FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  北村裕花さんの
  『こどもかいぎ』という絵本を紹介します。
  絵本を探すときには
  絵本作家の名前で探すことがよくあります。
  いせひでこさんの絵本とか長谷川義史さんの絵本とかと
  いったふうに。
  最初のきっかけはたまたまということが多いですが
  はまってしまうと
  絵本作家さんの名前で追いかけてしまいます。
  北村裕花さんの場合、
  NHKEテレの「ヨーコさんの”言葉”」という番組で知って
  それでこの人の絵本ならばということで
  選びました。
  これからも追いかけたい
  絵本作家の一人です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  六人六色                   

 六人の子供たちが真面目な顔をして集まってきました。
 男の子が三人、女の子が三人。
 名前を書いておくと、けんた、りく、まさと、あゆみ、みか、らん。
 この六人が集まって何をするかというと、絵本のタイトルの通り、「こどもかいぎ」です。
 しかも、今回の会議のテーマは「おこられたときは どうしたら いいか」。
 進行役はしっかりもののけんたくん。ちなみに、けんたくんの好きな食べ物はカレーだそうです。
 この六人、けんたくんがしっかりものと性格付けされているように、六人それぞれ性格が違います。
 性格が違うので、意見も違うし、その反応もまちまちです。
 それぞれの発言内容から、どんな性格なのかあててみるのも面白いかもしれません。
 六人の性格と好きな食べ物は一番後ろに描かれています。
 逆に、そんな性格ならどんな発言をするのか、想像してみるのも楽しいかも。
 大事なことを言い忘れていました。
 この六人は「わかばえん」という保育園の園児みたいです。
 そんな子供たちですが、「おこられたときにどうしたらいいか」という意見は結構ズルかったりします。

 この絵本を描いたのは北村裕花さん。
 NHKEテレで放映されていた「ヨーコさんの“言葉”」の絵を担当していた絵本作家さんです。
 六人の子供たちの表情を見るとわかりますが、北村さんの描く人物はどんな人であってもちっとも憎めません。
 怒っていても泣いていても、どこかで人間の温かさが描かれているように感じます。
 北村さんが六人の子供たちをどう描きわけているのか、それもこの絵本の楽しみです。
  
(2019/12/08 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  二十四節気のひとつ、大雪(たいせつ)

     大雪や暦に記す覚え書き    椎橋 清翠

  北海道や東北では
  まさに大雪だとか。
  北国の長く厳しい冬はまだまだこれからです。
  今日は
  2017年12月23日に亡くなった
  葉室麟さんの最新刊
  『星と龍』を紹介します。
  早いもので
  葉室麟さんが亡くなって
  間もなく2年経ちます。
  没後も数多くの作品が刊行されてきたので
  亡くなって2年経つという実感は
  あまりありません。
  これからも未読の作品だけでなく
  再読も含め
  葉室麟さんの作品を
  読んでいくつもりです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  葉室麟さんは何故最後に楠木正成を描いたのか                   

 2017年12月に急逝した葉室麟さんの未完となった最後の長編小説が、その早すぎる死から2年近く経った2019年11月にようやく刊行された。
 初出が2017年4月から11月までの「週刊朝日」ということで、まさに命がけの連載であったといえる。
 最後のテーマは鎌倉幕府を滅ぼした南北朝の武将楠木正成なのには、ちょっと意外な感じがした。
 というのも、晩年の葉室さんは西郷隆盛や陸奥宗光といった幕末から明治にかけて駆け抜けていった人物を数多く描いていたので、生涯をかけてそのあたりの時代に着地したかったのではないかと思っていたからだ。

 何故最後に楠木正成であったのか。
 単行本に「夢と希望と作家の祈りと」と題する「解説」を寄せた作家の安部龍太郎さんは、その理由をこう推測している。
 一つが葉室さんが尊敬してやまなかった司馬遼太郎さんへのオマージュ。
 そして、もう一つが「天皇とは何かという問題に取り組んでおかなければならないという、作家としての責任感」。
 特に後者の問題は、明治維新という題材を考えた場合であっても尊王のことは重要な視点であっただろうし、そのことでいえば楠木正成もまた尊王に生きた武将であったといえるかもしれない。
 葉室さんにとって幕末の志士たちと楠木正成は同じ水脈でつながっていたのではないだろうか。

 楠木正成の履歴を追えば、彼の名を一躍高めた千早城の戦いはこの作品でも描かれているが、足利尊氏との決戦は描けないまま、未完となった。
 読者以上に葉室さんが悔しかったにちがいない。
  
(2019/12/07 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  昨日森下典子さんの
  『日日是好日』を紹介しましたが
  今日も森下典子さんの本です。
  『いとしいたべもの』という
  食べ物エッセイ。
  以前、森下典子さんの『こいしいたべもの』という本を
  紹介しましたが、
  実はこちらの方が先に出た本です。
  今回も
  おいしい文章と
  森下典子さん自身のイラストが
  堪能できます。
  きっとこの中に
  みなさんの思い出の一品も
  見つかるかもしれません。
  私なら、
  ハウスバーモンドカレーかな。
  
  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  文章もイラストもおいしそうなのがいい                   

 食べ物は食べてしまうとそれでおしまいと思っている人は多いかもしれない。私もその一人だったが。
 けれど、エッセイストの森下典子さんのこの食べ物エッセイを読むと、そうではないことに気づかされる。
 例えば、この本の最初に登場するオムライス。
 その食べ物にどれだけの人が思い出を抱えていることか。森下さんがいうように「昭和三十年から四十年代に子供時代を過ごした人にとって、オムライスは特別なたべものではないだろうか」ということになる。
 ちなみに、森下さんは昭和31年(19956年)生まれ。
 読む人の忘れていた思い出を、森下さんは絶妙な文章で掘り起こしてくれる。

 それにここで書かれている文章の、なんとおいしいそうなことか。
 再びオムライスに登場願えば、こんな感じ。
 「丸い薄焼き卵の真ん中に、さっきのケチャップライスをこんもりと楕円状に盛り、菜箸で薄焼き卵の両端を折ってライスを包む。」
 もうたまらなく、オムライスが食べたくなる。

 このエッセイに登場するのは、オムライスでわかるように、決して高級な食べ物ではない。
 くさや、サッポロ一番みそラーメン、カステラ、ハウスバーモンドカレー、日清のどん兵衛、鯛焼き、カレーパン、崎陽軒のシウマイ弁当……。
 ほら、どこにでもある食べ物にだって、人に感動させてしまうくらい想いが詰まっているものなのです。

 森下さんのこのエッセイ、文章もいいけれど、森下さんの手によるイラストもいい。
 なんといっても、おいしそうなのがいい。
  
(2019/12/06 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  昨日
  樹木希林さんが出演した
  映画「日日是好日」の話を書きましたが
  今日はその原作となった
  森下典子さんの『日日是好日』を
  紹介します。
  この作品をこれから読もうという人に
  オススメなのは
  新潮文庫版。
  どうしてかというと
  新潮文庫に載っている解説が
  とってもいいのです。
  書いたのは
  落語家の柳家小三治師匠。
  森下典子さんの作品もいいから
  二度得した気分になります。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  人生を深く考える一冊                   

 この本は2002年1月に最初に刊行された。今から15年以上前になる。
 それが新潮文庫にラインナップされたのが2008年。
 2018年には黒木華さん樹木希林さん出演で映画化もされている。
 年を重ねるごとに作品に艶が増していく見本のような作品だ。

 エッセイスト森下典子さんが20歳の時から始めたお茶のお稽古。そこからの25年間を描いた自伝風エッセイである。
 ここには生きることの喜び、不安、ためらい、後悔、ときめきなどが静かに描かれている。
 結婚寸前までいきながら相手の裏切りで破談になった著者に心を寄せる人もいるだろうし、自立した娘を訪ねようとする父をちょっとした用事で断り、その後突然亡くなったしまう父を想う著者の悲しみに同じ色の涙を流した人もいるかもしれない。
 またいつまでもお茶の作法がうまくなれなく、あとからお稽古を始めて若い人に追い越されて落ち込む姿に共感する人もいるだろう。
 この本は、その時々の読者の気持ちに寄り添うことができる稀有な作品だ。

 なんといってもお茶の武田先生が素敵だ。(映画では樹木希林さんが演じている)
 最初はおじきがきれいな「武田のおばさん」として著者の前に現れる。
 おばさんはお茶を教えているという。そのおばさんのところお稽古に通うようになる著者。
 やがて、「おばさん」は「先生」となり、著者の人生にそっと心を寄せる存在になっていく。
 それはまるで静かに煮えたぎるお湯のように、存在そのもので何かを語りかけている。

 この本を読めたのも「日日是好日」のなせる業なのだろうか。
  
(2019/12/05 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 このブログも
 おかげさまで
 今日で11年を迎えることができました
 11年というと
 生まれた子どもが小学校の高学年になっていることになります。
 そんな長い時間を
 本ばかり読んできたことに
 我ながら驚き、かつ感心しています。
 そして、読んだ本のことを忘れていることに
 呆然ともしています。

 今年(2019年)の本の売上ランキング
 先日発表になりました。
 それによると
 第1位が樹木希林さんの『一切なりゆき 樹木希林のことば』
 120万部越え。
 第2位が『おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ』で
 45万部ですから
 いかに樹木希林さんの本が強かったかがわかります。
 樹木希林さんの本は
 他にも『樹木希林 120の遺言』が第4位にはいっています。
 樹木希林さんの本が
 何故ここまで売れたのか、
 多くの人が樹木希林さんのような生き方、
 晩年の過ごし方を参考にしたいと
 思ったからではないでしょうか。

 樹木希林さんが晩年出演した
 『日日是好日』も素敵な映画でした。

  

 森下典子さんの原作は
 エッセイですが、
 うまく映像化されていました。
 主役の黒木華さんもうまかったけれど
 やはりなんといっても樹木希林さんのお茶の先生役が
 ぴったりはまっていました。
 「日日是好日」の意味は

    どんな日でも毎日は新鮮で最高にいい日

 だとか。
 もしかしたら、
 私が日々書いているこのブログも
 いい文章であったり
 つまらない文章であったりするかも
 しれませんが
 毎日新鮮で最高の
 「日日是好日」なのかもしれません。

 これからも
 素敵な本を紹介できたら
 どんなにいいでしょう。

 いい本と出会えることを願って。
 
 これからも応援よろしくお願いします。 

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 いよいよ師走、12月。
 ここまで来ると
 今年も残りわずかって気持ちになります。
 「せわしない」というのは関西の言葉のように聞こえますが
 標準語らしい。
 漢字で書くと「忙しない」。
 忙しくないのではなくて
 むしろ忙しいという意味。
 師走というのは
 まさに「せわしない」月です。

 NHKテキスト「NHK俳句」12月号(NHK出版・660円)を
 読んでいる閑もないくらいかといえば
 そんなこともなく
 やっぱり今月も開きましょう。

  

 このテキストには藤田直子さんの「俳句に暮らす」という記事があって
 12月号のテーマは「クリスマス」。
 そう、12月はクリスマスの月でもあります。
 ここには15のクリスマスの句が
 紹介されています。
 その中からいくつか。

    聖夜には聖歌一路をたどりつつ      友岡 子郷

    煙突は風にも負けずクリスマス     桑原 三郎

 といった具合。
 こうしてみていると
 「NHK俳句」はテレビ講座のテキストですが
 季節感のある雑誌ともいえます。

 中でも
 私が気に入ったのは
 いつもの片山由美子選「巻頭名句」で
 紹介されたこの一句。

     悲しみの灯もまじる街クリスマス      堀口 星眠

 誰にも忘れられないクリスマスがあります。
 楽しかった思い出だけでなく
 悲しい聖夜もあるかもしれない。
 この句は
 華やかなクリスマスにそんな悲しみを静かに見つめて
 読む人の胸を打ちます。

 そうはいっても
 年賀状もつくらないといけないし
 やっぱり12月はせわしない月です。

     ともかくもあなた任せのとしの暮      小林 一茶

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 11月も雨の多い月でした。
 うれしいことに
 そんな11月の最後の日、11月30日(土曜日)は
 とってもいい晴れの日になりました。

    家一つ畠七枚冬日和       小林 一茶

 それに程よく寒い。
 どうしてうれしいかと言うと
 この日に畑で焼き芋大会があったからです。

 昼前から会場の設営や
 食べ物の準備を始めて
 スタートは13時半。
 一度蒸したさつまいもを写真のように
 炭火で焼きます。

  20191130_125137_convert_20191130173822.jpg

 参加された皆さんに一個ずつ食べて頂きました。
 この「焼き芋」は、冬の季語です。

    青空に焼藷(やきいも)の煙立ちのぼる      平田 洋子

 この句のように
 外で焼いた焼き芋をその場で食べることの
 なんと仕合せなことか。
 この日はほかにも
 イモケンピ豚汁を振舞われました。

  20191130_134403_convert_20191130173854.jpg

  20191130_134414_convert_20191130173926.jpg

 参加者は80人くらいいたかな。
 「焼き芋おいしい!」というお子さんの声に
 焼いている私(私は焼き芋担当)は
 とってもうれしい。
 私の菜園生活は
 こんな楽しみがあるから
 焼き芋のように
 ほっくほく。
 この日は焼きマシュマロもふるまわれて
 子どもたちだけでなく
 大人の人にも大好評でした。

 さて、ただ今挑戦中の黄ニラですが
 どんな風になっているか、
 とっても気になるので
 この日ちょこっとのぞいてみました。

  20191130_105527_convert_20191130173745.jpg

 ほほう、黄色い黄色い。
 なんとか出来ています。
 もう少し大きくなるまでおいておきましょう。

 焼き芋大会の片づけを終えて
 最後の青首ダイコンを収穫し、
 茎ブロッコリーも採りました。

  20191130_162251_convert_20191130174053.jpg

 そして、
 キャベツも収穫です。

  20191130_161502_convert_20191130174010.jpg

 結構うまくできました。
 触るとしっかり結球しているのがわかります。

 もちろん、こんな風に
 収穫できるのも
 菜園生活の楽しみです。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日から12月

    亡き母を知る人来たり十二月      長谷川 かな女

  今年も残り一ヶ月です。
  今年も災害の多い年でした。
  特に秋のやってきた2つの台風と大雨。
  泥に沈んだりんごの実なんかを見ていると
  やっと収穫前まで育ててきて
  それが被害にあってしまうなんて
  農家の人にとっては
  どんなにつらいことかと思います。
  今日紹介する
  いわむらかずおさんの『りんごがひとつ』という絵本の
  おしまいの文はこうです。

    きっと、まっかな りんごが なるよ。
    きっと なるよ。

  被害にあった皆さんのりんご園にも
  きっとまた真っ赤なりんごがなりますよ、きっと。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  いわむらかずおさんの愛がつまった動物たちがかわいい                   

 この絵本の作者いわむらかずおさんは、森で暮らす14ひきのネズミの家族を描いた人気絵本「14ひき」シリーズの作者です。
 あの絵本がいつまでも人気が高いのはネズミたちの表情が豊かであるのもその一因だと思います。
 それになんといっても、かわいい。
 きっといわむらさんの愛情があのネズミたちにいっぱい注がれているのだと思います。

 それはこの絵本でも同じです。
 自分の顔くらい大きくて真っ赤なりんごを持った女の子の、なんとかわいいことか。(これが表紙です)
 女の子の名前は、なっちゃん。
 ある日、なっちゃんは大好きな丘の上でおやつのりんごを食べようとしています。
 ところが、たいへん! なっちゃんはりんごを丘のてっぺんから落としてしまいます。
 ころころ転がるりんごを追いかけるなっちゃん。
 途中にいたうさぎさん(この子もかわいい)、それにりすさん(この子もかわいい)にもお願いして、みんなで転がり落ちていくりんごを追いかけます。
 そして、ふもとにいたくまさんの背中にあたってとまります。
 なっちゃんたちもどすん、どすん、どすんととまります。
 くまと聞くと怖い動物のように思いますが、いわむらさんの描くくまはちっとも怖くなんかありません。くまもかわいいのです。

 りんごの赤以外はほとんど彩色されていません(おしまいの方で夕日が赤く描かれていますが)が、それがこの絵本のとっても素敵な効果をもたらしているように思います。
 ひとつのりんごをなっちゃんたちがどんなふうに分け合ったでしょうか。
 きっと、くまさんのことがもっと好きになりますよ。
  
(2019/12/01 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス