FC2ブログ
 またあの日あの時がめぐってきました。
 2011年3月11日14時46分。
 東日本大震災が起こりました。
 あれから9年。
 もしかしたら、
 今年の春があれ以降もっともつらい春に
 なっているかもしれません。
 新型コロナウイルスの影響で
 追悼式も中止になりました。

 あの日以降
 あの年の春は悲しくつらいものになりました。
 卒業式もできなかったところもあります。
 被災地だけでなく
 多くの場所でたくさんのイベントが中止になりました。
 そして、今年もまた。
 いつもなら
 希望にあふれているはずの春なのに
 どうしてとつい思ってしまう。
 それで
 池澤夏樹さんが2011年9月に出した
 『春を恨んだりはしない』を
 読み返しました。

  

  春を恨んだりはしない

 これはヴィスワヴァ・シンボルスカという人の
 「眺めとの別れ」という詩に出てくる一節です。
 でも、
 あの日の、そして今年の
 私たちの心のつぶやきのようでもあります。
 池澤夏樹さんはこの詩の紹介のあと
 こんなことを綴っています。

   我々は春を恨みはしなかったけれども、
   何か大事なものの欠けた空疎な春だった。
   桜を見る視線がどこかうつろだった。

 池澤夏樹さんのこの本は
 東日本大震災をめぐって書かれた
 いくつかの文章でできています。
 「あの日、あの後の日々」と題された文章では
 あの日の池澤夏樹さんがどこで何を体験したかが
 綴られています。
 誰もがあの日の記憶を持っていることでしょう。
 追悼式はないけれど
 今こんな春だからこそ
 もう一度あの日と、あの後の日々を
 思い出してみたいと思います。

 中に「政治に何ができるか」という章が
 あります。
 その冒頭の文章。

   政府の動きについてさまざまな不満が表明されてきた。
   緊急の場合だからすべきことは多いのに
   実際には何もできていない。
   打つ手がどれも見当違いで、国民の生命と財産を危険にさらし、
   不安をあおっている。

 これは東日本大震災についての記述です。
 でも、これを今の新型コロナウイルスのこととして読んでも
 まったく同じ印象を受けないでしょうか。

 春を恨んだりはしない。
 どこから発生したかわからない病原菌を
 恨むこともできない。
 それでも
 つらい。
 悲しい。

 東日本大震災から9年。
 私たちは再び大きな瀬戸際にいるように
 思います。

 負けるな、わたしたち。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ