FC2ブログ
 昨日轡田(くつわだ)隆史さんの
 『100歳まで読書』という本を紹介しましたが、
 その本のテーマと同じ
 轡田隆史さんの講演会が
 12月22日の日曜に
 さいたま市立武蔵浦和図書館でありました。

 武蔵浦和図書館は埼京線の武蔵浦和駅に隣接している図書館で
 毎年「読書活動推進講座」を開催しています。
 令和最初の講座が轡田隆史さんで
 演題は「100歳まで本を読もう!」でした。
 朝日新聞の編集委員までされた轡田隆史さんの講演なのに
 定員が40人というのももったいないですが
 参加した側からいえば
 かなり贅沢な90分でした。

 轡田隆史さんは現在83歳ですが
 とってもお元気で
 講演中もずっと立ってお話しされていました。
 今でも日本酒をほとんど毎晩
 コップ4杯ほどは呑むそうです。
 案外そのあたりが健康の秘訣かもしれません。
 それでつけた肩書が
 
   酔眼耄碌翁

 けっして翁という感じではないですが。

 まず冒頭に

   人間自身が経験と言葉が詰まっている書物で
   だから、本を読むということは自分自身を読むこと

 だと話されました。
 この言葉は講演中何度も出てきました。
 私たちが書物だとしたら
 本を読むことは私という本のページを増やすことでも
 あるんでしょうね。

 轡田隆史さんは講演中に
 貴重な資料、例えば岩波書店の「世界」の
 昭和21年の創刊号の現物などを
 回覧して下さって
 え、こんな本触っていいのとドギマギしてしまいました。
 本物に触れることの大切さを
 なにげなく経験させてもらいました。

 轡田隆史さんは最後に
 
   自分の好みの本をひとつ持っていることが大事。
   文庫でいいから、それを何度も読むこと

 と話されて、
 自身は永井荷風の日記『断腸亭日乗』を挙げておられた。
 持ってこられたその文庫には
 たくさんの付箋が貼られているのが
 印象深かった。

 果たして
 私にとってそんな一冊は何だろう。
 答えが出ないけれど
 それを探していくのも「00歳まで読書」の
 愉しみかもしれない。

 この講演会のために
 武蔵浦和図書館では轡田隆史さん著作の
 「ブックリスト」まで作って配布してくれた。

  20191224_171952_convert_20191224182925.jpg

 図書館のみなさんに感謝とエールを。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ