FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  たにかわしゅんたろう(谷川俊太郎)さん文、
  Noritakeさん絵の
  『へいわとせんそう』という絵本を
  紹介します。
  書評のタイトルにもしましたが
  絵本であって
  これだけ強いメッセージが描けるのかと
  感心しました。
  文は簡単
  絵はほのぼの、
  だけど
  やはり子供たちに読む時は
  大人が一緒になって読むのがいいと思いました。
  何度か一緒に読んで
  子供たちがじっくり考えるようになれば
  読ませてみる。
  そんな読み方がいいのではないでしょうか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  絵本でもこれだけのメッセージが描けます                   

 Noritake、のりたけといえば、つい食器メーカーを思い出しますが、この絵本で絵を描いているのはもちろん食器メーカーでなく、イラストレーターのNoritakeさん。
 どこかで見かけた絵柄だなと思って調べると、集英社文庫の40周年のキャラクターになった猫の「よまにゃ」がNoritakeさんの作品だとわかりました。
 ほのぼの系の絵柄ですが、それがかえって戦争と平和を描いたこの絵本ではうまく生きているように思いました。
 文を書いたのはたにかわしゅんたろうさん。もちろん詩人の谷川俊太郎さんです。
 谷川さんの文もとてもシンプル。
 シンプルな文にほのぼのな絵。
 それでいて毒がきいていて、考えさせられる。

 左右のページに、平和と戦争が対になって描かれています。
 例えば、最初のページに「へいわのボク」、その横のページに「せんそうのボク」。
 一人は胸を張っている男の子、一人はひざをかかえてしょげ返っている男の子。
 そんな組み合わせが続きます。
 思わず怖いと感じたのは「ぎょうれつ」の対、
 「へいわのぎょうれつ」は保母さんと歩く小さな子どもたちの行列、「せんそうのぎょうれつ」は鉄砲を担いで行進する兵士たちの行列。
 この絵本のすごいのは、こういうように平和と戦争を対比させてみせていくだけで終わるのではなく、味方といったり敵といったりしているけれど、実は同じ人間だということを教えてくれていること。
 「みかたのあかちゃん」「てきのあかちゃん」と文はあるけれど、Noritakeさんの描く赤ちゃんはおなじなのです。
  
(2020/02/16 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス