FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  高田郁さんの「みをつくし料理帖」の2巻め
  『花散らしの雨』を
  紹介します。
  表題作となった作品は
  幼馴染の野江が怪我をしたと聞いて
  吉原に駆けつけるも
  会うことが出来ない
  澪と野江の悲しい逢瀬を描いて
  涙なしでは読めない作品です。
  このシリーズでは料理についての
  名言なんかもあります。

    食べる、というのは本来快いものなんですよ。
    快いから楽しい、だからこそ、
    食べて美味しいと思うし、身にも付くんです。

  これは澪が老女から教えられる言葉。
  こうして
  彼女は成長していきます。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  この巻も泣けます                   

 高田郁さんの人気シリーズ「みをつくし料理帖」の2作め。
 この巻でも四つの料理とともに四つの短編が収められている。
 巻末付録「澪の料理帖」に掲載されている料理名は「ほろにが蕗ご飯」「金柑の蜜煮」「なめらか葛饅頭」「忍ぶ瓜」で、最後の「忍ぶ瓜」は胡瓜の料理である。

 このシリーズはこのように「つる屋」という店の料理人澪の作る料理だけでなく、彼女の周りで起こるさまざまなことが笑いや涙、怒り、切なさといった感動をくれる。
 もちろんそれは主人公である澪の魅力でもあるのだが、彼女だけでなく彼女を取り巻く登場人物の魅力も大いに力をもっている。
 澪の心にひっかかる不思議な武士小松原、澪を助ける青年医師源斉、澪と暮す元は大坂の大きな料理店の元女将の芳、「つる屋」の主人種市といったように。
 そしてこの2巻めには、ふきという澪と境遇のよく似た少女が登場する。
 しかも、ふきが澪のもとで働き出してから何故か澪の考案した料理がことごとく敵対する登龍楼という料理店で出されてしまう。
 ふきを助けるための澪がとった行動。
 そのあたりがこのシリーズが読者をひきつけるのだろう。

 あるいは流行り病に倒れた長屋の女房おりゅう一家を献身的に支える姿、吉原の花魁となった幼馴染の野江が怪我をしたと聞けばこっそりとその部屋の窓に向かう姿。
 そして、そこに絡んでくる澪の小松原への想い。

 今回も泣かせるツボ満載で、読者もいつの間にか澪と一緒に涙を流している。
  
(2020/02/14 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス