FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  三が日も終わって
  今日あたりが帰省からのUターンラッシュでしょうか。

    ふるさとの土産をもらふ四日かな      仁平 勝

  いっぱい故郷のおいしいものを
  食べてきた人も多いでしょうね。
  食べ物は故郷や小さい頃のものが
  やはり一番口に合うかもしれません。
  今日は東海林さだおさんの
  「丸かじり」シリーズの最新巻
  『サクランボの丸かじり』を紹介します。
  サクランボといえば
  山形の佐藤錦が有名ですが
  以前アメリカンチェリーがスーパーの店頭なんかで
  よく見かけたものです。
  最近あまり見かけないですが
  やはり国産のサクランボの方が
  おいしいからかな。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  わたし、トコロ天黒蜜派です。                   

 東海林さだおさんの人気シリーズ「丸かじり」も、本作で42作めとなる。
 「週刊朝日」に2017年4月から12月まで連載されていたものをまとめたもので、もちろん連載時は「あれも食いたいこれも食いたい」というタイトルである。
 それが一冊の単行本になる際に「○○の丸かじり」と名前が変わる。
 今回でいえば、「わたしサクランボのファンです」という回があり、そこから付けられている。

 ところでシリーズも42冊ともなれば、まるで山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズみたいなもので、マンネリとか揶揄されることもあると推測される。
 「男はつらいよ」の場合、シリーズ後半には寅さんの甥っ子満男君が準主役で作品を牽引していたが、「丸かじり」シリーズは相も変わらない王道を突き進んでいる。
 それでいて、今でも「ギョッ」となることがある。
 今回の場合、「トコロ天か葛切りか」という回がそうで、そのおしまいのほうで東海林さんはこんなことを書いている。
 「ぼくはこのトシになるまで酢醤油以外のものを食べたことは一度もない。」
 何を? トコロ天です。
 「地方によって黒蜜をかけて食べる、ということを聞いたときはギョッとなった」と続く。
 実はこの東海林さん告白とまったく逆の「ギョッ」体験をした。
 つまり、私が育ったのはトコロ天に黒蜜地域で、「地方によって酢醤油をかけて食べる、ということを聞いたときはギョッとなった」。
 東京に出てきて食べた酢醤油のトコロ天もありだと思ったが、やっぱりトコロ天は黒蜜だといまだに頑なに信じている。

 マンネリもまた楽し。
  
(2020/01/04 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス