fc2ブログ
 すっかり夏休みにはいったような
 猛暑がつづいていて
 早く夏休みにならないかと思っている
 子供たちも多いでしょうね。
 本屋さんに行くと
 一足お先に
 恒例の夏の文庫フェアが始まっています。

  20220703_102243_convert_20220703130131.jpg

 7月3日(日曜日)の朝日新聞の朝刊には
 それにあわせて
 「新潮文庫の100冊」の広告がでていました。
 それは
 
   この夏、100冊を読む100の理由。

 と題されていて、
 長文の「理由」をよく読むと
 100冊の本の紹介になっていたりします。
 例えば、

    …美術ってミステリーなんだとハッとしたり、檸檬に見惚れたり、
   心が疲れた時のお守りになったり、…


 みたいに続いていきます。
 本屋さんに行けば
 無料の小冊子がおいてありますから、
 どの文章がどんな本のことを書いたものなのか
 調べてみるのも面白そう。
 ちなみに、
 上にあげた例でいうと、
 最初が『楽園のカンヴァス』(原田マハ)、
 次が『檸檬』(梶井基次郎)、最後が『こころの処方箋』(河合隼雄)だと
 思います。

 各文庫のキャッチフレーズは、
 新潮文庫が「想像力の旅に出よう。」、
 角川文庫が「新しい扉が、ここにあるよ。」、
 集英社文庫が「夏の行き先は、本がきめる。
 あなたのお好みはどれでしょうか。
 私はどれも個性があって気に入りました。

 新潮文庫のように
 100冊を読むのはなかなか難しいでしょうが、
 各文庫からそれぞれ一冊ずつでも
 読んでみるのもいいかもしれません。

 まずは
 本屋さんで各文庫の小冊子をゲットしましょう!

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 今日から6月

    六月を奇麗な風の吹くことよ      正岡 子規

 6月というと梅雨のジメジメした気分を思い浮かべますが
 子規のこの俳句の「奇麗な風」も
 6月という季節をよく言い表しています。
 今日は、昨日のつづきで
 私の「小さな習慣」、英会話学習の話です。

 この4月から
 NHKラジオの「中学生の基礎英語 レベル1」を聴いていることは
 前にも書いたと思います。

  

 中学生1年生が習うような学習レベルです。
 月曜から金曜まで、毎回15分の放送。
 15分のNHK朝ドラを毎日見ているのだから
 同じ時間のラジオ講座だって聴けないはずはない。
 しかも、今回初めて知ったのですが
 ラジオ放送といっても
 ラジオがなくても聴けるのです。
 私はいま「らじる★らじる」というアプリの
 「聞き逃し」コンテンツで聴いています。
 テキストを見ながら聴いて、
 その翌日には駅までの通勤時間を利用して聴いています。

 さらに、
 先月5月から
 スピーキング特化型のラジオ講座「英会話タイムトライアル」まで
 始めました。

  

 これはわずか10分の講座というのが魅力で
 今年で10年も続いている番組だそうです。
 昨日紹介した『小さい習慣』によりぴったりの
 10分間です。

 それにしても
 世の中便利になっていて
 こんなことならもっと早く
 ラジオ講座にチャレンジしとけばよかったと
 早くも捕らぬ狸の皮算用っぽい。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 今日から4月
 新社会人として新しいスタートをきった人も多いと思います。

     新入社員たびたび鏡覗きけり        深川 敏子

 NHK朝の連続テレビ小説カムカムエヴリバディ」も
 来週が最終週になってきて
 いよいよ目が離せません。
 今回のドラマは藤本有紀さんのオリジナル脚本で
 大正・昭和・平成・令和の4つの時代を生きた
 母娘三代にわたる物語を描いてきました。
 キーになったのが
 ラジオ英語講座です。
 タイトルの「カムカムエヴリバディ」も
 戦後すぐに始まったラジオ英語講座の名称。

 母娘の三代めは、川栄李奈さん演じる「ひなた」ですが
 英語学習に目覚めて
 ドラマではまるであっという間に英会話が堪能になったように見えますが
 あれはドラマの展開が早いだけで
 あの間には何年もにわたる彼女の努力があります。

 そんな「ひなた」が英語学習に基礎においた教訓。

    すべてを急がずに、無理をしないで、
    自然に覚えられるだけ
    一日一日と 新しいことを覚えていけば
    それで十分

 これで毎日積み重ねていけば
 彼女のように英語ができるようになるかも。

 つまり、そこで私も発奮して
 今年の春から
 ラジオ英語講座「中学生の基礎英語 レベル1」
 チャレンジすることに決めました。

  

 そうはいっても
 昨年はテレビの英語講座を途中で挫折、
 いやいや中学生になって
 「基礎英語」を聴いてから
 途中挫折の数々。
 年月だけでいえば、すでに50年以上なのに。
 やれやれ。

 そこで今回はもう一度、
 基礎に戻りましょう。
 テキストも買いました。
 ラジオが聴けるようスマホにアプリもインストールしました。
 放送時間は朝ドラと一緒、15分。
 朝ドラが見れるのですから
 ラジオ英語講座も聴ける…はず。

 いよいよ、4月4日から開講です。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 どの新聞でもそうでしょうが、
 購読者からの投稿のページがあって
 私が購読している朝日新聞では「声」という欄があります。
 昨日の。2022年の元旦の「声」欄に
 長野県に住む図書館司書の女性の投稿が載っていました。
 その女性の今年の目標が
 「畑の作物をていねいに作ること」。
 女性はこんなことも書いていました。
 「畑から驚くほど多くの生きる知恵や哲学を学ぶことができます。」と。
 本当にその通りで
 私も畑の野菜から生きることを教えてもらっています。

 毎年のことながら
 元旦の新聞には出版社の広告があって
 それぞれの心意気のようなものを感じさせてくれます。
 今年一番に惹かれたのが
 辞書でおなじみの大修館書店の広告でした。

  20220101_093208_convert_20220104154148 (2)

    ことばを贈ろう。

 シンプルですが、
 とっても大切なこと。

    こんな時だからこそ
    大切な人に、大切な思いを
    形にして贈りたい。

 このブログも
 そうありたいものです。

 文藝春秋小学館がともに
 100年を迎えるということで
 それも目もひきました。

    100周年。もっと自由に。

 これは小学館のキャッチコピー。
 もう少し年上なのが
 中央公論新社の「婦人公論」。
 創刊107年です。
 そのキャッチコピーが。

    人生は折り返りしてからが
    おもしろい

  20220101_093319_convert_20220104154118 (2)

 人生100年時代で
 それでも
 折り返しの50年を過ぎましたが
 きっと
 まだまだ面白いことが待っているのだと思います。
 「婦人公論」の1月15日発売の2月号の特集は、

   自分史上、もっとも幸運な一年に

 というのが、いいですね。
 そんな一年にしたいものです。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

                明けましておめでとうございます  

                    nenga_tpl_k1_014_convert_20211231141306.jpg

 コロナ禍も
 3年めになります。
 日本では昨年の秋頃から
 感染が収まる気配がみられましたが、
 またオミクロンという新株が発生して
 世界で猛威をふるっています。
 Withコロナとかアフターコロナとか言われますが
 新しいこの年も
 コロナから抜け出せないのかもしれません。

 今年は寅年
 『歳時記』の「新年の部」を見ていて、
 「初寅」という季語を見つけました。
 正月最初の寅の日に毘沙門天に詣でることをいうそうです。
 福徳開運、商売繁盛の霊験があるとか。
 コロナ禍で傷んだ経済が
 立ち直るといいですね。

    鈴一つ拾ふ初寅神楽坂       肥田 埜恵子

 ちなみに
 今年(2022年)は今日、元旦が初寅なんですよ。
 ご利益があるといいですね。

 今年の年賀状にいれた俳句。

    虎の尾の踏みし前なり初寝覚

 「初寝覚」は新年の季語「初夢」の傍題。
 「虎の尾を踏む」というのは
 「広辞苑」によれば
 「きわめて危険なことをするたとえ」とあります。
 「君子危うきに近寄らず」ともいわれていますから
 コロナ禍では
 やはりマスク着用、手洗い励行、それに三密は避けて
 感染予防を怠らないことかな。

 さて、どんな一年になることか。
 いくつになっても
 期待にワクワクします。

 本年も
  「本のブログ ほん☆たす」を
 よろしくお願いします。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ