FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  ねずみ年だった父が亡くなって
  8年になります。
  生きていれば
  今年96歳の年男。
  ねずみ年だけあって
  こまねずみのように
  よく動く父でした。
  今年はねずみ年なので
  最初の絵本はねずみが主人公のお話しを
  選びました。
  なかえよしをさん作、
  上野紀子さん絵の
  『ねずみくんのチョッキ』。
  この絵本などは
  絵本の古典のような名作ですから
  かつて読んだという人も多いのでは
  ないでしょうか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  ねずみ絵本といえば、これ!!                   

 同じネズミの仲間でもハムスターのようにペットとして可愛がられるのもいるが、ドブネズミのようなしっぽの長いネズミたちは嫌われることが多い。
 ところが、絵本や物語の世界になれば事情が変わる。
 しっぽが長くて、耳の大きなネズミであっても、あの世界的に有名なネズミだけでなく、愛されていることが多い。
 この絵本の、チョッキを着たねずみくんだってそうだ。
 何しろこの絵本の初版は1974年というから、50年近くにわたって愛され読まれていることになる。

 まず最初は、おかあさんが編んでくれた赤いチョッキを着て、少しおすまししているねずみくんがいる。
 そこに、ねずみくんより少し大きいあひるくんがやってきて、「いい チョッキだね ちょっと きせてよ」と頼まれたので、ねずみくんは貸してあげることにした。
 あひるくんが着たチョッキを見て、今度はサルくんが来て、やっぱり着せてよとお願いする。
 ねずみくんの赤いチョッキは次から次へと動物たちの貸されていって、しかもその動物たちはどんどん体が大きくなっていく。
 そして、最後はなんとあのゾウくんまで。
 ねずみくんにぴったりだったあのチョッキがどんなことになってしまったか、想像できますよね。

 話自体はとってもシンプルだが、きっとそのシンプルさがいつまでも子供たちに読まれる理由のような気がする。
 ページを開くたびに、次はどんな動物がねずみくんのチョッキを着るのか、子供たちにはたまらない魅力だろう。
 そういう話の展開こそ、物語の面白さの核のような気がする。
  
(2020/01/05 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス