FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  私は日本の小売業がしばしば「業態論」に終始することを
  危惧しています。
  最近さかんに「百貨店」の衰退が言われていますが、
  「業態」という壁を突破しない限り、「百貨店」の再生はないかもしれません。
  「百貨店」をダメにしているのは「百貨店」自身だと思います。
  それはスーパーもそうですし、コンビニエンスもそうです。
  「ユニクロ」は専門店というくくりでしょうが、
  そういうものを超えたところに今の「ユニクロ」はあると思います。
  だから、顧客のニーズにこたえることができるのではないでしょうか。
  要は「売れる」か「売れない」か、です。
  小売業はもう一度マーケティングの原点に立ち返ること。
  これが、再生への近道だと思います。
  いかが。
  
挑戦 我がロマン (私の履歴書)挑戦 我がロマン (私の履歴書)
(2008/12/02)
鈴木 敏文

商品詳細を見る


sai.wingpen  毎日が瀬戸際                  矢印 bk1書評ページへ

 株式会社セブン&アイ・ホールディングスの最高責任者(CEO)である鈴木敏文氏が、日本経済新聞の人気コラムである「私の履歴書」に二〇〇七年四月連載したものを大幅加筆したのが、本書『挑戦 我がロマン』である。
 最近もコンビニエンスの年間売上げが百貨店を追い抜いたという記事が出ていたが、そのコンビニエンスの中でも最も規模が大きいセブンイレブンを日本に持ち込んだ鈴木氏の先を見通す手腕の評価は高い。
 さらには、それを発祥地のアメリカ流でなく、日本流の経営に変えた「仕事力」こそ、鈴木氏の経営の骨格であるといえる。
more open !?