FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

    一週間のごぶさたでした

  わあー、このフレーズ懐かしいな。
  玉置宏さんですよ。
  「ロッテ歌のアルバム」ですよ。
  若い人は知らないですよね、でも、おじさんは知っている。
  悲しいような、得したような。
  そうだ、そんなことはいいのでした。
  何が「一週間のごぶさた」かというと、
  東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズの書評です。
  今回は『マツタケの丸かじり』。
  今回この本を選んだ理由は、文庫本の表紙です。
  マツタケの下に若い女性が頬を赤らめている、この絵です。
  うふふ、と思っちゃった。
  エヘヘ、と考えちゃった。
  選択が極めて不純ですよね。
  でも、不純だろうと、この本の面白さは変わりません。
  ちなみに書いておくと、この美女は「マツタケ」の項には出てきません。
  「アイスクリーム」の項に出てきます。
  グヤジー。
 
マツタケの丸かじり (文春文庫)マツタケの丸かじり (文春文庫)
(2001/01)
東海林 さだお

商品詳細を見る


sai.wingpen  「丸かじり」のおいしい食べ頃教えます        矢印 bk1書評ページへ

 今回は東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズのおいしい食べ頃をお教えします。
 まずは、紙と鉛筆をご用意下さい。
 そうか、印刷しちゃえばいいのか。
 失礼。
 では、プリンターをご用意下さい。
 あ、もちろん、わざわざ印刷する必要もないことはご承知下さい。重たいプリンターを運び込んだのに、ちっとも役に立たないと、あとで怒らないで下さいね。
more open !?