FC2ブログ
 ここしばらく
 毎月紹介しています
 NHKEテレの毎週水曜夜11時からの
 「100分de名著」ですが、
 今月の1冊は
 洪自誠(こうじせい)の『菜根譚』です。
 名前を聞いても
 チンプンカンプンという人も多いと思います。
 私もそうです。
 先月は『枕草子』という
 とってもポピュラーな古典だったのに、
 今月は『菜根譚』。
 このギャップは大きい。

洪自誠『菜根譚』 2014年11月 (100分 de 名著)洪自誠『菜根譚』 2014年11月 (100分 de 名著)
(2014/10/25)
湯浅 邦弘

商品詳細を見る

 そもそも何て読むの? という
 ところからですよね。
 これは「さいこんたん」と読みます。
 「菜根」は野菜の根っこのこと。
 ははん、昔の料理本かと勘違いしそうですが
 これは16世紀から17世紀頃に書かれた
 中国の処世訓だそうです。
 処世訓?
 つまり生きていく上で役に立つこと、です。
 このあたりで
 グッと興味がわきますよね。
 何やってもうまくいかない、
 上司には嫌われるし
 仕事はうまくいかない。
 彼女も見つからないし
 財布も落しちゃった。
 なんていう人は
 見たくなりませんか。

 読んだことないし、と
 ひっこんでいたらダメ。
 そんな人のために「100分de名著」は
 あるのですから。
 ちなみに
 今日の夜の第1回めは「逆境を乗り切る知恵」。
 ほら、興味が増した。
 2回めが「真の幸福とは?」。
 お、おおっ。
 3回めが「人づきあいの極意」。
 な、なにーぃ。
 最終回が「人間の器の磨き方」。
 決めた! 見るぞ。

 今日から私はサイコンタン。
 あんぽんたんを卒業します。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ