プレゼント 書評こぼれ話

  PHP研究所の「日本の企業家」シリーズから
  石井淳蔵さんの『中内功』を
  紹介しましたが、
  中内さんが亡くなったのは
  2005年9月19日。
  その年の12月5日東京で「お別れの会」が
  行われた。
  その時挨拶に立った清水信次日本スーパーマーケット協会会長は
  その中でこう述べた一節がある。

    首都東京においては氏を追慕する機会がない。
    本来の母体であるダイエーさんが、産業再生機構の厳しい管理下にあって
    諸事困難な事情にある。


  ダイエーがどのようにして
  産業再生機構の厳しい管理下にはいったかを描いたのが
  今日再録する
  日本経済新聞社編の『ダイエー落城』である。
  昨日につづく今日として
  紹介します。

  じゃあ、読もう。

ドキュメント ダイエー落城ドキュメント ダイエー落城
(2004/12/07)
日本経済新聞社

商品詳細を見る

sai.wingpen  For the Customers                   

 2004年の年の瀬も押し迫った12月28日、株式会社産業再生機構は大手流通業株式会社ダイエーへの支援を決定した。
 本書はそれに先立つ数ヶ月前、まだ猛暑の余熱が続く秋の初めの日本で多くの人々の耳目を集めたダイエーの支援要請をめぐる経済ドキュメントである。
 自主再建を模索するダイエー、再生機構による支援によりダイエー向け債権を正常化したい金融機関、不良債権の象徴といえるダイエーを再建することによって構造改革を一挙に進めたい行政機関。
 支援要請に至るまでに何があったのか、実は本書を読んだ後でも、答えは「藪の中」である。

 産業再生機構のホームページにダイエーの支援申込みに至った経緯が記載されている。
 それによると、依然として巨額な債務を抱えながら小売業の抜本的な収益力の回復力に至っていない状況にあって「過剰債務を解消するとともに、事業の見直しを行い事業の再生を図るべく、産業再生機構に支援申込をするに至った」とある。当事者たちの思惑がどうあったにしろ、またそれが官主導のものでも民主導のものであっても、ダイエーという城が「落城」した背景には小売業が立ち直らなかったという「お家事情」がある。

 そのことについて、産業再生機構は四つの窮境原因を挙げている。
 「自社保有方式」「全国展開へのこだわり」「事業多角化・拡大路線」「低価格路線への過度の依存」。
 ダイエーが戦後の日本経済の歴史の中で果たした役割は大きい。
 そして会社が拡大していくうちに、ダイエーは本来小売業が目指すべき道を少しずつ踏みはずしていく。
 それが機構がいう四つの窮境原因に集約されている。
 創業者中内が当初目指したものは顧客の視点に立ったものだった。
 だから、多くの人々は「流通革命」を支持した。だが、顧客のための視点がいつの間にか自分たちの会社の視点にすりかわっていたことにダイエーは気がつかなかった。

 ダイエーのお店に行くと店員たちの胸に名札がついている。
 そこにはダイエーの企業理念である「For the Customers」という言葉がはいっている。
 しかし、顧客のためにとこだわったはずの低価格路線がいつの間にかそれに見合うコスト削減で買い物をするという顧客の心理的満足をそいでいったことに気がつかなかったことにダイエーが「落城」に至る本当の原因があるように思う。
 今後ダイエーという城が再建できるとすれば、ダイエー自身が真の(そしてそれは新にもつながるだろう)「For the Customers」を見つけられた時にちがいない。
  
(2005/01/30 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  私が大学を卒業した
  1979年当時、
  すでにダイエーという小売店は
  飛ぶ鳥を落とす勢いで
  拡大していた。
  それでも
  東京の人にはあまり知られていなかった。
  当時はまだ映画会社の大映があったから
  それと混同する人が多かった。
  それから40年近く経って
  当時と同じように
  ダイエーの名前を知らない人も
  多くなった。
  イオンとかセブンイレブンは知っていても
  ダイエーは知らない。
  ローソンがかつてダイエーの子会社だったなんて
  きっと知らないだろうな。
  今日はPHP研究所の「日本の企業家」シリーズから
  石井淳蔵さんの『中内功』を
  紹介します。
  なお、功という漢字の旁は中内氏の場合正しくは刀です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  もっと語られてもいい                   

 かつて日本の小売業界を席巻し時代の寵児となったダイエー。
 今はかつてのライバルであるイオン傘下に入っているが、そのダイエーを一代で築いた「流通革命の先導者」中内功。(功という漢字の旁は中内氏の場合正しくは刀であるが、ここでは力を使用)
 もし、ダイエーが今でも栄華を誇っていたら中内氏は戦後の名経営者の一人に挙げられただろうが、残念ながらそうはならなかった。
 だからだろうか、中内氏には毀誉褒貶がつきまとう。
 中内氏は成功者だったのだろうか、それとも失敗者だったのだろうか。

 かつて中内氏と争った松下幸之助が創設したPHP研究所がその創設70周年を記念して刊行されている本シリーズは「社会を変革し、歴史を創」って企業家たちの業績を、その評伝と関連する「論考」、そして「人間像に迫る」ための企業家自身のエッセイによって読み解いていく。
 あれほどの争った松下氏のお膝元の出版社から、しかも晩節様々な中傷や評判によって貶められた中内氏が、「日本の企業家」の一人として、正しく評価されることに深い感慨を覚える。

 特に第2部で描かれている、1968年の弟力氏との確執の「論考」は、強引な言い方をすればもしかすると力氏のもとであればダイエーという企業は生き残っていたかもしれないと思わせられる。
 しかし、時代は企業家として功氏を選んだ。ゆえにダイエーは時代の寵児まで昇りつめたともいえる。
 あるいは同じく「論考」で書かれた、三顧の礼で迎えた河島博との関係も、あるいはダイエーが生き残る道を選択できたかもしれない。
 いずれにしても、今となっては、すべてが「もしも」だ。

 中内氏が成功者だったか失敗者だったかは、問う必要はない。
 いえることは、中内功がいたから、戦後の日本は大きく変容したということだ。
  
(2017/06/23 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  稲盛和夫さんの『考え方』という本を
  自信をもって紹介します。
  ビジネスマンだけでなく
  すでに引退した人であっても
  この本は人生の一冊ですから
  ぜひ読んでみて下さい。
  この本の中から
  私の心にピピッと届いた文章を
  いくつか紹介します。

    夢の実現とは、日々の地味な努力の積み重ねによって
    もたらされるものに他なりません。

    仕事を好きになるための努力をすること、これこそが人生において、
    また仕事において、最も重要な要素だと思います。


  きっと皆さんもまた
  自分だけの文章を見つけることが
  きっとできると思います。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  何度でも読まないと                   

 おそらくまたかと思われる人もいるかと思います。
 いくら名経営者と評判の高い稲盛和夫さんであって、『生き方』『働き方』とよく似た著作もある中での『考え方』というタイトルですから、またかと思われても仕方ありません。(でも、この三冊はタイトルこそ似ていますが、不思議なことに出版社は別々です)
 でも、もしかしたらこの本が一番わかりやすいかもしれません。
 というのも、読みやすい文章ですから、心に届きやすいのだと思います。

 稲盛さんの著作を読んでいる読者なら、稲盛さんの「人生の方程式」はご存じでしょう。
 「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」です。
 そのうちの「考え方」が一番大事ということは、これまでの著作でも繰り返し書かれています。
 この本はその一番大事な「考え方」をタイトルにしているくらいですから、稲盛哲学の骨格だということがわかってもらえると思います。

 この本で書かれている9つの章のタイトルを書き留めているだけでも違います。
 「大きな志を持つこと」「常に前向きであること」「努力を惜しまないこと」「誠実であること」「創意を凝らすこと」「挫折にへこたれないこと」「心が純粋であること」「謙虚であること」、そして「世のため、人のために行動すること」です。
 そして、一つひとつの章に書かれている文章にも気づかされることがたくさんあると思います。
 まさに砂に沁み込んでいく水のように、稲盛和夫さんという賢者の教えが全身に染み込んでいってくれたらどんなにいいかと、何度も読みたい一冊です。
  
(2017/05/20 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介するのは
  とっても長いタイトル。
  『好調を続ける企業の経営者はいま、何を考えているのか?』。
  著者はビジネス戦略コンサルタントの
  鈴木博毅さん。
  鈴木博毅さんからはいつも新刊がでるたびに
  献本を頂いていて
  今回の本も献本頂いたもの。
  書評にも書きましたが
  ここで紹介されている会社は
  全部知りませんでした。
  でも、
  こういう会社が今成長中だという嗅覚が
  きっと大事なんでしょうね。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  滅びた恐竜、生き残った微生物                   

 会社の寿命30年説といわれたことがある。
 優良会社といわれても30年もすれば疲弊し、最悪は倒産してしまうという説で、実際に多くの会社がそうして姿を消していった。
 最近も名門電機メーカーや超有名企業が次々と失墜し、歴史や名前だけでは生き残れないことを露呈している。
 ただすべての会社がそうであるかといえば、そうではない。
 新しく元気な会社が現われてきている。
 本書はそんな元気な会社の経営者にビジネス戦略コンサルタントの鈴木博毅氏がインタビューし、元気の秘密に迫ったものである。

 残念なことに本書で取り上げられた8社の名前も業績も知らなかった。だから、どのような商売をしているのさえ知らない。
 しかし、経営は名前だけではない。
 3年で売上が5倍になった会社もあれば、5年間で株価が68倍なんていう会社もある。
 きっと知っている人にとっては、「えー!? こんな優良な会社を知らないの」という世界だ。

 本書を読んでいるとこれらの会社に共通しているのは、変革をチャンスとしてとらえ、前に進もうという力と工夫にあふれている点だろう。
 名前ばかりが大きい会社だとそういう機転に乏しい。図体がでかくなりすぎて滅んでいった恐竜のようだ。
 だから、元気のある会社は氷河期でも生き残った微生物のようなものかもしれない。

 この本にはそれぞれの会社が求める人材像という記事もある。
 これから就活に励む学生にはぜひそれを読んでもらって、名前だけで会社を選ばないようにしてもらいたいものだ。
  
(2017/05/19 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介するのは
  毛利大一郎さんの
  『仕事にやりがいを感じている人の働き方、考え方、生き方。』という本。
  いつもの書評サイト「本が好き!」さんから
  献本頂きました。
  しかも、今回はあなたに書評を書いてもらいたいという
  指名献本というのですから
  ありがたい。
  確かにビジネス書はたくさん読んできましたが
  もう仕事やめて
  ビジネス書ももういいかと思っているのですが。
  ただ、ビジネス書といっても
  本当は生き方の本なんですよね。
  だから、これからもビジネス書は読むことに
  なるのでしょうね。
  この本のタイトルでいえば
  働き方<考え方<生き方
  になります。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  ここにいる、あなたの隣人たち                   

 稲盛和夫さんの著作名を並べたような贅沢なタイトルですが、ここに描かれているのは稲盛和夫さんや松下幸之助さんのような偉大な経営者ではありません。
 どちらかといえば、どこにでもいる普通の働き手かもしれません。
 もしかしたら、この本で紹介された人よりもっと業績をあげた人も世の中にはいっぱいいるでしょう。
 それでも、この本で紹介された人は、その人なりの仕事観を持っています。
 もっといえば、人生観かもしれません。
 ビッグネームでないけれど、普通の人でもここまで人生を語れるということに感心して、この本を読み終えました。

 この本には10人のビジネスマンが紹介されています。
 恥ずかしながら、私はこの10人の人たちの名前を知りませんでした。
 この人たちだけではありません。
 この人たちが働いている会社名すら聞いたことがありませんでした。
 私たちが普段目にしたり耳にする会社はそれだけで一流なのでしょう。でも、この世界は無名か一部の人だけが知っている、その他大勢の会社で出来上がっているのです。
 一流のビジネスマンは名のある会社にだけいるのではない。
 その他大勢の会社にも、いる。

 「仕事は、自分を育ててくれるもの」、この言葉は稲盛和夫さんの言葉ではありません。
 この本で紹介されている信用金庫で働く女性の言葉です。
 自信があるからここまでいえるのでしょう。
 この世界はたくさんの彼ら彼女らでできあがっているにちがいありません。
 この本はそのことをしっかり教えてくれます。
  
(2017/04/18 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス