FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今回紹介するのは、森光子さんの、
  『人生はロングラン―私の履歴書』です。
  森光子さんの舞台『放浪記』2000回公演の達成は、
  最近の明るいNEWSの一つです。
  その時に、森光子さんの「私の履歴書」を読む、というのも
  読書の面白さだと思います。
  あの記念すべき公演で森光子さんが紹介された自身の川柳、
  
    あいつよりうまいはずだがなぜ売れぬ

  は、この本でも書かれています。
  今回の書評タイトル「おかみさん、時間ですよ」は、
  もちろん森光子さんのTVでの人気番組だった『時間ですよ』(久世光彦演出)の、
  台詞からとりました。
  私にとっての森光子さんはあの『時間ですよ』の銭湯のおかみさん。
  その時、すでに森光子さんは50歳だったわけですが、
  とてもそんな年齢には見えなかったですね。
  その時の挿話も、今回紹介した『人生はロングラン―私の履歴書』に
  ちゃんと出てきます。
  
人生はロングラン―私の履歴書人生はロングラン―私の履歴書
(2009/04)
森 光子

商品詳細を見る


sai.wingpen  おかみさん、時間ですよ           矢印 bk1書評ページへ

 女優の森光子さんのおめでたい話がつづく。
 今年(2009年)の5月9日、自身の89歳の誕生日に主演する『放浪記』の舞台が2000回という前人未踏の公演記録を達成し、さらには女優として初めての「国民栄誉賞」の受賞も先ほど決定した。
 そんな森光子さんが日本経済新聞の人気記事である「私の履歴書」に連載(新聞掲載は2007年12月)した文章に加筆して出版したのが本書である。
 まことに今が読み頃、旬の一冊といえる。
more open !?