となったバートラム・ホテルに彼女が投宿していて、事件の証言者となったぐらいで、彼女の活躍を期待する読者にとっては物足りないだろう。
 この作品では事件を解決するのは、「おやじさん」と呼ばれるロンドン警視庁のデイビー主任警部だ。
 日本の刑事ドラマで伊東四朗さんが演じる役どころと近い。
 しかも、今回の事件は古色蒼然としてホテルが舞台で、犯罪も大掛かりな組織によるもので、さすがにミス・マープルが扱うというには大きすぎたといえる。
 やはり、彼女にはセント・メアリ・ミード村に起こる小さな事件や人物からの類推で、殺人事件などを解決する、その手法が似合っているし、私は好きだ。
  
(2022/09/23 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今回のアガサ・クリスティー
  ミス・マープルもの
  『魔術の殺人』。
  マープルものでいつも思うのですが、
  登場人物たちの多くが知っていようがいまいが関係なく
  マープルに寄っていくということ。
  余程人に安心感を与えるオーラのようなものが
  ミス・マープルにはあるんでしょうね。
  なので、読者も彼女が大好きという人が多いはず。
  いつもの霜月蒼さんの
  『アガサ・クリスティー完全攻略』では
  ★★の評価ですが、
  私ならプラス☆をあげたいところ。
  ミス・マープルもので
  つい点が甘くなってるかもしれませんが。

  じゃあ、読もう。

   

sai.wingpen  親戚も複雑になると、誰が誰やら                   

 『魔術の殺人』とは、ややバランスのよくないタイトルに思える。
 原題は「They Do It with Mirrors」で、1952年に発表された「ミス・マープル」ものの長編小説である。
 原題をそのまま訳すと、「鏡を使ってそれをした」というぐらいだが、本作の最終場面、いよいよミス・マープルが殺人事件の謎を解くところで、彼女はこんなことをいう。
 「魔術のトリックのことなんです。魔術師は、鏡をトリックに使いますわね」
 つまり、ここから、日本訳では『魔術の殺人』となったのだろうが、ミス・マープルのこの説明に聞いている刑事たちは戸惑ったことだろう。

 今回、ミス・マープルが向かったのは寄宿学校時代の友人の依頼によるもの。
 友人の妹の周辺に、何やら不穏な雰囲気があるようで、友人はそのことの解明をミス・マープルに頼んだことから、物語は動き出す。
 彼女が行ってみると、果たして友人の妹の周辺には、夫や娘、孫娘とその夫、孫娘に迫る青年2人、さらには精神を病んでいるような若者までいる。
 そこに友人の妹の最初の夫の息子が現れる。(関係が複雑なのが難点。息子といっても年をとっています)
 その彼が殺されるのです。
 しかも、どうやら友人の妹の命も狙われているらしい。

 関係を解きほぐして、犯人をあてるのは相当難しい。
 何故なら、犯人の動機に至る伏線がほとんどないから。
 なんで、犯人さがしということはあきらめた方がいい。
 殺人がどのように行われたか、そのトリック解明がこの作品の読みどころ。
 そう、「魔術」がヒント。
  
(2022/08/26 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  アガサ・クリスティーの『ハロウィーン・パーティ』を
  紹介します。
  ちょっと季節的にはどうかと思いましたが、
  この作品は前回読んだ『マギンティ夫人は死んだ』に登場した
  スペンス警視がまた出ているというので
  読んでみました。
  今回の作品では彼は警察を引退していて
  ポアロも実は確実に年齢を重ねているのが
  よくわかります。
  シリーズものの難しいところは
  登場人物の年の変化かもしれません。
  今回の作品は
  いつもの霜月蒼さんの
  『アガサ・クリスティー完全攻略』では
  ★★★でしたが
  私ならもうひとつつけるかな。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  少女を殺してはいけません                   

 アガサ・クリスティーの「ポアロもの」といわれる長編小説は全部で33冊あるそうだ。
 1969年に発表されたこの作品(原題も邦題と同じ『Hallowe’en Party』)はその31作目というから、後期の作品である。
 後期の「ポアロもの」に欠かせなくなった女性の探偵作家(というだけで、アガサ自身の姿が投影されていると考えてしまうが)オリヴァ夫人が事件の導入部をスムーズに進めてくれる。ポアロも彼女のおかげで、うまく登場している。

 それにしても、今回の事件は「ポアロもの」の中でも悲惨である。
 ポアロが解決してきた事件は殺人事件がほとんどだから悲惨には違いないが、今回の被害者は13歳の少女で、水の入った樽に頭を押し込まれて水死させられるのだから、異常な殺人だ。
 しかも、10歳になる彼女の弟も水死で殺される。
 何故、彼女は殺されてしまうのか。
 そのきっかけとなるのが「ハロウィーン・パーティ」。
 少女はそこで昔人殺しを見たと嘘をつく。実際それを見たのは別のものなのだが。
 それを耳にした犯人が口封じのために彼女を殺すのだ。

 オリヴァ夫人に事件の解明を依頼られたポアロは、その時パーティ会場にいたものへの聞き取りを始める。
 ポアロとともにその証言に立ち会う賢明な読者なら、もしかしたら犯人に見つけ出せるかもしれない。
 そして、この事件の最後には思いがけない真実も明らかになるが、果たしてそれは必要だったのだろうか。
 一気にメロドラマ風に仕上がってしまった感は否めない。
  
(2022/07/28 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  アガサ・クリスティーポアロもの
  『マギンティ夫人は死んだ』を
  紹介します。
  この作品は
  いつもの霜月蒼さんの
  『アガサ・クリスティー完全攻略』でも評価が高く
  ★★★★でした。
  すでに裁判で判決が出た男の無罪を
  証明してみせるという発端がいいし、
  それはつまり死刑執行までの時間との勝負という
  設定も面白い。
  アガサ・クリスティーの充実していた頃の
  作品のひとつともいえます。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  うぬぼれには気をつけよう                   

 この作品は1952年に出版された、エルキュール・ポアロものの長編小説。
 すでに死刑判決が出た男が本当に犯人だったのか、と事件を担当したスペンス警視がポアロのもとを訪ねるところから始まる。
 自ら捜査を担当し、逮捕した警視が犯人の男がもしかした無罪かもしれないと思う理由が「殺人者につきものの、うぬぼれというものがない」ということ。
 ポアロは警視の頼みを受け、事件の真相に乗り出すというストーリー展開。

 今回の作品で重要なアイテムになっているのが、写真。
 写真に写っていたものをきっかけにして、最初の殺人が起こり、そのことに事件のカギを見出したポアロの誘い出しに、さらなる殺人事件も起こる。
 昔の写真に写っていた真犯人とは? となるわけだが、写真から事件が起きるパターンはよくあって、確か松本清張の作品にも使われていたと思う。
 ただアガサ・クリスティーの場合、1950年代ですでにそれが使われているから、当時すでに写真が時代の先端として人々に広がっていたことがわかる。

 ポアロのはりめぐらせた知恵に真犯人はついに正体を現すが、その犯人を見てスペンス警視が最後にいうセリフが決まっている。
 「あの男は犯人ですとも! なにしろ、どんなことにでもうぬぼれの強いやつですからね!」
 うぬぼれには気をつけた方がよさそうだ。
  
(2022/06/28 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今回のアガサ・クリスティー
  戯曲です。
  『ブラック・コーヒー』。
  しかも、この戯曲には
  あのエルキュール・ポアロも
  彼の友人ヘイスティングズ大尉も登場します。
  相変わらずヘイスティングズ大尉のとぼっけっぷりが面白い。
  書評にも書きましたが
  この文庫本に収録されている
  もう一つの戯曲『評決』も面白い。
  いつもの霜月蒼さんの
  『アガサ・クリスティー完全攻略』の評価も
  ★★★★と高評価。
  あなたもポアロに扮して
  みませんか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  コーヒーにミルクをいれて                   

 ミステリー作家アガサ・クリスティーには小説以外にも戯曲作品がいくつかある。
 小説を基にした戯曲もあるが、舞台のために書き下ろしたオリジナル戯曲が5つあって、この『ブラック・コーヒー』はその第一作ということもあって、アガサ自身力がはいった作品になったのではないだろうか。
 1930年の作品で、この時すでにアガサは何作もの「ポアロもの」の小説を刊行していて、おそらくこの作品でポアロが登場した時観客にはどんな人物がこの名探偵を演じるのか楽しみであったに違いない。
 活字でしか知らないポアロが実際に動き、話し、そして推理し、犯人を追い詰める。きっと当時の観客もわくわくしたのではないだろうか。

 事件は高名な科学者が公にしようとしている重要な書類が盗まれたことが発端で、科学者はその犯人さがしにポアロを呼び寄せる。
 科学者は怪しい人物たちを集め、明かりが消えている間に、改悛して書類を出せば罪は問わないといい、明かりが消える。(舞台上も明かりが消えていて、戯曲にはその中でいくつかの音があったことが描かれている。そして、その音が事件解明のヒントになっていくという仕掛けになっている)
 明かりがついた時、科学者は死んでいて、ポアロは殺人事件の謎を解くことになる。

 この文庫には『ブラック・コーヒー』のほかに1958年に書かれた『評決』という戯曲も収められている。
 こちらにはポアロが登場しないし、犯人あてではないが、男と女の感情のすれちがいを描いて、『ブラック・コーヒー』とは違う面白さがあった。
  
(2022/05/26 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス