FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  毎日暗いニュースが続きますね。
  負のマインドが消費の低迷につながっていて、
  それを解消するのは政治の力だと思うのですが、
  その政治も迷走状態ですから、さらにマインドは下がる一方です。
  こういう時だからこそ、何をしなければならないのかを
  経営者は考えてもらいたいものです。
  そして、それは経営者だけでなく、たくさんの人が自分ならこの局面に対し、
  何を考え、どう実行していくかを模索することが大切なんじゃないかな。
  こういう時代だから、もう一度経済の勉強をしようとか、
  読みそこねた本を読んでみようとか、
  自身を磨くこと
  図書館や本屋さんに行けば、先人たちの知恵があなたの来るのを待っていますよ。
  

「経理・財務」これでわかった! (PHPビジネス新書)「経理・財務」これでわかった! (PHPビジネス新書)
(2008/11/19)
金児 昭

商品詳細を見る


sai.wingpen  お金よりも人間が大事である              矢印 bk1書評ページへ

 「百年に一度」という不況の中で、企業の評価の「新たな物差し探る時」という記事が新聞に出ていた(1月26日朝日新聞朝刊)。その記事によると、「株主資本利益率(ROE)など、<世界標準>という印のついたウォールストリート流の物差しを突きつけられ、短期間に成果を出さないと」いけないといったような「株主に偏りすぎた配分のバランスを見直し、企業を評価する新たな物差しを探る時でもある」と書かれている。
more open !?