FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  日本は先の戦争が終わってから
  戦争の経験はありません。
  しかし、残念ながら
  世界では今でもたくさんの国で
  戦闘状態が続いています。
  人類は進歩どころか
  ちっとも変っていません。
  子どもの頃には
  戦争って厭、平和がいい、
  と教えられてきたはずなのに
  大きくなると
  エゴが出てしまう。
  国と国。
  民族と民族。
  70年近く戦争をしてこなかった国だからこそ
  いえることもあるはず。
  今日紹介する絵本は
  小学生が書いた詩がベースになっています。
  安里有生(あさとゆうき)君の
  『へいわってすてきだね』。
  絵は絵本作家の長谷川義史さんが
  書いています。
  小学生が見た平和の姿を
  大人の皆さんにも
  見てもらいたいと思います。

  じゃあ、読もう。

へいわってすてきだねへいわってすてきだね
(2014/06/17)
安里有生

商品詳細を見る

sai.wingpen  素直な心で見てみれば                   

 この絵本の文(実際には詩ですが)を書いた安里有生(あさとゆうき)くんは2007年生まれの小学生です。
 沖縄で生まれ、お父さんに仕事の関係で与那国島に移りました。
 この詩は2013年に沖縄県平和祈念館が募集した「児童・生徒の平和メッセージ」で、小学生低学年・詩の部門で最優秀賞を受賞したものです。
 絵を描いたのは、独特のタッチと軽快な大阪弁で人気の高い長谷川義史さん。
 ダジャレの絵本もたくさん描いていますし、『ぼくがラーメンたべてるとき』といったような考えさせられる絵本も描いています。

 この絵本を描くにあたって、長谷川さんは実際に与那国島まで行って安里くんや安里くんの家族に会っています。
 与那国島の風景や与那国馬のことも描かれていますが、実際に見たそのままなのではないかと思います。
 平和についての強いメッセージ性のある絵本ですが、実は与那国島の風景や動物、人々の姿が生き生きと描かれているからこそ、メッセージが生きているように思います。
 「平和」といえば、多くの人がそれを願います。
 では、具体的にどのような状態を「平和」というのか、そのあたりを安里くんはさりげなく書いています。
 だから、伝わってくるといえます。

 安里くんが思う「平和」は、「おともだちとなかよし」だし、「かぞくが、げんき」だけではありません。
 「ねこがわらう」のも「平和」だし、「よなぐにうまが、ヒヒーンとなく」のも「平和」なのです。
 だからこそ、そんな「平和」がずっと続けばいいと思うし、「ぼくも、ぼくのできることからがんばるよ」とうたえるのです。
 私たちは「平和」の意味を難しく考えすぎることがあります。
 おとなだから、難しい言葉で説明しようとします。
 おとなだから、さもわかったふりをします。
 でも、安里くんはそんな重荷をひとつも持っていません。
 自分の目の前に広がる風景を大事にしたいと願っているだけです。

 タイトルはストレートですが、それでいいのではないでしょうか。
  
(2014/11/02 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス