FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  睦月影郎さんの『ぼくのマンガ道』という本を
  紹介します。
  副題に「マンガに夢中だった」とあります。
  そんな少年時代、
  昭和30年代後半から
  昭和40年代前半でしょうか、
  その頃のマンガの話がずらり。
  睦月影郎さんもこの本に書いていますが
  「思い出せばきりがない」。
  それにしても
  この本に出て来るマンガのことは
  ほとんど覚えているというのは
  私もまた
  「マンガに夢中だった」ということ
  なんでしょうね、
  やっぱり。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  流星号、流星号、応答せよ!                   

 この本の著者睦月影郎という名前で、あああの作家とわかる人はかなりの官能小説好きかもしれない。
 睦月さんはその名前で官能小説を500冊以上刊行しているというから、官能小説家としては大御所なのだろう。
 官能小説家だからそういう類の本ばかり書いているかというと、そんなことはない。
 実際睦月さんは「ならやたかし」という名前で漫画も描いているという。
 睦月さんは官能小説家である前に、マンガ大好きな少年だったのだ。

 この本はそんな睦月さんが子供の頃に出会い夢中になったマンガの話満載なのだ。
 しかもうれしいことに睦月さんは昭和31年(1956年)生まれだから、昭和30年生まれの私とほぼ同い年。なので、ここに並んだマンガのほとんどに私もまた夢中になったものだ。
 手塚治虫やちばてつやの名作の数々は覚えている人も多いだろうが、「遊星少年パピイ」や「宇宙エース」、「スーパージェッター」なんかになるともうあの時代に子供だった世代にしか通用しないマンガのような気がする。
 何しろ睦月さんにとって、理想の乗り物は「スーパージェッター」の流星号というのだから、思わずわかるぅって叫びたくなる。
 「流星号、流星号、応答せよ!」なんて、やっていたものだ。

 世代が同じだとマンガを読む歩みもよく似てくる。
 「マガジン」「サンデー」から「COM」とか「ガロ」を読みだし、自分も漫画家になりたいと思いだす。
 そのうち上村一夫が描く妖艶な女性に悶えだしたりする。
 この本はまるでタイムマシンのように私は少年時代に連れていってくれた。
  
(2020/02/26 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス