FC2ブログ
06/09/2009    女が読む太宰治:書評
プレゼント 書評こぼれ話

  太宰治が好きです。
  正確にいえば、好きでした、になるのかもしれませんが。
  以前、「私が好きな作家たち」にも書きましたが、
  若い頃、お決まりのように太宰にハマりました。

           みぎ 「私の好きな作家たち 第六回 太宰治」はこちら

  今回紹介するのは12人の女性による太宰論、
  『女が読む太宰治』です。
  この中で、雨宮処凛(あまみやかりん)さんが、
  自身の高校時代の記憶としてこんなことを書いています。
  高校で太宰ブームが起こった時のことです。
  「休み時間と言えばエロ本とオナニーの話しかしていなかった
  彼ら(男子生徒のこと)が、突然眉間に皺を寄せたかと思うと、苦悩した
  顔で「人生」なんかを語り始める。

  するどい、女子生徒だったんですね、雨宮処凛さんは。
  まあ、私もそういう状況だったと思います。
  太宰の魅力は色々あると思いますが、
  なんといっても「太宰だけが私のことを理解してくれる」みたいな、
  大きな誤解が彼の文学の魅力だと思います。
  それが若者の孤独に合う。
  太宰がもてたのも、そういうところかもしれません。
  母性本能がくすぐられるのでしょうね。

女が読む太宰治 (ちくまプリマー新書)女が読む太宰治 (ちくまプリマー新書)
(2009/05/09)
佐藤江梨子山崎ナオコーラ

商品詳細を見る


sai.wingpen  「新しい女」に読ませたかった太宰治         矢印 bk1書評ページへ

 今年生誕百年を迎えた「太宰治」が本屋さんにあふれている。
 彼の著作の新装版だけでなく、「○○太宰治」「太宰治△△」といった関連本まで多種多様である。太宰がどうのこうのではなく、出版社、編集者の企画力の力比べの様相だ。
 案外マーケティング事例として、このブームをのぞいてみるのも面白いかもしれない。

 本書は「ちくまプリマー新書」から出版された太宰関連本二冊のうちの一冊(もう一冊は齋藤孝著『若いうちに読みたい太宰治』)である。女性の視点からみた太宰治という点では、たくさんの関連本の中でも食指が動く一冊といっていい。
more open !?