FC2ブログ
 今日の「ほんのニュース」は
 いくつかの新聞で紹介されてたから
 ご覧になった人も多いかも。
 ここでは、11月1日の日本経済新聞の朝刊から。

    図書館の貸出数最多 5.4冊

 これは、2010年度の社会教育調査(中間報告)でわかった数字。
 なんだ、2010年度か、ってがっかりしたあなた、(私もですが)
 この調査は3年に一度らしいので仕方がありません。
 対象は公共図書館3274施設で、その利用状況が
 まとめられています。
 この調査によると、全国の公共図書館が貸し出した本が
 国民一人あたり5,4冊で過去最高になったそうです。
 貸出冊数は延べ約6億6千万冊(すごいなぁ)、
 本を借りた人の数は延べ約1億8千万人(すごいなぁ)。
 いずれも過去最高だとか。

 その要因として、
 「団塊の世代の大量退職で、空いた時間に本を読む人が増えたせい」だとか。
 確かに今、平日に図書館に行っても
 たくさんのおじさんおばさんがいます。
 今まで一生懸命働いてきて
 やっとゆっくり本が読める時間ができたとしたら
 いいことですよね。
 でも、家にいたら奥さんにじゃまもの扱いされて
 特に行くところもなく、
 図書館で時間をつぶしている人も多いのでは
 ないかしらん。

 ほかにも
 一回あたりの貸出冊数の上限緩和とか
 閉館時間が遅くなったことも
 要因にあげられています。
 私がよく利用する
 浦和にある「さいたま中央図書館」では
 一度に30冊まで借りることができますし、
 平日は夜9時まで開いています。
 それになんといっても
 清潔な感じが好き。
 図書館には毎週行きますが
 いつもうっとりしますね。
 それぐらい心地いい空間です。

 最近ではあのTSUTAYA(ツタヤ)が公共の図書館を
 運営することになったり、
 図書館自体にも変化の波がありますが、
 たくさんの人が利用できる
 そんな図書館になればいいのではないでしょうか。
 ところで、いずれ電子書籍も図書館で貸出なんて
 あるのでしょうか。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ