FC2ブログ
06/22/2009    劇画漂流 上巻:書評
プレゼント 書評こぼれ話

  先日講演記録を書きました「手塚治虫文化賞」で、
  マンガ大賞を受賞された、辰巳ヨシヒロさんの『劇画漂流』を
  やっと読み終えましたので、今日と明日、
  その書評を書いてみます。
  この本は漫画本です。
  でも、上下二巻でしかも分厚い。
  それに内容も面白く、読み応え十分な本です。
  漫画というよりも、劇画が誕生するまでの歴史が
  よーくわかる本です。
  辰巳ヨシヒロさんは昔「COM」とかを読んでいた頃に
  いくつか読みましたが、
  社会の底辺で生きる人々を描いた、
  暗い作風が印象に残っています。
  だから、まったく未知の漫画家ではないのですが、
  「劇画」の生みの親だというのは知りませんでした。
  この上巻では手塚漫画ではない漫画を模索し始める、
  主人公の苦悩がよく描かれています。
  当時の彼らにとっては、映画の表現方法が
  参考になったようですね。
  でも、それもやはり手塚治虫さんが初めていたことです。
  手塚治虫さんが雑誌の世界にいって十分な表現空間を持たなくなったことで
  それがどんどん子ども向けになっていく。
  辰巳ヨシヒロさんにとって、そういう手塚治虫は反面教師のような
  存在であったかもしれません。

  明日の下巻の書評では、
  「劇画」とは何かを書いてみたいと思います。
  
劇画漂流 上巻劇画漂流 上巻
(2008/11/20)
辰巳 ヨシヒロ

商品詳細を見る


sai.wingpen  漫画と劇画のはざまで 上              矢印 bk1書評ページへ

 第13回「手塚治虫文化賞」マンガ大賞受賞作品。
 漫画家辰巳ヨシヒロの上下およそ900頁にも及ぶ、渾身の自伝的青春漫画である。
 考えれば、劇画ほど「漫画の神様」手塚治虫を苦しめたものはなかったのではないだろうか。劇画がその勢力を拡大するなかで、手塚の(子ども向け)漫画は時代遅れのレッテルを貼られ、もう手塚の時代は終わったとまで揶揄されるようになる。しかし、周知のように手塚は劇画の手法を取り入れながら大人が読みうる漫画作品を後年続々と発表していく。そのような劇画の歴史を扱った作品が手塚治虫の名前を冠とする賞を受賞するのであるから、文化とはなんと懐深い流れであろう。
more open !?