FC2ブログ
01/25/2009    書評:それから
プレゼント 書評こぼれ話

  今日(1.25)、「朝日新聞」が創刊130周年を迎えたという。
  おめでたきかな。
  1879年(明治12年)、大阪で生まれました。。
  今日紹介する漱石の『それから』も、明治42年に「朝日新聞」に
  掲載された新聞小説です。
  新聞小説という文化が日本で始まったのは、
  明治19年の「読売新聞」での「鍛鉄場の主人」という作品だったらしいのですが、
  どうも諸説色々あるようです。
  漱石が教職を辞めて朝日新聞に移ったのは有名な話ですが、
  漱石の新聞小説の第一号が『虞美人草』(明治40年)。
  当時「朝日新聞」はまだ若々しい新聞だったでしょうね。
  だから、教師を辞めて新聞社に入るということが世間の驚きでもあったそうです。
  漱石はこんなことを書いています。
    大学を辞して朝日新聞に這入つたら逢ふ人が皆驚いた顔をして居る。
    中には何故だと聞くものがある。大決断だと褒めるものがある。
    大学をやめて新聞屋になる事が左程に不思議な現象とは思はなかつた。

  おめでたき日ですから、
  今日の『それから』は、1994年に書いた書評と、去年(2008年)に書いた書評を
  ダブルで掲載しました。
  成長してればいいのですが。
  はたして。

それから (岩波文庫)それから (岩波文庫)
(1989/11)
夏目 漱石

商品詳細を見る


sai.wingpen  詩のために       

 一九〇九年(明治四二年)の夏から秋にかけて書かれたこの小説は、先の『三四郎』の続編という位置づけになっていて、次の『門』と合わせて三部作とされている。
 漱石の作品群の中でも、一級品に属する作品だし、そのテーマといい決して古い印象はなく、現在的ですらある。
 まさに文学作品とは、こういう作品をいうのであろう。
more open !?