FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今回紹介した、重松清さんの『あの歌が聞こえる』は、
  新潮文庫のオリジナル作品です。
  単行本でも売れると思うのですが、
  文庫本で刊行されたのですから、読者としてはうれしいですね。
  物語の背景となった1975年といえば、
  私は二十歳。
  この作品の中で紹介されている何曲かの歌は懐かしい。
  私にも思い出の歌がいくつかあります。
  そのなかでも、井上陽水さんの『心もよう』は思い出深い。
  私が浪人をしている夏に、
  高校時代好きだった女の子からもらった暑中見舞いに
  その曲の一節が書かれていました。
  彼女は高校卒業と同時に東京に転居していました。
  今でも井上陽水さんの『心もよう』を聞くと、
  そのことを思い出します。
  そして、次の春、私も東京に行くのですが・・・。
  なんだか重松清さんばりの物語みたいになりそうですね。
  そんなこととか思い出させてくれる一冊です。

  ◆「ブログランキング」に参加しています。
  下の「ひよこちゃんバナー」をクリックすると、このブログの順位がわかりますよ。
 
  

あの歌がきこえる (新潮文庫 し 43-14)あの歌がきこえる (新潮文庫 し 43-14)
(2009/06/27)
重松 清

商品詳細を見る


sai.wingpen  私だけの「あの歌」をききたくて               矢印 bk1書評ページへ

 誰にしも懐かしい歌がある。思い出に刻まれた歌がある。メロディーや歌詞を思い出せば、それとともに浮かびあがる風景や時の記憶があって、時にそれらは鼻の奥をつんとさせる。
 そんな心情を描かせれば、重松清は当代一の作家だろう。
 本州の西端に近い港町を舞台に、昭和50年(1975年)からの六年間を描いた連作集の、それぞれの作品のタイトルとなった歌は、「いつか街で会ったなら」「戦争を知らない子供たち」「オクラホマ・ミキサー」「案山子」「さよなら」など、全部で十二曲。
 その時代であったら、あの歌も流行った、この唄も忘れがたい、人それぞれあるとしても、これは三人の少年が中学一年から高校三年までに出会った「あの歌」であるから仕方がない。
 これは彼らの青春物語なのだ。
more open !?