FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  昨年2019年は
  作家で脚本家であった向田邦子さんの
  生誕90年の年でした。
  向田邦子さんが亡くなったのは52歳のことですから
  あの事故がなければ
  どれだけたくさんの名作を残してくれただろうかと
  きっと多くの人が
  思っているはずです。
  だから、こうして向田邦子さん関連本も
  まだ出るのでしょう。
  今日は
  『向田邦子の本棚』という本を紹介します。
  2019年11月に出たばかりの本です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  向田邦子さんが生きていたらまだ90歳                   

 本棚を見るとその人がどんな人なのかわかると、昔からよく耳にしました。
 だからでしょうか、著名人の本棚を写した本や雑誌を見るとつい見入ってしまいます。
 もっともそれでその人の性格がわかるということはなくて、本棚に並んだたくさんの本の数に圧倒されることがほとんどです。
 直木賞作家で脚本家であった向田邦子さんが台湾での不慮の飛行機事故で亡くなった1981年ですから、もう40年近くも前になります。
 向田さんが52歳の夏のことです。
 それでも向田さんの人気は衰えず、こうしてまた向田さん関係の本がでるのですから、不思議なものです。
 もしかしたら、その謎は向田さんの置いていかれた本棚を見ればわかるかもしれません。

 向田さんの蔵書は母校にあたる実践女子大学に約1300冊、幼い頃過ごした鹿児島にあるかごしま近代文学館に約300冊、そして妹である和子さんのところと分散されてはいるが、帰ることのない主人を待ち続けている。
 この本ではそんな蔵書の写真図版が無性に切なさを誘う。
 この本たちを向田さんはどんな気持ちで読んだことだろう。
 この本たちは向田さんにどんな影響を与えただろう。
 吉行淳之介や三浦哲郎などの同時代の作家たちの本、幼い頃父の蔵書から持ち出して読んだという「漱石全集」、谷崎潤一郎訳の『源氏物語』、新聞の切り抜きが挟まった辞典、向田さんが好きだった料理の本、本棚にはさまざまなジャンルの本が並んでいる。

 そんな写真とともに本について書かれた向田さんのエッセイ数篇。
 こんな素敵な本が並ぶと、本棚もすこしは誇らしく見えてくる。
  
(2020/01/07 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス