FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今回紹介する本は、重松清さんが「週刊ポスト」に一年半連載した物語です。
  やはり、こういう時っていうのは、作者も読書層をある程度意識するのだと
  思います。年齢的には40台、仕事的にはちょうど油ののった時期、
  家庭的には子供たちが思春期を迎える難しい頃。
  この物語の主人公は数年前に妻をガンでなくした私。中学三年の娘と、
  小学五年の息子がいます。
  彼らが、亡くなった妻が子供の頃に過ごした街、「希望ヶ丘」に越してくる
  ところから物語は始まります。
  これは、私の想像ですが、
  重松さんは最初この物語を、妻にかかわる人とからめて書こうとしたのでは
  ないかと思うんですよね。
  もちろん、この物語には妻の同級生や、初恋の人が登場するのですが、
  本当はもっとたくさんの人を登場させようとしたのではないか、
  そうすることで、亡くなった妻を描きつつ、この三人の家族を描くつもり
  だったのではないか。
  それが、かなり個性的な人物たちが登場することで、
  広がりではなく、深みのある作品になったのではないか。
  ところが、重松さんの、これは課題ですが、
  どうしてもその深みというのは、家族の問題とか、いつものテーマに
  なってしまうんですよね。
  それはそれで、重松ファンは期待もしているのですが、
  ここまで来ると、ちがう重松さんをいつも期待してしまう。
  そういうふうに感じながらも、重松さんの新作を読んでしまうのも、
  ファンとして、いささか因果でもありますが。

  今回、書評詩にしましたが、読んでいて、ふっと浮かんだのが
  「小石の影」というイメージでした。
  それで、今回、こんな詩にしました。
  
希望ヶ丘の人びと希望ヶ丘の人びと
(2009/01/16)
重松 清

商品詳細を見る


sai.wingpen  小石の影                     矢印 bk1書評ページへ

 大きな石には影ができるのは当然かもしれない
 でも
 小石にだって 
 影はできる

 大きな石が目の前にあったら
 人が何人も集まって それをうんうんいって運ぶだろう
 でも
 小石だったら
 ぽんと足で蹴りあげて
 おしまい

 この星は
 ずっと昔に燃える火の玉で
 それが 何億年もかけて
 石の星になった

 石は
 土になり
 水がわき
 木々を育て
 私たちをつくった

 私たちが
 みんなちがうように
 石たちも みんなちがう

 そして

 石たちが
 みんなちがうように
 私たちも みんなちがう

 大きな石には影ができるのは当然かもしれない
 でも
 小石にだって 
 影はできる
  
(2009/03/09 投稿)