FC2ブログ
本 先週の土曜日(5.30)、朝日新聞土曜別刷「be」に面白い記事がありました。
 題して、「もう一度読みたい昭和のマンガ」。
 うわーっ、なになに、と興味深々で読みました。
 調査の方法は朝日新聞の「アスパラクラブ」というところで
 アンケートを実施したとあります。
 回答者は3630人。男の人が2304人、女の人が1326人。
 年齢は50代の人が一番多くて、次が40代。
 こういうのって、結構アンケート結果に響きますよね。

本 では、さっそく栄えある第1位を発表します。
 ジャンジャジャーーーン。

あしたのジョー (12) (講談社漫画文庫)あしたのジョー (12) (講談社漫画文庫)
(2000/11)
高森 朝雄ちば てつや

商品詳細を見る

 『あしたのジョー』でした。
 おっと、そうきましたか。
 なんとなく手塚治虫さんの『鉄腕アトム』かなって思いましたが。
 (ちなみに『鉄腕アトム』は第5位)
 第2位が『サザエさん』で、第3位が『いじわるばあさん』と、
 さすが朝日新聞の読者アンケートだけあって、長谷川町子さんが続きます。
 そして、第4位が『巨人の星』。
 なるほどなるほど。

本 で、以下の順位で、どんなマンガがはいっているのかというと、
 『宇宙戦艦ヤマト』(6位)『カムイ伝』(7位)『ベルサイユのばら』(11位)
 『おそ松くん』(17位)『のらくろ』(35位)・・・
 『ドラえもん』が18位なのは昭和のマンガというイメージではないのかも。
 大和和紀さんの『あさきゆめみし』『はいからさんが通る』が25位、26位と
 続きます。
 おっと、『鉄人28号』が30位なのは意外に低い。
 それでいったら、石ノ森章太郎さんの『サイボーグ009』も28位では低すぎる。
 というか、石ノ森章太郎さんがこれ一冊だけというのがおかしいような。

本 私的には、『あしたのジョー』が1位で不足はありません。
 ただ、同じ梶原一騎さんの原作(『あしたのジョー』は高森朝雄で書いていました)
 では、ほんのわずかで『巨人の星』をあげるかな。
 学習したのは、やはり『巨人の星』です。

巨人の星 (11) (講談社漫画文庫)巨人の星 (11) (講談社漫画文庫)
(1995/08)
梶原 一騎川崎 のぼる

商品詳細を見る

 ただ、作品の出来では、ラストシーンも含め、『あしたのジョー』が数段
 上回るように思います。
 思い出しましたが、中学生の頃につけていた日記に、
 「明日のために」って表題をつけていたのは『あしたのジョー』の影響ですね。
 「明日」はどんなものだろう。
 誰もがそんなことを思いながら、あのマンガを読んでいたのかもしれません。

 あなたなら、何を選びますか。