今日は正岡子規の忌日、
 糸瓜忌
 子規忌、獺祭忌ともいう。

    叱られし思ひ出もある子規忌かな     高浜 虚子

 子規臨終の夜、
 子規の床のそばにいたのが高浜虚子である。

 司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』は
 愛媛松山が生んだ秋山好古秋山真之、そして正岡子規を描い名作だが
 子規の死は文庫本全八巻の
 三巻めの冒頭で描かれている。

    子規が死んだのは、明治三十五年九月十九日の午前一時である。
    (中略)
    庭の糸瓜の棚に夜露がおりているらしく、二、三枚の葉が光っていた。
    光っているのは、十七夜の月があかあかとのぼっているからである。
    この日、旧暦の十七夜にあたっていた。


 司馬遼太郎さんが描く
 子規最期の場面は、
 何度読んでもいい。
 高浜虚子はその夜のことを
 こう詠んだ。

    子規逝くや十七日の月明に      高浜 虚子

 先日久しぶりに
 東京根岸にある子規庵に行ってきました。

  20170908_130228_convert_20170917105150.jpg

 今年正岡子規生誕150年ということで
 「子規の歳旦」という記念展示が
 開催されていました。

  20170908_124220_convert_20170917105055.jpg

 今回の展示には
 明治34年正月に子規庵の賀客のために用意された
 歳旦帳が出品されています。

 病気で賀客に応対できない子規が
 これを読んで喜んだということで
 佐藤紅緑伊藤左千夫中村不折といった名前が
 あります。
 人が好きだった子規は
 どんなに喜んだことか。

 ちょうどこの日は
 子規庵の小さな庭の
 葉鶏頭の花も見頃で
 こんな草花を見ながら
 子規は大きな宇宙を想像していたのだと
 ぐっとくるものがありました。

  20170908_125633_convert_20170917105417.jpg

 糸瓜の棚には
 大きくなった糸瓜が数個ぶらさがっていて
 やはり子規最期の俳句を
 思い出します。

    痰一斗糸瓜の水も間にあはず     正岡 子規

  20170908_125333_convert_20170917105336.jpg


 子規の魅力はなんだと問われたら
 生きる力
 答えたい。
 35歳の誕生日を前にして亡くなった子規ですが
 その旺盛な力は
 何者にも代えがたいものがあったように
 思います。

    糸瓜忌やせいろ二枚と燗の酒     夏の雨

 芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 今日は二十四節気のひとつ、
 小暑
 ここからいよいよ夏本番という頃。
 本屋さんに行くと
 今年も並びました、「夏の文庫まつり」。
 小暑と関係ないとは思いますが
 今ではすっかり夏を告げる光景として定着しました。
 これが始まると
 夏休みが近いんだなあって
 思います。

  CIMG2094_convert_20170702143050.jpg

 まずは、
 今年キャクターを一新した集英社文庫から。
 キャラクターは、本を読むネコ「よまにゃ」。
 キャッチ・コピーは

    ひとりの時間を、ひとりじめ。

 いいですね。

    ひとはときどき、繋がりすぎる、と思う。
    誰かと一緒もいいけれど、
    ひとりを楽しむぜいたくだってある。

 この「よまにゃ」、
 イラストレーターのNoritakeさんが手がけたもので
 集英社文庫夏目漱石吾輩は猫である』のカバーは
 この夏限定のNoritakeさんバージョン。
 集英社文庫では
 この夏1冊買うと「よまにゃ」ブックカバーがもらえます。

 つづいては
 おなじみ「新潮文庫の100冊」。
 キャラクターは小さなロボット、「キュンタ」。
 それはいいんですが、
 今年も井上ひさしさんは100冊からもれてます。
 大江健三郎さんもありませんし、
 開高健もない。
 いくら時代が変わったといっても
 それでいいのかと思ってしまいます。
 新潮文庫は老舗だからこそ
 新しいものだけでなく、
 残すものはしっかり残して欲しい。

 最後は角川文庫の「カドフェス」。
 広瀬すずさんと菅田将暉さんという
 人気者の登場です。

    もしも本がなかったら
    ただの夏だった。

    もしも本がなかったら
    なにも変わらぬ自分だった。

 青春っぽい作品を並べましたね。
 こちらも買えば
 ブックカバーがもらえます。

 そういえば
 新潮文庫は一冊買うと
 「二つおりキュンタしおり」がもらえます。

 この夏、
 どの文庫、読む?

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 出版社のPR誌は
 単なる自社の出版広告だけでなく
 最近では連載小説など充実している紙面が多い。
 出版社ごとのPR誌を並べてみると
 岩波書店が「図書」、
 新潮社が「」、
 講談社が「」、小学館が「本の窓」、KADOKAWAが「本の旅人」などである。
 そして、集英社が「青春と読書」。
 その「青春と読書」の5月臨時増刊号が

    集英社文庫創刊40周年記念号

 になっている。

  CIMG2080_convert_20170625115310.jpg

 集英社文庫が創刊されたのが
 1977年5月20日。
 その時の点数が31点というから
 いっきに攻勢をかけたのだろう。

    晴れた眼で、読め。

 というのが、創刊時のキャッチコピー。
 その時、
 私は22歳。
 まだ大学生でしたが、その時のラインナップウをよく覚えている。
 時にアラン・シリトーの『長距離ランナーの孤独』とか
 石川淳の『普賢』とか。
 1冊ぐらいは買ったかもしれない。

 それから40年、
 およそ6000点の作品が刊行されたというのですから
 りっぱに文庫本の老舗になりました。
 この「青春と読書」では
 美しい図版による「集英社文庫クロニクル 1977-2016」が
 載っている。
 きっとかつてあなたが手にした
 集英社文庫が見つかるかもしれない。
 そういえば、
 開高健の『オーパ!』も
 1981年刊行の集英社文庫
 今でも私の本棚にしっかりと並んでいる。

  

 40周年を迎えた集英社文庫であるが
 これを機会に
 新しいキャラクター「よまにゃ」が登場。
 明日から7月で
 夏休み前の夏の文庫フェアも
 熱い戦いになりそうだ。

 なお、この「青春と読書」、
 本屋さんで無料でもらえる。
 いそいでください。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 先日少し書きましたが
 6月10日の土曜日に
 JPIC読書アドバイザークラブ(通称 JRAC ジャラック)の
 第24回めの総会が
 埼玉県川口市で開催されました。
 先日も書きましたが
 このクラブは
 JPIC読書アドバイザーの講座の修了生の人たちが
 集まってできていて、
 年1回総会が開かれています。
 その開催地はできるだけ各地の支部持ち回りにしようと
 なっているようで
 今年は埼玉が選ばれたそうです。
 ちなみに来年は福岡だとか。

 私がJPIC読書アドバイザーの講座を修了したのが
 2016年の春で
 23期生になります。
 その年の秋くらいから
 埼玉支部の読書会に参加させて頂き、
 あららという間に
 総会の準備チームになっていました。
 準備といっても
 私は新人ですから
 お手伝いするだけで
 今回の会場選びも
 さいたま市にしようかとしたのですが
 公共の施設には何度も落選し、
 ようやく川口の会場に決まりました。

 総会はともかく
 そのあとの記念講演をどうするのかも
 埼玉支部のメンバーで決めていきました。
 メンバーが選んだのが
 埼玉県川越市在住の谷英美さんの朗読と講演、
 しかも内容は金子みすゞですから
 読書アドバイザーの皆さんにも
 楽しんでもらえたと思います。
 講演のあとの質疑応答では
 金子みすゞを読めといったおばあちゃんの話とか
 同じ頃にいたもう一人のみすゞさんの話とかが出て
 え! え! と、びっくりしてしまいました。

 会場の外では
 埼玉支部のメンバーが選んだ「おススメ埼玉本」の
 展示を行いました。

  20170610_100224_convert_20170612171932.jpg

  20170610_100335_convert_20170612171851.jpg

 本が集まらなかったらどうしようかと
 心配していたのですが
 思った以上に埼玉本が集まって
 さすが本好きの人たちは違うなと
 感心しました。
 ちなみに
 私の「おススメ埼玉本」は
 石井桃子さんの『幼ものがたり』。

 翌日の日曜日は
 希望者だけでしたが
 川越おもてなしツアーにも行ってきました。

20170611_140338_convert_20170612172003.jpg
  
 天気もよかったし
 ガイド役をお願いしたメンバーの案内もよかったし
 楽しい1日を過ごせました。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 文庫本のはじまりといっても
 色々な説があるが
 よく聞くのが
 ドイツのレクラム文庫に範をとって創刊されたという
 岩波文庫がはじまりという説。
 創刊は1927年7月。
 今でも岩波文庫にはこの年に岩波茂雄によって書かれた
 「読書子に寄す -岩波文庫発刊に際してー」という
 格調高い刊行の辞が載っている。
 つまり、
 今年岩波文庫は創刊90年を迎えるのである。

 それにあわせて
 岩波文庫編集部では各界を代表する著名な人に
 「岩波文庫で心に残るものを3冊教えてください」と
 アンケートを出したそうです。
 回答のあったのが228通、
 それらをまとめて「図書」の臨時増刊として
 まとめたのがこの小冊子。

  CIMG1993_convert_20170513120516.jpg

 どんな人が回答を寄せたかというと
 大企業の経営者や
 大学の先生、
 作家や評論家、
 昔風にいえば岩波好みの文化人の皆さん。
 そして、そんな人たちがどんな岩波文庫を選んだかというと
 実に多彩。
 ただ順位などは掲載されていないところが
 奥ゆかしい。

 夏目漱石の『こころ』かな
 なんて想像したが、
 選んでいるのは仏文学の西永良成先生だけ。
 マックス・ウエーバーの『職業としての学問』を推薦する人が多いのは
 さすがに岩波文庫らしい。

 この「図書」の裏表紙の写真がこちら。

  CIMG1994_convert_20170513120552.jpg

 こんなふうに
 岩波文庫が並んだ本棚って
 見ているだけで
 尊敬しちゃうな。

 ちなみに
 岩波文庫は帯の色でジャンルを分けていて
 青が日本思想や東洋思想やもろもろ
 黄が日本の古典文学
 青が日本の近現代文学
 赤が海外文学
 そして白が政治や経済となっている。

 もし私なら
 正岡子規の三大随筆
 『墨汁一滴』『病床六尺』『仰臥漫録』の三冊を
 あげるかな。

 この「図書」臨時増刊は
 本屋さんでもらえますが
 早めにどうぞ。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ