FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  この4月から菜園を始めて
  お隣の菜園の人とも
  楽しい会話を楽しんだりしています。
  一番小さい友だちが
   ゆうだい君という男の子。
  幼稚園ぐらいかな。
  一緒になると
  いつも遊びに来てくれます。
  彼はおとうさんとおかあさんと
  妹さんと一緒に来ています。
  お手伝いをしないで
  ここのピーマンはそろそろだとか
  こっちのナスは大きいねだとか
  巡回しています。
  よその家の男の子ですが
  かわいいったら。
  私も彼に会うのが楽しみで
  菜園に出かけているところもあります。
  そんな ゆうだい君が読んだら
  喜びそうなのが
  今日紹介する絵本。
  松田奈那子さんの『やさいぺたぺたかくれんぼ』。
  野菜を使ってスタンプ遊びができる
  絵本です。
  きっと、彼とやったら
  楽しいでしょうね。

  じゃあ、読もう。

         

sai.wingpen  やさい王国をつくろう!                   

 最近「やさいクレヨン」というものが評判らしい。
 このクレヨンには赤色も緑色も黄色もなくて、とうがらし色とかキャベツ色とかかぼちゃ色とかがあるそうです。
 なにしろ、それぞれの色の野菜でできているのですから、わかりやすいといえばわかりやすい。
 野菜そのものを粉末にして米粉のワックスで固めるそうです。
 こういうクレヨンで描いたら、どんな世界が広がるのでしょう。
 野菜と親しむという点でも、優れているではありませんか。

 野菜は色だけでなく、形もさまざま。
 この絵本はそんな野菜の断面を使って、絵をこしらえています。
 わかりやすい例でいえば、れんこん。断面に穴がたくさんあいていますよね。これを使って、あなたならどんな絵をこしらえますか。
 この絵本では、自転車の車輪。雰囲気がでてますよね。
 そのほか、割とわかりやすいのが、ゴーヤ。表面のごつごつに特長があります。
 ピーマンの断面は面白い。
 脳の断面図のように見えてしまうのは、私が大人だからでしょうか。
 この絵本では猫や犬の鼻に、ぺたん。

 面白いのは、ちんげんさい。
 断面に色をつけて、ぺたんとスタンプにすると、なんと、バラの花のように見えます。
 ちんげんさいがバラになるなんて。
 なんだか楽しくなってきます。
 うれしいことに、この絵本のおしまいには「やさいスタンプであそぼう」というページもあって、あそび方が書かれています。
 その前に、野菜をまず準備しないといけません。
 お母さんに頼んで、冷蔵庫にある野菜を取り出してみるところから。そして、まずは自分で想像してみて下さい。どんな形になるかなぁって。

 そして、「やさいクレヨン」を使って絵を完成させるのもいいですね。
 こんな形のやさい、あんな色のやさい。なんだか夢のやさい王国ができるようではないですか。
 あ、それと最後に注意を。
 やさいは食べ物。スタンプやお絵かきで遊んでも、親しむためのもの。
 クレヨンがかわいそうだとか、スタンプはこわれてしまうって、やさいを食べないのはいけません。
  
(2015/06/21 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス