FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  書評にも書きましたが、今回の本との出合いは、
  勝間和代さんの著作から興味をひかれたからなんです。
  昨日本田直之さんと田島弓子さんのセミナーの聴講記を書きましたが、
  あれも勝間さんオススメのスキルアップの方法です。
  本でもそうですが、単に読んだとか聴いただけではなかなか自分の中に
  残らない。あるいは、残らなくても、
  自分の人生の記録として、書きとめておくことは、
  大切だと思います。
  また昨日も書きましたが、「書き出す」というのはこの神田さんの本でも
  大きな成功法則なんですよね。
  私もぜひやってみようと思います。

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
(2002/06)
神田 昌典

商品詳細を見る


sai.wingpen  ぼくの前に道はある                     矢印 bk1書評ページへ

  あの勝間和代さんが三十三歳の時に出会い、「もっとも影響力を受けた著者の一人」と言わしめた、神田昌典さんの本が、この『非常識な成功法則』である。
 全く個人的な話だが、勝間さんの本に出会って、この種の自己啓発本の読み方が少し変わったと自分では思っている。
 それは少しでもそれらの本に書かれている内容を実践してみようと考えるようになったことだ。
 五十三歳でも、素直になる時はある。
 わかった顔をしてても何も始まらない。あの勝間さんが影響を受けた本がどういう本なのか、それでたどりついたのがこの本だった。
 もちろん、二〇〇二年に発行された本だから、きっと多くの人は「いまさら」というかもしれないが、でも逆に考えれば、「今だから」こそ、成功の道は開けているかもしれないではないか。
more open !?