FC2ブログ
本 世の中には、私たちを分類する、色々な言い方があります。
 例えば、「保守的vs進歩的」とか「王貞治vs長嶋茂雄」とか。
 私が二十台の頃には「キャンディーズvsピンクレディー」というのもありました。
 私は「キャンディーズ」。その中でも「スーvsランvsミキ」というふうに細分化して
 いくのですが、もちろん、これは今回の話と関係がありません。
 そうした分け方のひとつに(ここからです)、
 「文系vs理系」というものがあって、(やっときました)
 私は「完璧文系」です。
 その私が「物理学」の講演を聴きたいと思ったのは、
 昨年「ノーベル物理学賞」を受賞したお二人の生の声、生の姿に接したいという、
 かなり、というか、ほとんどミーハー的な気持ちでした。
 なにしろ「ノーベル賞」ですよ。
 こんな機会はめったにありません。

本 というわけで、先日(3.11)に有楽町朝日ホールで行われた、
 「ノーベル物理学賞受賞記念 小林誠・益川敏英講演会」に
 身の程知らずに、行ってきました。
       小林        益川

more open !?