FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  昭和の大女優原節子さんが
  今年の9月5日に亡くなっていたという報には
  驚きました。
  そのあと、追悼企画でNHKBSプレミアムが
  原節子さんの主演された
  小津安二郎の「東京物語」を放映していました。

  

  この映画を観るのは
  何度めでしょうか。
  いつ見ても、原節子さんは綺麗だし、
  小津調と呼ばれる画面は
  なんとも美しい。
  原節子さんと小津安二郎
  二人の間には恋愛感情があったという噂があります。
  その真実はわかりませんが
  この『殉愛 原節子と小津安二郎』の著者
  西村雄一郎さんは
  愛があればこそ
  これほどにこの映画の原節子さんは
  美しかったのではと
  しています。
  あまりにも美しすぎる愛。
  そんな伝説を残して
  原節子さんは逝ってしまいました。

  ご冥福をお祈りします。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  追悼・原節子さん - 私、猾いんです                   

 「永遠の処女」と呼ばれた昭和の大女優原節子さんが2015年9月5日に亡くなっていたことが公表され、師走の街を驚かせた。
 原節子さんは昭和37年の「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」(稲垣浩監督)を最後に銀幕から忽然と姿を消したので、現役時代の原さんの姿を知っている世代も少なくなっている。
 それでも、原さんの姿が私たちに鮮明に残っているのは、世界の映画史の中でも屈指の名作といわれる小津安二郎監督の「東京物語」(昭和28年)への出演があるからだろう。
 私も原さんの姿を初めて銀幕で観たのは小津作品だったと思う。
 原さんのどちらかといえば大づくりの容姿は端正の美しさとはいい難い。けれど、観るものを惹きこむ力は強い。私も、なんて美しい人だと思った。

 原さんは何故銀幕から姿を消したのか。そして、何故隠遁生活のような暮らしを送ったのか。さまざまな憶測は、謎が深い分、飛び交う。
 映画評論家西村雄一郎さんのこの本はそんな原さんの姿を興味本位で描いてはいない。
 では何故西村氏はこの本を書くに及んだか。その動機を西村氏は「小津映画六作に登場した時の、原節子のあの官能的といっていいほどの異常の美しさは何だろう」、それを検証したかったという。
 西村氏がとった手法は、「映画を見直し、資料を吟味し、現地を自分の足で歩き、関係者にウンタビューし、想像力を駆使」したものだ。
 答えは、この本のタイトルに出ている。

 西村氏はこう書く。
 「『東京物語』は、小津が原節子に宛てたラブレターだ。原節子は人生を賭けてそれに答えた。それこそが、まさに「メロドラマ」なのである」
 もちろん、真実は、原さんが亡くなった今、誰も知り得ることはできない。
 還暦を迎えた誕生日のその日亡くなった小津安二郎、彼の業績を顕彰する碑に原節子という芸名でなく本名の「会田昌江」で基金した原節子。

 「東京物語」の終盤、原さんが演じた紀子は、こんな台詞をいう。
 「私、猾いんです」。
 小津安二郎との関係を問われれば、やはり「私、猾いんです」と原さんは答えたかもしれない。
 原節子さんを知らない若い読者にはぜひ読んでもらいたい、愛の一冊だ。
  
(2015/12/16 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス