FC2ブログ
 東京駅に隣接する
 サピアタワーには
 いくつかの大学がサテライト校舎として
 入居しています。
 それらの学校の講義と
 基調講演で構成される
 「東京オトナ大学」(いいネーミングですよね)の
 第7回めが
 先日の日曜(12月3日)に
 開催されたので
 行ってきました。

  20171203_140303_convert_20171205155319.jpg

 今年で2回目の参加となります。

 今回の基調講演は
 日本ホテル株式会社・ホテルメトロポリタン エドモント 取締役 統括名誉総料理長(長―い)の
 中村勝宏さん。
 演題は「食のおもてなし - 洞爺湖サミットの場合」。
 日本で開催されたサミットといえば
 昨年の5月に開催された
 伊勢志摩サミットが記憶に新しいですが
 中村勝宏さんが総料理長として
 腕を振るったのは
 2008年7月に開催された
 洞爺湖サミット
 当時の日本の総理大臣は福田康夫さん。
 もう10年近く前なんですね。

 最近では
 NHKの「ブラタモリ」で洞爺湖を放送していましたが
 とっても風光明媚なところ。
 その山頂にあるウィンザーホテルで開催されました。
 何しろサミット。
 主要国首脳会議ですから
 アメリカとかロシアとかイギリスとか
 すごい人がたくさん来るわけです。
 その料理を一手に仕切る訳ですから
 中村勝宏総料理長の話が
 面白くないわけありません。

 その場にいた人だから見聞きした
 面白いエピソードもありますが
 料理は食材ありき
 何度も繰り返し話されていましたから
 中村勝宏総料理長の強い信念なんでしょうね。
 それに
 こういう大きな仕事は一人ではできない。
 全ての人の協力があればこそと
 話されていました。
 料理人の絆の強さを感じました。

 1時間の講演ですから
 あっという間に過ぎて
 最後に中村勝宏総料理長は
 フードロスの問題について
 もったいないという思いを
 多くの人が持つことが大切と話されていたのが
 印象に残りました。
 いい講演、
 いい「東京オトナ大学」でした。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ