FC2ブログ
03/26/2009    河は眠らない:書評
プレゼント 書評こぼれ話

  また、また、また、開高健です。
  しかも、今年の2月に出たばかりの写真エッセイ集です。
  書評の中でもチラッと書きましたが、
  これは生前開高が撮ったビデオ作品を元に作られています。
  いやぁ、でも、この写真の開高さんはものすごく
  ダンディですよね。
  1984年とありますから、当時54歳。
  今の私とおない歳ではありませんか。
  もう私なんか、すたこらさっさと逃げてしまいたくなります。
  でも、今年にはいってからの開高さんとの邂逅ぶりは、
  (少しシャレましたが)
  開高さんがおいでおいで(天国にじゃあないですよ)を
  しているのかしら。
  本棚の「開高全集」の埃を、少し吹こうかな。
  ぷっ。
  
河は眠らない河は眠らない
(2009/02)
開高 健青柳 陽一

商品詳細を見る


sai.wingpen  森を彷徨(ある)く               矢印 bk1書評ページへ

 開高健が亡くなって、今年で二十年になる。
 新しい読み手が開高文学にどのように出会い、頁をめくっているのかは知らないが、もし二十年前の作家として未知であるなら、ぜひ開高文学の豊穣さに触れてほしいものだ。
 そのきっかけがどのようなものであれ、開高を知らずにいるのは不幸だろう。
 開高は文体が腐ることを怖れたが、その瑞々しさは二十年経っても変わることはない。
more open !?