FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は時の記念日
  時間といえば、手塚治虫さんの漫画に『ふしぎな少年』という作品があって、
  これを原作にしたTVドラマが昔NHKで放映されていました。
  調べてみると、このドラマが放映されたのが1961年から1962年。
  私の6歳の頃の作品です。
  太田博之さんが主人公の少年を演じていました。
  若い人は太田博之さんといっても知らないと思いますが、
  今風にいえば「イケメン」俳優のはしりではないかしら。
  その少年が、
  
    時間よとまれ

  というと、本当に時間がとまってしまうというドラマです。
  よく、「時間よとまれ」って遊んだものです。
  今回は、そんな手塚治虫さんの素顔に迫る、
  息子さんの手塚眞(まこと)さんの『「父」手塚治虫の素顔』です。
  「時間よとまれ」って本当に願ったのは、締め切りが迫った
  手塚治虫さんご自身だったのでしょうね。

「父」手塚治虫の素顔「父」手塚治虫の素顔
(2009/05)
手塚 眞

商品詳細を見る


sai.wingpen  天才の息子                矢印 bk1書評ページへ

 「漫画の神様」手塚治虫は今年生誕八十周年を迎えます。
 当然存命であれば、八十歳の誕生日を迎えるということで、あるいは「八十歳の手塚治虫氏、新作発表 いまだ意気軒昂」なんていうニュースがあっても不思議ではなかったと思います。
 しかし、残念ながら、手塚治虫は二十年前、まだ六十という年齢で亡くなってしまいました。
 手塚治虫を失ったことは悲しい。でも、「漫画の神様」は私たちにいつまでも古びない多くの作品と、「その作品とともに育ち、それに親しんできた」たくさんの子どもたちを残してくれました。
 そのことに感謝します。
more open !?