FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今回紹介しました、稲盛和夫さんの『働き方』という本を読んで
  いろいろ考えさせられました。
  書評の中にも書きましたが、今雇用状況は極めて悪化しています。
  「働く」ということは憲法の中でも「すべての国民は、勤労の権利を有し」と
  定められています。
  しかし現実には二人に一人しか求人がないという状況です。
  そういう中で「働くことの意義」といわれても、
  どうしようもない人もいると思います。
  誤解を恐れずに書けば、
  私も「無所属の時間」を過ごすようになって、
  まもなく一年になろうとしています。
  仕事がないのですから、どうしようもありません。
  ただ、だからといって何を嘆くことがありましょう。
  仕事がないことが全人格を否定するものではないのです。
  今回の書評を読んで、甘いと感じる人もいると思います。
  しかし、私は稲盛和夫さんのいう、

    思いは必ず実現する

  は、正しいと信じています。
  
働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」
(2009/04/02)
稲盛和夫

商品詳細を見る


sai.wingpen  思いは必ず実現する                矢印 bk1書評ページへ

 稲盛和夫氏の著作に、「経営の神様」松下幸之助氏の講演会に初めて参加した時のエピソードが度々出てきます。まだ京セラを創業したばかりの頃です。
 有名な「ダム式経営」の話をされた松下氏に、「どうすれば余裕のある経営ができるのか、具体的な方法を知りたい」という質問がでます。そのときの松下氏の答え「それは思わんとあきまへんなぁ」に、会場には失笑がもれたとその場にいた稲盛氏は記憶しているのですが、氏自身は「身体中に電撃が走る」ほどに、その答えに感銘を受けるのです。
 「思わなければ何も実現しない、このことは仕事のみならず、人生における鉄則でもあるのです」(82頁)と、このエピソードにつづいて本書に書かれています。さらに、重ねて稲盛氏はこう続けます。
 「思いは必ず実現する」。
more open !?