FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今年も残り少なくなってきました。
  今年もたくさんの有名人が
  亡くなりました。
  なんといっても残念なのが
  イラストレーターの和田誠さん。
  私にとっては大きな人でした。
  政治家でいえば
  11月29日101歳で亡くなった
  中曽根康弘さん。
  現役の頃はタカ派のイメージが強かったですが
  亡くなったあとのコメントでは
  概ねいい政治家だったというものが多かったように
  思います。
  今日紹介する
  『打たれ強く生きる』を書いた
  城山三郎さんが亡くなった際のお別れの会にも
  中曽根康弘さんは出席しています。
  中曽根康弘さんの魅力とは
  そういうところにあったのかもしれません。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  城山三郎という「羅針盤」                   

 経済小説の開拓者ともいわれる城山三郎が『輸出』で文学界新人賞を受賞したのは1957年で、79歳で亡くなったのが2007年であるから、作家人生はほぼ半世紀といっていい。
 「日経流通新聞」に1983年に連載された、このビジネスマン向けのエッセイはほぼ城山の大きな作品が上梓されて経済小説の作家としての地位がほぼ確立していた時期であろう。
 決して堅苦しい文章でなく、読みやすく、時には厳しい視線ながらそれでいて温かく包みこんでくれるエッセイに、どれだけ多くのビジネスマンが勇気づけられたことだろう。

 このエッセイが連載されていた1983年は城山を愛してやまなかった中曽根康弘内閣の頃で、戦後最長と当時いわれた不況がようやく終わりを告げた年でもある。
 あの人気朝ドラ「おしん」が放映されたのもこの年である。
 時代はまちがいなく上向きであっただろうが、城山のこれらのエッセイから感じるのは単に鼓舞するだけではないということだ。
 例えば、城山が描いた『黄金の日日』のルソン助左衛門の生きる姿をこう表現している。
 「彼は、人生には第三の道があることを信じ、第三の道に生きた男でもあった」。
 そして、「どんな事態にも、第三の道がある」のだから、「人生にも新しい風がふぃてくるのではないか」と結んでいる。

 城山はあの時代の「羅針盤」で間違いなくあったはずなのに、城山のいう「第三の道」を選ぶことなく、日本はバブル経済の道を突進していくことになる。
  
(2019/12/19 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス