FC2ブログ

プレゼント 書評こぼれ話

  今回紹介しました和田秀樹さんの、
  『「できる」と思えば「必ずできる!」心理学』は、
  常々、私の中で「どうして前に進めないのだろう」という疑問があって、
  それで見つけ出した本です。
  前に進めないのは、
  失敗することが怖い、恥ずかしい、という気持ちがあるんでしょうね。
  あるいは「厚かましい」というのもそうかもしれません。
  しかし、一体誰に「恥ずかしい」のでしょうか。
  誰に「厚かましい」のでしょうか。
  書評の中でも書きましたが、最近私はそれらは「能力」だと
  考えています。
  「能力」であるなら、私たちは「学習」し、「訓練」し、「習熟」することが
  できるのではないか、と考えています。
  本を読むことも確かに一つの「行動」です。
  そして、その書評を書くのも、次の「行動」です。
  あるいは、こういう本の中で紹介されていることを信じて、
  一つでも同じようにやってみる。
  うまくいかないかもしれない。
  その時「やっぱり自分にはできない」と諦めるのではなく、
  別の方法でやってみる。
  そういうことが大切なんでしょうね。
  「じゃあ、お前はどうなの?」と聞かれると、
  いささかつらいのですが、
  そういう悩み多き人間が書いた文章として、
  今回の書評をお読み下さい。

「できる」と思えば「必ずできる!」心理学「できる」と思えば「必ずできる!」心理学
(2008/12)
和田 秀樹

商品詳細を見る


sai.wingpen  この書評を読むところから「できる」が始まる      矢印 bk1書評ページへ

 どうして一歩、前に踏み出せないのだろう。
 そう思うことがしばしばあります。多くの人がそういう悩みを抱えているのではないでしょうか。
 精神科医和田秀樹さんの本書は、そういう人の悩みや迷いを解明し、前に踏み出すための勇気を与えてくれる一冊です。
 しかし、前に踏み出すのは、著者ではありません。
 私自身だし、前に出ることを怖れているあなたです。
 だから、本書を読んでも何もしないのであれば、この本は何も価値を生み出さないでしょう。
 この本を読んだから「できる」のではありません。まず、「できる」と思うことから始めて、この本を開いてみて下さい。
more open !?