FC2ブログ
 今日から4月
 いつもの年であれば
 入学式や入社式と新しい門出に
 胸膨らむ月なのでしょうが
 今年はまるで様相が違います。
 まして
 あの人気お笑いタレント志村けんさんが
 新型コロナウイルスで罹患し
 亡くなってしまうなんて
 多くの人が驚愕し悲しんだことでしょう。

 さいたま市では
 図書館の休館が4月19日まで延長されました。
 すでに一ヶ月以上図書館の扉は閉まったままです。
 感染予防のために
 閉めざるをえないということは理解できますが
 全面休館ではなく
 利用者に本が届く工夫があってもいいのではないかと
 思わないでもありません。
 あの東日本大震災という大きな困難の際には
 本が被災された人たちをどれだけ癒されたことでしょう。

 幸いなことに
 さいたま市の図書館では電子書籍の貸出は
 今まで通り行っています。
 こういう環境下だからこそ
 従来の読書とは違った方法も試してみるのもいいかもしれません。
 それに
 新しい本ではなく
 家にある本を再読するのもありでしょう。

 今まで
 図書館にお世話になっていたのですから
 本や図書館とともに
 この難局を乗り越えられたと思います。
 今日は
 東日本大震災の復興支援として行った移動図書館の活動記録をまとめた
 鎌倉幸子さんの
 『走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援』を
 再録書評で紹介します。

 図書館が再開されるのを
 心待ちにしています。

   

sai.wingpen  たかが本かもしれないが                   

 本書は、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会が、2011年3月11日に起こった東日本大震災の復興支援として行った移動図書館の活動の誕生経緯とどのような活動であるかをまとめた活動記録である。
 シャンティ国際ボランティア会は1995年の阪神淡路大震災でも積極的な支援活動を行ってきた団体で、内戦後のカンボジアでも図書室設置の活動などの実績がある。
 だからといって、日本国内での図書館プロジェクトの経験はなく、移動図書館そのものはまったく初めての取り組みであった。
 いってみれば、素人集団がどのようにしてその活動を成功させていったかを知ることは、今後起こりうるかもしれない災害での対処の方法として学ぶべきことが多い。

 彼らが復興支援の方法として「本」を取り上げた意味は大きい。
 震災後、現地入りしたスタッフは当初食べ物や衣服といったものが多くの被災者を救済している姿を見ている。しかし、ほどなくそれらだけでは被災者の心を満たさないことを知るようになる。
 「本を読みたい」という被災者の声を耳にし、改めて「心の栄養」が必要であることを痛感するスタッフ。
 「人々が困難な生活を余儀なくされた時にこそ持つ、本や図書館の存在価値」は、支援者側には見えにくいものかもしれない。そのことは、稲泉連氏の『復興の書店』にも書かれている。

 自分の手で本を選び、買う、あるいは図書館で借りるという行為は、「非日常から日常に戻るきっかけ」となる。
 彼らが図書館を始めるきっかけはそういうことであった。
 復興支援の難しさは、被災された側を特別扱いすることからどう普段の生活に戻していくかかもしれない。
 そのあたりも、被災した側と支援者側の視点のズレが起こりやすい点だ。
 また、彼らが常に意識した点はその土地土地にあった支援活動をどう行うかということでもある。
 彼らは移動図書館に並べる本そのものを支援で手にいれることはなかった。募金活動で得た資金をもって、被災地の書店から購入する。
 活動全体が被災地支援になることを意識することがいかに重要かだ。

 たかが本かもしれない。
 しかし、本の世界がどれだけ広いか、彼らの活動はそのことを教えてくれる。
  
(2014/03/01 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 今日は母の命日
 亡くなって10年になります。
 あの時、さまざまなことが起こりましたが
 母を送る車から見た
 咲き始めたばかりの桜が雨に濡れていたのを
 今でもはっきりと覚えています。

 3月19日の朝日新聞
 懐かしい名前を見つけました。
 加藤諦三さん。
 私は昭和30年生まれですが
 私の青春期の頃
 加藤諦三さんの本がたくさん出て
 若者たちのバイブルみたいに
 読まれていたのを
 思い出しました。
 『体当たり人生論』『俺の胸に火をつけた言葉』など
 1970年代の若者にとって
 加藤諦三さんはひとつの道標を示してくれていました。

  

 その加藤諦三さんが
 その日の新聞に寄稿していたのは
 新型コロナウイルスに関しての記事。
 タイトルは
 「自分と向き合う機会かも」。
 冒頭にこうあります。

   不安は生物が危険を避けるための正常な反応で、
   コロナウイルスに不安を感じるのは当然です。

 それでも人によって
 不安を感じる強弱はあります。
 加藤諦三さんは

   なぜ強い不安を感じるのか、
   この機に自分に向き合ってみてはどうでしょうか。

   自分を知るという意味ではむしろ
   意識を広げる機会です。

 といい、最後にこう結んでいます。

   今苦しい人は、
   その苦しみが自分の人生に何を教えようとしているのか、
   考えてみてください。
   苦しみには必ず意味があるはずです。

 十代の頃の理由もわからない不安や苦しみに
 そうだ、
 加藤諦三さんはいつもこうして
 私たちを励ましてくれていたことを
 久しぶりに思い出しました。

 母が亡くなった日、
 あの時の悲しみを思い出しながら
 書きました。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 「男はつらいよ お帰り寅さん」を観てきました。

 公開からすでに四週近く経っていますから
 映画館は満員ということもありませんでしたが
 それでも「寅さん」を懐かしむシニアの人たちで
 平日ながら結構席が埋まっていました。

 主人公の車寅次郎を演じた渥美清さんが亡くなったのが
 96年8月。
 もう20年以上前になります。
 それをいくら映像技術があがったといっても
 昨年大晦日の美空ひばりさんのAI再現みたいな作品では
 嫌だなと思っていたのですが
 寅さんの登場はほとんど過去の思い出シーン。
 つまり違和感なく元気な渥美さんが演じる寅さんを観ることができました。

 話は寅さんの甥っ子、
 つまり、妹さくらさんの息子満男君の切ない大人の恋物語といっていいでしょう。
 満男君も今では中学三年生の娘を持つ
 中年にさしかかった男になっています。
 しかも、小説家として売りだし始めたという設定。
 満男君役の吉岡秀隆さんはこういう役柄にぴったり。
 そんな満男君の前に現れるのが
 かつての恋人、後藤久美子さん演じる泉ちゃん。
 しかも、満男君の奥さんは6年前に亡くなっています。
 さあ、満男君、どうする?
 ね、大人の恋物語の予感するでしょう。

 映画では浅丘ルリ子さん演じるリリーさんも
 美保純さん演じるタコ社長の娘も、
 もちろんさくら役の倍賞千恵子さんも
 博さん役の前田吟さんも登場します。

 大笑いしたのは
 第15作の「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」の
 「メロン騒動」の場面。
 寅さんのメロンがないことで巻き上がる大騒動は
 今でも起こりそうな光景。

 満男君が寅さんに
 「人間は何のために生きてんのかな」と
 人生相談する
 第39作「男はつらいよ 寅次郎物語」の場面もありました。
 その時の寅さんの答え。

    なんて言うかな、ほら、あー生まれてきてよかったなって
    思うことが何べんかあるじゃない。
    そのために人間生きてんじゃねえのか。

 今回は満男君、「あー生まれてきてよかったな」と
 思ったのではないだろうか。

 映画を観終わったあと
 何十年ぶりかで
 映画パンフレットを買いました。

  20200126_114007_convert_20200126123450.jpg

 1200円の豪華版。
 しかも、本屋さんでも手に入らない。
 寅さんならこう啖呵売りするかな。

    ここに積み上げましたこの書物、
    神田は六圃堂という本屋がたった三十万円という税金で
    投げ出した品物…

 テーマ曲がながれて
 「」です。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 この元旦にいい言葉を教えてもらいました。

   喜べば喜びごとが喜んで
   喜び集めて喜びに来る

 なるほど。
 本当にその通りで
 喜んでいれば自然と喜びが集まってくるものです。
 この一年、
 喜んで過ごせたら、きっといいことがある。

 今年の元旦の新聞を開くと
 これは朝日新聞ですが
 一番に目に飛び込んできたのがこの言葉。

    「読む」ことから始めよう

 岩波書店の新年の広告。

  20200101_092900_convert_20200101155539.jpg

 その中で
 加藤周一さんの『読書術』のこんな文章が
 紹介されています。

    どういう対象についても本は沢山あり、
    いもづる式に、一冊また一冊といくらでも
    多くのことを知ることができます

 どんな本を読んでいいのかという話をよく聞きますが
 実際には加藤周一さんがいうように
 本を読んでいれば
 どんどん新しい本が現れてきます。
 出版文化は
 決して楽観できませんが
 こうして元旦の新聞を読んでいると
 まだまだ廃れることはないなと思います。

 その一方で
 集英社のこの広告のように

    かわることを、
    おもしろがろう。

 と変化を臆せないものもあります。
 この広告、向きを変えると
 別の言葉が出てきます。
 せっかくなので
 二つ並べてみましょう。

  20200101_093021_convert_20200101155716.jpg  20200101_093021_convert_20200101162952.jpg

 これは講談社の広告。

  20200101_092928_convert_20200101155641.jpg

 なんとも懐かしい絵柄の広告です。
 こちらは小学館

  20200101_093127_convert_20200101155826.jpg

    未来の歴史は、ぼくらが作る。

 歴史には<ストーリー>とルビが振られています。

 ドキッとしたのは
 光文社の広告。

  20200101_093053_convert_20200101155752.jpg

    雑誌には、削除キーがありません。

 人生もまたしかり。
 やり直しができないから
 面白いのでしょうね、人生は。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
01/01/2020    2020年の年のはじめに
                    明けましておめでとうございます 

                          CNT-0027608-01_convert_20191229150423.jpg

 令和になって
 初めてのお正月を迎えました。
 今年はなんといっても
 オリンピックイヤー
 きっとたくさんの感動が
 待っていることでしょうね。

    ギリシャより聖火駆けくる嫁が君

 これは
 今年の年賀状にいれた私の年頭の句。
 「嫁が君」というのはネズミのこと。
 正月三が日には鼠というのは嫌われたので
 「嫁が君」と呼んだそうです。
 そもそもネズミは大黒様の使いともいわれるほど。
 
    明くる夜もほのかに嬉しよめが君     其角

 いいネズミ年になってもらいたいですね。

 俳句にはお正月らしい
 いい句も多く、
 こんな素敵な句を見つけました。

    日本がここに集まる初詣      山口 誓子

 なんだか新しい天皇の即位に沸いた
 この国の光景のようでもあるし、
 おそらく7月の夏空の下の新国立競技場に集まる
 多くの人の心のようでもあるし
 うん、やっぱりこうでなくては、
 お正月は。

    正月の子供に成つて見たきかな     小林 一茶

 『俳句歳時記』の「新年」の部を読んで
 三が日を過ごすのも
 また楽しいかもしれません。

 今年は
どんないい本と出会えるでしょうか。

 本年も
 「本のブログ ほん☆たす」を
 よろしくお願いします。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ