FC2ブログ
本 今回の「書評の明日」は、米原万理さんの最近出版された文庫本、
 『打ちのめされるようなすごい本』についている、
 二つの解説を読むことで、書評とは何かを、
 もう一度考えてみたいと思います。
 二つの解説と書きましたが、ひとつが井上ひさし氏。
 そして、もうひとつが丸谷才一氏です。

 特に丸谷さんについては、何回かこの連載でも書いてきましたが、
 このブログで参考にした『蝶々は誰からの手紙』は、この解説の中でも
 丸谷さんが「お読みいただけると有難い」と自信をもって薦めています。

本 今回は書評の形で書いていますが、丸谷さんがいう「批評性」について、
 少し解明できたのではないかと思います。
 丸谷さんは「比較と分析」という言葉を使っておられますが、
 そのためにも広い視野が書評を書く人に望まれると思います。
 それと、自身の得意とする分野を持つことも大事です。
 本を論じるのに、本だけでなく、その他の言語で読む解くと、
 書評という読み物の視野が広がると思います。

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)
(2009/05/08)
米原 万里

商品詳細を見る


sai.wingpen  井上ひさし氏と丸谷才一氏の解説文を読む   矢印 bk1書評ページへ

 2006年5月に逝去した米原万理さんは、ロシア会議の通訳だけでなくエッセイ小説などの書き手としても高い評価を得た女性でした。そんな彼女はたくさんの本を読み、そしてたくさんの書評を私たちに残してくれました。この本は書評家米原万理さんの書評の集大成です。
 しかも、単行本では井上ひさし氏が解説を書き、今回の文庫版には丸谷才一氏の解説まで加わりました。井上、丸谷両氏が絶賛した書評とはどのようなものか。
 二人の解説から、書評とは何か、米原万理の魅力とは何か、が見えてきます。
more open !?