FC2ブログ
sai.wingpen 今週の木曜(6.11)、映画『劔岳 点の記』の試写会に行ってきました。
 点の記
 試写会は久しぶりです。
 昔はよく行きましたね。
 特に高校生の頃は、毎週行っていたかもしれません。
 せっせと試写会の応募ハガキを書いていましたよ。
 当たるようにイラストなんか描いたりしてました。
 その当時は「中ノ島ホール」(大阪です)なんかでよくしていました。
 で、今回は浦和にある「ユナイテッド・シネマ浦和」での試写会。
 今や映画館で試写会をする時代なんですね。


sai.wingpen せっかく当てて頂いたので、書いておくと、
 この試写会は「東京新聞ショッパー」という情報誌さんと、
 先ほど書いた「ユナイテッド・シネマ浦和」さんの企画です。
 点の記 2
 話題の映画が先行で(しかも無料で)観れるだけじゃなくて、
 「東京新聞ショッパー」さんからはトートバック、
 「ユナイテッド・シネマ浦和」さんからはブックカバーを
 頂いちゃいました。
 しかも、ですよ、
 そういうプレゼントが色々はいった袋の中に、
 「当選おめでとうございます」なんていう紙片がはいっていたのです。
 なんと、それが本のプレゼント。 点の記 3

 こんなにもらっちゃっていいのかな。
 そんなに日頃いいことしてるとも思えないのですが。

sai.wingpen では、映画『劔岳 点の記』の話です。
 今回の最後に、短評を書いておきましたが、
 前振りで書きますね。
 『劔岳 点の記』は「伝説の活動屋」といわれる木村大作さんが、
 その長い映画人生で初めて監督をした作品です。
 原作は新田次郎さん。
 この映画、撮影期間2年、撮影日数200日以上というから、
 大作といっていい。
 お金かかっていますよ、きっと。
 この『劔岳 点の記』の宣伝コピーが、

   誰かが行かねば、
   道はできない。


 というものですが、まさに木村大作監督もそういう気分だったのでしょうね。
 これは友人に聞いた話ですが、
 あの高倉健さんの映画はほとんど木村大作さんが撮影したとか。
more open !?