FC2ブログ
06/17/2009    経営を見る眼:書評
プレゼント 書評こぼれ話

  今回紹介した伊丹敬之さんの『経営を見る眼』は、
  2007年に出版された「経営入門書」です。
  このあと、日本だけでなく世界的規模の不況になり、
  経営を取り巻く環境は当時とは様相が一変しています。
  ただ、この本の副題に「日々の仕事の意味を知る」とあるように、
  この本が教えてくれることは、
  こういう時代だからこそ、もう一度多くの人が、
  理解し、考えないといけないことだと思います。
  ちなみに、伊丹敬之さんは企業家でも経営コンサルタントでもありません。
  大学の先生です。
  「学問」と「現場」は違うという人はいるかもしれませんが、
  私は「学問」で精錬された知恵は使わないと損だと思っています。
  それに本書ができるまでには社会人学生との議論も
  参考にされているようで、
  「現場」に近い目線ではないでしょうか。
  「学問」もより「現場」の声を聞く、
  仕組みづくりが必要だと思います。
  
経営を見る眼 日々の仕事の意味を知るための経営入門経営を見る眼 日々の仕事の意味を知るための経営入門
(2007/06/29)
伊丹 敬之

商品詳細を見る


sai.wingpen  今こそじっくり「経営」を学ぶ            矢印 bk1書評ページへ

 企業とは、良きにつけ悪しきにつけ、縦のピラミッドでできている。
 小さな企業ではそのピラミッドの数が少なく、大企業ではそれが無数にあると思えばいい。けれど、経営者を頂点にして、底辺に広がる三角形であることは事実だ。
 そして、そのピラミッドは組織を構築する数だけある。中間管理職の多くはそれぞれのピラミッドの頂点だ。
 人は大小にかかわらず、まずその頂点を目指す。最初は小さなピラミッドでもやがてはより大きなピラミッドの頂点を目指す。あるいは、唯一の経営者をめざす人もあるだろう。
 本書は「企業組織の中でマネジャーやさまざまな立場のリーダーになることをめざしている人たち」、すなわち「働く人の側に立っ」た、経営入門書である。
more open !?