FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今回紹介しました雨宮処凛(かりん)さんの『ロスジェネはこう生きてきた』は、
  今年創刊10年を迎えた「平凡社新書」の、
  新装となった新書の一冊です。
  本屋さんによく行く人ならもう気づいているでしょうが、
  「平凡社新書」のデザインがこれを機会に変わりました。
  そのあたりことが、平凡社のPR誌である「月刊百科」に書かれています。
  まずは、新書編集長の松井純さんの言葉です。
   
    創刊時の「自分を広げる、世界が変わる」という精神を受け継ぎながら、
    「いろいろだから面白い」を合言葉に、ジャンルを超え、さまざまな知の
    にぎわいに溢れた広場をつくっていきたいと思います。


  えらいな、編集長というのは云うことがちがいます。
  この「広場」ということですが、新書デザインを考えた菊池信義さんは、
  こんなことを書いています。

    編集部の人たちがつかみ取り、カッコ付きにして、シェイプアップした
    多種多様な知を読者にプレゼンテーションする場所、それが広場です。

  うまいな、デザイナーというのは云うことがちがいます。
  とりあえずは、創刊10周年おめでとうございます。
  これからも、頑張って下さい。平凡社新書
  
ロスジェネはこう生きてきた (平凡社新書 465)ロスジェネはこう生きてきた (平凡社新書 465)
(2009/05/16)
雨宮 処凛

商品詳細を見る


sai.wingpen  世代を越えて読んでもらいたい本               矢印 bk1書評ページへ

 1955年生まれの私にとっては衝撃的な本だった。
 あるいは、こう云い直してもいい。
 そこそこの会社で正社員として働いてきて、なんとか人生の中盤以降まで安穏と生きてきた者にとっては、深く考えさせられる本だった、と。
 ぜひ私よりも上の団塊の世代にも読んでもらいたい。あなたがたの子供たちは、これほどに傷つき、これほどに悩み、そして今「ロスジェネ」(ロストジェネレーションのこと)の名のもとに必死に生きようとしているのだということを、わかってもらいたい。
more open !?