FC2ブログ
07/26/2009    ブタの丸かじり:書評
プレゼント 書評こぼれ話

  今回紹介しました、東海林さだおさんの『ブタの丸かじり』の中に、
  「生卵かけゴハン」のことが書かれています。
  なんだか貧乏くさいんだけど、おいしいですよね。
  それをきちんと取り上げるのですから、
  さすが東海林さだおさんです。
  一般的には「生卵かけゴハン」は、まず別の器に卵を割って、
  それをゴハンにかけるのですが、
  ゴハンの上にそのまま卵を落として、醤油をかけて、
  ぐるぐるかき回す、荒業もあります。
  何故こういう荒業が登場するかというと、
  あとの食器洗いがひとつ減る、という単純な理由。
  ただこの荒業を実践する場合は、
  まずゴハンのてっぺんに穴を掘るという作業が発生します。
  これを怠ると、卵土石流状態になって、
  最悪はお茶碗から、ズルズルダダーンと落ちてしまいます。
  これは悲しい。
  ですから、必ず穴を掘らないといけないし、
  その穴に卵を落とす訓練が必要になります。
  私など、三年五ヶ月もかかりました。(ここ、冗談です)
  そんなことを書いていると、
  「生卵かけゴハン」が食べたくなりました。
  日曜の昼食に、「生卵かけゴハン」がよく似合う。
  
  ◆「ブログランキング」に参加しています。
  下の「ひよこちゃんバナー」をクリックすると、このブログの順位がわかりますよ。

  

ブタの丸かじり (文春文庫)ブタの丸かじり (文春文庫)
(2000/09)
東海林 さだお

商品詳細を見る


sai.wingpen  すみません、楊枝下さい               矢印 bk1書評ページへ

 「書評とは、内容紹介と批評性である」と語ったのは、かの文豪にして博識多才な評論家である丸谷才一氏だが、そういう教えをものともせず、東海林さだお氏の長寿シリーズ「○○の丸かじり」において、不当にも、内容紹介ゼロ、批評性小さじ少々の「書評」を書きまくってしまいました。
 「鯛ヤキの丸かじり」の書評を書いたつもりが、「ナマズの丸かじり」であっても「ケーキの丸かじり」であってもいいともなれば、やはりこれは「書評」とはいいがたい。
 反省してます。
 猛省してます。
more open !?